今日はとても良い思いをしました。



いつも狙っている常盤貴子似の子がいるのですが、彼女はいつもパンツルック。



抵抗がないので、胸にタッチしたり、スラックスの上からお尻や前を触ったりはできるものの、まさかチャックを下ろして生マンまではできません。



今日も仕方なく、彼女のカーディガン越しに胸の感触を楽しんでいると、駅で超ミニの女子高生が俺の前に乗り込んできた。






同業の皆さんはおわかりと思いますが、この手の子は駅で十分にマークして電車に乗り込んでも、上手くポジションがとれなかったり、競争相手に良いポジションをとられて悔しい思いをするものです。






ところが今日の場合、前述の常盤貴子の胸を触ってると、なんの苦労もなく別の獲物が目の前に転がりこんで来た、という感じでした。



常盤貴子のカーディガン越しの胸をとるか、目の前のコギャルをとるか、一瞬考えましたが、しょせん常盤は布越しであり明日も楽しめることを考えて、目の前の獲物に攻撃目標を変えることにしました。






とりあえず挨拶代わりにスカートの中に手を入れ、パンティーの裾をずらす。



無反応なので反対側のパンティーの裾もずらす。



通常、無理な子はここまででかなりの抵抗を示すものですが、幸いに何の反応もないので、これは餌食と勝手に判断して、さらなる攻撃に出ることに。






すでにパンティーの左右は先の攻撃で捲れあがり、Tバック状態。



股の部分から指を進入させようとするも、上手くいかなかったため、一瞬考えた後、パンティの上部から手を入れて一気にパンティを引き吊り下ろす。



さすがに多少の抵抗はあったが、パンティを下ろしてしまえばこちらのもの。



車内がかなり混んでいるため、膝まで下ろされたパンティーを自分で戻すことは不可能。



彼女ができることは、足をキツく閉じて俺のさらなる攻撃を防ぐのみ。






この段階で、体をよじるとか少し声を出すとかすれば、ほとんどの痴漢は攻撃の手を緩めるはずだが、愚かな彼女は足を固く閉じるだけたった。



この抵抗が無意味であることは、同業の皆様はご存じのはず。






生尻を楽しみつつ、指で彼女の足をこじ開け、なんなく生マンに到達。



不思議なことに、これだけ嫌がりながら、彼女は濡れていた。



俺の過去の経験では、この手の攻撃ではほとんどの子が濡れていなかっただけに、これには少し驚いた。



まぁ、濡れていても濡れていなくても、最終的には同じだが・・・。






とにかく中指と人差し指を挿入し、グリグリと攻める。



反応がないので一端指を抜き、セーラー服の裾から手を入れてブラのホックを外す。



ここまでしても抵抗がないので、なんだか何をしてもいいような気がしてきた。






この時の彼女の状況を説明すると、パンティは膝までずり下げられ、ブラはホックを後ろから外されノーブラ状態。



こんな彼女を取り合う競争相手がいないのがまた嬉しい。



そして、こんな状況で理性をコントロールしろと言われても無理ってもの。



そもそも理性をコントロールできるなら、彼女のパンティーをずり下げていない。






俺は一物を取り出し、彼女の股に挟んだ。



さすがに何が起こったのかわかった彼女は体をよじるという抵抗に出る。



俺はすかさず両手をセーラー服の裾から入れ、ホックが外された生の胸を触りつつ、彼女の動きを止める。



彼女はパニックに陥り、抵抗はなくなった。






彼女は小柄であったため、挿入するには無理があると判断し、このまま素股で過ごすこととした。



ベストポジションを確保するため、右手は彼女の胸に置いたまま左手で彼女の腰を支え、電車の揺れにまかせてピストン運動。



もう少し快感に浸っていたかったが、あまりの心地よさに思わず放出。



彼女のスカートの内側(これが大切)で一物を拭くと、膝までずり下げたパンティを元に戻してやる。



ただし、彼女の股間には俺の放出した大量のスペルマが残っているため、これは彼女の服装を整えるという目的の他に、スペルマを股間になすりつけるという意味もある。






電車が駅に着くまでとりあえず生乳を楽しみつつ、電車が駅に着くとともに人混みに紛れて彼女から離れて、その後の状況を観察。



彼女はトイレに行くでもなく、そのまま駅のベンチに座って俯いていた。



俺のスペルマで股間を濡らし、ブラのホックを外されたままでだ。






こうなると少し可哀想になるが、攻撃している時はそういう感覚がないので困ったものだ。



今日の行いを反省しつつ、また新たな獲物を求めている俺がいる。



今日ぐらい激しいと、周りの人も気づくと思うけれど、注意する人もいない。



きっとそのうち本当に後悔する日が来ると思うけど、それでもやめられないのは、こんな子がいるからだと責任転嫁しておく。