スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナンパにすぐついていく五十路のエロ熟女の絶頂日記








52歳の人妻です。子供も大きくなり、夫婦二人きりの生活になり、暇を持て余すあまり、1年位前
からパートに行っています。お仕事をするのはもう子供を妊娠する前でした。専業主婦と違い、とても忙しいのですが、いろんな人との触れ合いがあってとても
楽しく働いていますそんな折、他県から転勤して来た40歳半ばの係長はすごくやさしく、ほとんど夫しか知らない私にとって、彼はとても素敵な男性です。



 
ある日仕事が終わってかたずけをしていると「今日は大雨だから近くまで送って行きましょう」とナンパされ、30分ほどの道のりを彼の車で送ってくれま
した。その間一人暮らしの不自由なことなどお話してくれました。それから何日か経ったある日、夫が3日間の出張にでることになり、私は彼にお部屋の掃除と
昼食を作ってあげるというとすごく喜んでくれ、かいがいしく掃除をしていました。



 その間彼は昼食に必要な部材を近くのスーパーに買いに
行ってもらいました。彼の部屋の押し入れを開けると、なんとそこにはいかがわしいタイトルのビデオと、エッチな本がたくさん置いてありました。本を開くと
そこにはぼかしやモザイクのない、男性のたくましいペニスや女性のあそこが写っているものばかりでした。



 急いでふすまをしめ平静を装って掃除を続けていると彼が帰って来ました。一緒にお酒を頂きながら食事をしました。終わっていろんな話をしていると、突然彼が私に襲いかかるように床にあおむけに倒され、身体の上に乗って来ました。



 
口びるを奪われ、胸を揉まれ、最後にはスカートをめくられ、彼のものが私の中に入ってきました。先ほど見た本のことが頭をよぎり、すっかり彼に答えていま
した。中に射精されたあと、彼はおちんちんをなめてほしいと言われ、すなおにそのとおりにしていると又、彼のおちんちんがおおきくなり、今度はよつんばに
され、後ろから入れられました。



 久しぶりのセックスにもう腰ががくがくになり程絶頂し、、新婚時代を思い出しました。若い男性とのセックスってほんとうに最高ですね.












コメント

タイトルとURLをコピーしました