スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】明るく聡明な高校女教師の妻が目の前で生徒たちに犯されセックスされながらイキまくっているのを見せられた屈辱の体験談












私の妻の裕子(仮名)は、鶴田真由に似の美人で若熟女な女性です・・・



大学で古文を研究し、その経験を生かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。



結婚し、裕子がアラサー若熟女になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。



あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。



あれは1年前の3月26日だった。



3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。



買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。



仕方なく解除番号を押して5階に上がった。



玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。



不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。



その時、奥の部屋の方から、



「ムグゥ~」



と言う、くぐもったような女の声が聞こえてきた。



「裕子、どうした」



思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に強烈な当て身をくらい、その場でうずくまってしまった。



一瞬目の前が真っ暗になり、息も出来ない程のダメージを受けた私は、何も出来ないまま、



何者かによって、後ろ手に縛られ、猿ぐつわまではめられて柱に縛り付けられてしまった。

















































ようやく意識を取り戻した私は目の前の光景に唖然とした。



部屋の中では一糸まとわぬ丸裸にされた裕子が鴨居から両手・片足を吊られた無残な姿で美しい肢体の全てをさらけ出さされていた。



しかも裕子の裸身には、プロレスラーの覆面をした5名の男が、いずれも全裸で思い思いにからみついていた。



「やあ、ご主人、おじゃましてます。俺たち橋本先生の教え子なんすけどねぇ。先生の身体、もう最高っすよ!」



裕子の正面にかがんでいる赤い覆面の男がすっとぼけた声を発しなだら振り向いた。



「貴様ぁ~」



思わず声にならない声を上げて男の顔を睨みつけた時、私はガックリと首を折った。



それはあまりにも衝撃的な光景であった。



振り向いた男の手にはゴム製の黒い電動コケシが握られ、それが深々と裕子の体内に挿入されていた。



しかもブ~ンという微かな音とともに律動を繰り返す度に、



蛍光灯の光を浴びた電動コケシはヌメヌメと淫らな光りを発し、



あろうことか裕子の股間からもクチュッ、クチュッという淫美な響きが発っせられていたのだった。



次第に気を取り戻し状況が明らかになるにつれ、私の絶望はより深いものとなった。



四肢の自由を奪われた裕子は、裸身のすみずみまでも、玩ばれていた。



青い覆面の長身の男は、嫌がる裕子の顎を押さえつけ唇を開かせては舌を絡ませていたし、



両側の男たちは白くふくよかな乳房を揉みしだき、淡いピンク色の乳首をクリクリと摘んでは妻の反応を楽しんでいた。



さらに背後に座った男は、裕子が私にさえあからさまには見せたことのない肛門に細身のバイブレターを挿入していた。



「ウグゥ~」



私の姿にすがるような視線を這わせる妻の美しい顔は、涙と男の唾液でグチャグチャになっている。



学生時代にバレーで鍛えた弾力溢れる肢体には、首筋から脇腹、乳房、太股の付け根にいたるまで、クッキリとキスマークが刻みつけられ、



漆黒の茂みをはじめ、裸身のあちらこちらに男の体液と思われる白い乾いた糊のような物体がベットリはりついていることが、



どのような凌辱を受けたのかを思い起こさせた。



「いやぁ、午後の3時過ぎからもう4時間、タップリと楽しませてもらいましたよ。



俺らの学校進学校だから学校ではみんな真面目にしてましたけど、ストレス発散させて頭スッキリさせないとね。



そこで俺たち5人で目をつけた同級生や女子大生、OL、バイト先の人妻までいろいろと物にしてきたんだけど、



やっぱり卒業記念には橋本裕子先生のオマンコをゲッツしようって決めてましたからねぇ。もう感激ですよ」



「先生も最初は嫌がっていたけど、途中からは気分だしてくれましたよねえ。



嬉しかったなぁ、橋本先生が俺のチンコを締めつけて、もっと~もっとぉ~なんて腰を振ってくれたときは」



男達の嘲笑と同時に、ようやく覆面の男の唇から開放された裕子の口から、



「あなた、嘘よ、助けてぇ~」



という悲鳴があがった。



哀れな妻の哀願を耳にしてもどうすることもできない自分の情けなさを呪った。



「あれぇ、先生ご主人の前だからって照れちゃって。ほら今だってバイブをしっかりくわえて、



オマンコぐしょぐしょにしているくせに。俺の手までグッショリ濡れてますよ」



赤覆面が、わざわざネットリと濡れた指を私の方にかざしてみせた。



「嘘よ、嘘よ」



裕子は全身を朱に染めて身悶える。



「ようし、それじゃぁ一発ご主人の前で可愛がってやろうよ」



裕子の唇を奪っていた長身の男が淫らな笑みを浮かべて呟いた。



「そ、そんな。お願い、それだけは止めてちょうだい・・・・い、嫌よぉ」



涙声で哀願する妻の縄を解いていく。



「やめろぉ~」



と大声で叫んだが、



「グゥグゥ~」



という叫びにしかならない。



その虚しさと共に、若者たちが、全員筋肉質の屈強な身体つきで、しかも黒光りした巨大な鎌首を反らせた立派な逸物の持ち主揃いなのに驚いた。



「まず俺がやるよ」



唇を奪っていた青覆面が、両手首を縛られたまま、その場で崩れ落ちるようにしゃがみこんだ裕子の背後に回り、



子供におし*こをさせるような姿勢で軽々と抱え上げた。



男たちはみな175センチ以上あるようで、160センチの裕子がひどく小柄に見える。



「嫌よ、主人の前だけは許してぇ」



必★に哀願する裕子をあざ笑うかのように、両側から黒覆面と緑覆面が、必★に閉じている両足を開いていく。



白い裸身にそこだけ場違いなように焦げ紫色に色づいた裕子の花弁が丸見えになる。



「さぁ、またいい声で啼かせてあげますよ。裕子先生」



馴れ馴れしく妻の名を呼んだ青覆面は、ゆっくりと裕子の裸身を自分の膝の上に抱き降ろす。



そして下からは隆々と鎌首をもたげた巨大なペニスが裕子の花弁を待ち受けていたのだった。



「嫌ぁ~」



という絶叫が響きわたり、男のペニスが深々と妻の股間に埋没していく光景は今でも目に焼きついている。



「だめよっ、だ、だめよ~っ」



半狂乱になったかのように髪を振り乱して抗う裕子だったが、



少年達にガッチリと押さえ込まれた下半身はペニスをくわえこんだまま、身悶えるだけの効果しかなかった。



「そんなに腰をふらないでよ先生。おら、もうオマンコぐちょぐちょなんだから」



「嘘よ、貴方っ・・・い、嫌よ~」



涙ながらに訴える。



その間にも覆面の男はニヤニヤと笑みを浮かべながら、腰を上下に律動させていく。



「ほら、感じてるんでしょ、裕子先生」



「あっ、イヤァ・・嫌よぉ」



必★に抗いながらも男の腰の動きにあわせ、裕子の股間からはクチュ、クチュという濡れた音が響きわたる。



「ほら、ご主人が俺と先生がオマンコしているところをじっと見つめてますよ」



裕子の羞恥心を煽る男の言葉に、一瞬私と目をあわせた裕子は半狂乱になったかのように激しく首を左右に振り



「あ、あなたぁ・・嫌っ・・お願い・・見ないでちょうだい~」



と絶叫した。



しかし、妻の絶叫とは裏腹に私の目は若い男の逞しい逸物がわが物顔に出入りしている妻の秘所に張りついて離れなかった。



「アァ・・アッ・・アァ・だ、だめぇ~」



今まで長時間に渡って嬲られ続けてきた女の悲しさ、裕子の口から艶めいた喘ぎがあがり、男の腰の動きが一層激しくなった。



「オッ、先生締めてるよ、ほら、感じてんだろ。いいのかな、ご主人の前でこんなに気分をだしちゃって」



「嫌ぁ~、い、言わないで・・・嘘よ・・い・・やよ・・」



言葉では必★に拒否しているものの、妻の秘所がもう完熟したザクロの実のように妖しく口を広げ、



溢れ出る花蜜でぐちょぐちょになっているのは私の目にも明らかだった。



「いやあ、ご主人。裕子先生のこと、あんまり可愛がってあげてなかったんじゃないですか。



ほら、若熟女な先生のオマンコときたら、もう、きつくて、きつくて、とてもアラサー若熟女な人妻とは、思えないですよ。



ビラビラもピンク、ピンクだし、今時女子高生だって、こんなきれいなオマンコしてる娘少ないですよ」



「でも、俺ら鬼畜ようなセックスしますからね。たいていの女は、穴という穴がガバガバになっちゃうんですよ。



裕子先生もいつまでこんなきれいなオマンコでいられることやら」



言いながら、赤覆面が、裕子の両の乳房をわしづかみにして、感触を楽しむように揉みしだいていく。



その間も青覆面は、腰の動きを止めようとせず、智子を犯し続ける。



「ア、アッア・・・も、もう嫌っ・・。ウッ・やめてえ~」



必★に拒否し続ける裕子だったが、言葉とは逆に白い肌はじっとりと汗ばんで朱に染まり、



声には、次第に甘い嗚咽の響きが含まれるようになっていた。



「あれえ、やだなあ先生、俺に恥をかかせないでよ。ほら、こんなに感じまくっているくせに。



おら、これでどうだ。おら、先生のオマンコ狭いから、奥まで当たっちゃうのわかるでしょ。



おら・・・さあ、さっきみたいにいい声で泣かせてあげますよ」



「アアッ・・だ、だめえ・・。嫌よっ・・アッ・・だ・・め・・だめえ~、もう止めてっアウッ・・・お願い・・もう・・許してえ~」



必★に耐え続ける裕子を追い落とすかのように、男の腰の動きは暴力的なまでに激しくなり、



その度に部屋の中にピチャ、ピチャという濡れた音色と裕子の喘ぎが響きわたる。



「もっとやって~の間違えでしょ。先生が教え子に嘘ついちゃいけないなあ。ほら、クリちゃんは、こんなに正直ですよ」



今までずっと背後から虜辱される妻の肢体をビデオに映し続けていた黒覆面の男が、



グッショリ濡れた妻の股間に手を差し入れ、陰毛を掻き上げると、大人の小指の頭ほどにも肥大した肉芽が、今にも弾けそうに顔を出した。



それは、今まで私も見たことのない、裕子の肉体の変化だった。



「ご主人、知ってました?裕子先生、オマンコされながらクリトリス吸われるの大好きでね。もう、さっきから何度も気をやっているんですよ」



言いながら私の顔を覗きこんで、ニヤッと笑った黒覆面は、



「さ、先生。



また良い気持ちにしてあげるよ」



と言いながら、裕子の股間に顔を埋めていった。



「アッ・・や、止めてえ~・・・こわい・・だ、だめよ、だめ~」



狂った様に首を振り、最後の抵抗を見せた裕子だったが、次の瞬間、男がクリトリスを口に含み千切れるばかりに吸い付くと、



「ア、オオオ・・・・ヒイ~ヒエエ~・・・」



と叫びを上げ、両足をピ-ンと棒のようにつっぱらせて、足の指を反り返らせた。



一瞬の後、全身をおこりにかかったかのように、ビクン、ビクンと大きく痙攣させた裕子は、



焦点の合わなくなった視線を宙に彷徨わせ、半開きの唇に数滴のよだれを浮かべていた。



四肢は、力なくぐったりと投げ出され、男の物を深々と銜えた腰だけを、くねくねと、悩ましげに動かし続けていたのだった。



「おやおや、またゴールインですか。俺はまだ終わってないんだけどなあ、先生」



ふてぶてしい言葉を口にした青覆面は、半ば気を失っている裕子を強引に抱き起こすと挿入したまま妻の体を一回転させて、



再び裸身の上にのしかかっていった。



「ア、・・ハゥゥ・・ハォ・・ハォ・・・・・」



休む気配もなく責め立てる男たちの激しさに、最早抗う気力もなくしているのか、裕子は青覆面に操られるままに大きく股を広げていった。



「おら、どうだ。もう感じまくってんだろ」



私の前で裕子を思い通りにしている征服感からか、少年たちの言葉遣いも命令調になり、裕子に対する攻めもいっそう激しさを増していった。



再び部屋の中に



「パン、パン、パン・・・」



という激しく肉のぶつかり合う音と、



「クチュ、クチュ、クチュ」



という淫らな濡れた音が響きわたり、



「アッ・・アア・・アオッ・・アオッ・・アオオ・・」



という裕子の獣のような喘ぎが私の耳を覆っていった。



「ア、ハァ・・だめっ・・クゥ・・だ、だめよっ・・」



時折、自分に言い聞かせるかのようにうわごとのようにつぶやく裕子だったが、男が腰を大きくくねらせると、



そのたびに抗しきれなくなったかのように、自分から男の腰に白い太股を絡みつけていく裕子の浅ましい姿が、否応なく私の目に飛び込んでくる。



「裕子ぉ・・負けるなぁ」



猿ぐつわの奥から、言葉にならない叫びをあげ続けたが、最早、私の声など耳に入らないかのように、裕子は



「ハァォォ・・・ハォォォォ・・」



と、甘くすすり上げるような喘ぎをあげ続ける。



「先生、もう気持ちよくってしょうがないだろ。ご主人の前だからって遠慮しないで、気持ちいいって言ってみなよ」



勝ち誇ったような青覆面は、裕子に屈辱の言葉を要求する。



「さっきは、もっと、もっとって、しがみついてきたくせに」



「素直になんなよ、橋本先生」



男たちの嘲笑の声も耳に入らないのか、



「ハァ・・ハァ・・」



と、甘えるように喘ぎ続ける裕子。



もちろん、その間中クネクネと白い腰を動かし続ける。



「素直にならないと、やめちゃうぞ」



突然男が腰の動きを止め、裕子の躰から濡れたペニスを引き抜いた。



私が絶望の底に突き落とされたのは、次の一瞬だった。



ようやく男から解放されたはずの裕子が



「あぁ・・、だ、だめ・・・・」



と叫んだかと思うと、自分から男のモノ受け入れるように大きく腰を突き出したのだった。



「ほら、裕子先生、身体は正直だぜ。素直になれって。これが欲しいんだろ」



言いながら男はもう完熟したザクロのようにぱっくりと口を広げている裕子の秘所に、そのはち切れんばかりに勃起した亀頭をこすり付ける。



「アァァァ・・・もう、どうしたらいいの・・・あっ・・・あっ・・身体が・・勝手に動いちゃう・・・・ど、どうしちゃったのぉ・・た、たすけてぇ~」



まるで熱病にかかったようにハァ、ハァ喘ぎながら、裕子は腰を動かし続ける。



「どうしようかなぁ、入れようかなぁ、やめとこうかなぁ」



男は裕子の秘所に軽く挿入しては引き抜き、引き抜いては挿入してを繰り返し、裕子をじらし続ける。



「あぁ・・、た、たすけてぇ・・・・。も、もう・・・変になっちゃう・・・ハァ・・ハウァ・・・」



「ほら、お願い、入れて下さいって、言ってみなよ裕子先生。そしたらすぐに突っ込んでやるぜ」



喘ぎながら半べそをかいて、首を左右に降り続ける裕子。



しかし、裕子の儚い抵抗も、長続きはしなかった。



男は高校生とは思えぬ巧みさで、裕子を追い上げていく。



何度か深く挿入し、裕子が激しく反応し始めると、急に動きを止めてしまう。



その度に裕子は自分から浅ましく腰を突き出し、男達の嘲笑を浴びるのだった。



そしてついに、



「あぁぁ・・も、もう・・だめよ・・だめ・・。お、お願い・・し、・・して・・・」



小さいが確かな屈服の言葉を裕子が口にした。



勝ち誇ったように顔を見合わせた男達は



「よく、聞こえないよ先生、もっと、大きな声で言ってくれなきゃぁ」



と、さらに裕子を追い落としていく。



裕子の理性は最早肉体の快楽に支配されてしまったようだった。



教師としてのプライドも喪失してしまったかのように躊躇いも見せず



「お、お願い・・・、お願いよぉ・・。し、してちょうだい」



と、哀願したのだった。



「してじゃ、わかんないなぁ~、裕子先生。おまんこして下さいでしょう。



さあ、はっきり言ってごらん。そしたら、俺のデカチンを、ガバガバになるまで突っ込んでやるぜ。気持ちいいぞぉ」



男達はどこまでも裕子を辱めるつもりらしかった。



日頃教育への情熱に燃え、貞節を重んじる裕子が、そのような言葉を口にするとは私には考えられなかった。



しかし、次の瞬間、一度堕された女の脆さを、まざまざと見せつけられたのだった。



「し、して・・お、おまんこして・・お、お願い・・・おまんこしてちょうだい・・」



私の存在など最早頭になくなったかのように、男達に命じられるまま猥褻な言葉を繰り返す裕子は、自暴自棄になったかのようにより激しく腰を突き出す。



「イヤァ、ご主人の目の前で橋本裕子先生におまんこしてって頼まれちゃぁ、仕方ないなぁ。それじゃあ朝までたっぷり可愛がってやるかな」



そう言うと、男は私に



「ニヤッ」



という下卑た笑いを向けると、



「それじゃぁご主人、奥様のたっての頼みなので、もう一度オマンコに突っ込ませていただきますよ」



そう言うと激しく裕子を貫いた。





コメント

タイトルとURLをコピーしました