僕のクラスメイトに美樹という女の子がいます。



明るい女の子でクラスの中心人物。



顔だけちょい丸めですが、かなり可愛らしく人気がありました。



体は丸くはなく、ごくごくふつーの体型でしたが、なぜかお尻が大きいことがクラスの男子の中では有名でした。



僕は医療系の大学に通っていて、白衣を着ることが多かったのですが、美樹の白衣の後姿はいつもパンツが透けて丸見えで、お尻の形がくっきりわかりました。



その女の子の話です。






大学では研究室バイトというものがあります。



大学の研究室の先輩の実験の被験者になるというバイトなのですが、たまに先輩と先生から招集されてバイトがあります。



今回は僕と美樹が行くことになりました。






筋骨格系の測定と垂直跳びのビデオ撮影というものでした。



体の骨と骨の距離などを測り、ジャンプしているときのビデオを撮影するというものでした。



まず最初に僕が測定され、美樹はカーテンの向こう側の部屋で待たされていました。






次に美樹の番です。



ここからは少し詳しく書きたいと思います。






測定するのは先輩AとB(どちらも男です)。



まずは腰骨の間隔をメジャーで測定し、次に膝から股関節、膝から足首までを測定し、さらに鎖骨の左右の長さ、屈曲度を測定するというものでした。



僕はカーテンの隙間からずっと美樹の測定を覗いていました。






まずAが「じゃあ◯◯さん、まずさっき言ったみたいに下肢の測定するから、ジーンズだけ脱いでもらっていい」と言いました。






先輩も女の可愛い後輩の下着姿を想像したのか、かなりニヤッとした表情をしています。



まさか脱がないだろうと僕は思っていました。



ふつーの大学にふつーに通う女の子が、知り合いの先輩の前で下着姿なんか晒すわけないのです。






案の定・・・。






美樹「えー女子でも脱ぐんすか、冗談ですよね、ははは」






先輩B「いやー脱がないとわからんから、ごめんやけど」






美樹「そんなの無理ですって!!」






・・・と、ちょっとマジな顔で言っています。



しばらく、こんな会話が続いたのですが、先輩も諦めたのか・・・。






「じゃあ上の先生に聞いてくるから、それで許可もらったらそのまま測定させて」という事になりました。






先輩Aが研究室の助教授の先生に電話をしています。






そして「やっぱりそうですよね、わかりました」と電話を切りました。






先輩A「◯◯先生もやっぱり脱いでやってもらってって言ってるわ。ごめんやけどお願いします」






美樹は考えたような顔をしていましたが、「わかりました」と諦めたように下を向いて言いました。






まず下肢の測定です。



何度も「ごめんね」と謝る先輩たちに、美樹も折れたのか、ズボンのベルトを外しました。



次にズボンのホックを外し、次の瞬間にはジーンズにゆっくり手をかけ、下ろし始めました。



お尻にジーンズが引っ掛かってちょっと脱ぎにくそうです。



段々薄いピンク色の下着が見えてきます。



ピンクの下着で外側を黒いレース地で縁取ったものです。



かなり気合が入ったものという印象でした。






ズボンを下げていくと。



お尻の食い込みがやばかったです。



美樹はもじもじといつもは見せないような恥ずかしげな表情を浮かべています。



それでも決心してジーンズを全部下ろしました。



脚は細くすっとしており、その上にある大きなお尻がたまりませんでした。



前からは見ることができませんでしたが、後ろからはお尻の割れ目にぎゅっとパンツが食い込んでいました。






美樹は下を向いてズボンを下ろした後もずっと手で前を隠しており、時たまパンツの横のラインを直していました。



後々先輩に聞いた話ですが、美樹のパンツの脇からは黒い陰毛がはみ出していて、美樹は必★にそれを直していたそうです。



しかしうまくパンツの中に仕舞えず、顔は真っ赤だったとのことです。






「美樹の下着姿はまじでやばかったわ。あの子のお尻おっきいやろ、パンツめっちゃ食い込んで超際どかったし、横から黒いもん見えてるし。本人もそれ気付いてたみたいで必★に直してたけど、凝視はできんしさ。でも美樹みたいな可愛い子が下の毛が濃いとすげーギャップだよな」






・・・と、A先輩は言っていました。






測定が終わり今度は上半身。



ジーンズを穿いた美樹はもう諦めたようにTシャツに手をかけました。



白いTシャツを脱ぐと、下とお揃いのピンクのブラが現れました。



一瞬こちらを向いてくれたのですが、胸は谷間がかなりすごくて、普段感じたことのあまりなかった美樹の巨乳っぷりまで知ることができ大興奮でした。



美樹の胸はEカップというのはその後の飲み会で知ったことですが、かなりの巨乳でした。






この話は男飲みのネタにしていたのですが、この前の飲み会でついに美樹に先輩が口走ってしまい・・・。



それを止めようとする美樹の顔がまた恥ずかしそうで萌えました。