このお話は、私がまだ中1の時の出来事です。



その当時は、買い物のためにスーパーへ行くことが多く、日によっては2、3回行くこともありました。



そのスーパーは当時では2番目に大きく5階建で立派です。



現在は巨大ショッピングモールができましたので、今では小さな物となってしまいましたが・・・。






その日もいつものような用事を頼まれたためスーパーへ行くことになり、頼まれたものを探していると1人の女性が声をかけてきました。






「すみません、ちょっと気分が悪くなってトイレに行きたいので荷物を持ってもらえませんか?」






振り返ると30歳前くらいで綺麗な人でした。






「大丈夫ですか?誰か呼んでくるか、医務室みたいなところへ行った方がいいんじゃないですか?」






私はそう言いましたが、「たまにこんな事があるけど大したことはないから」と言うので、とりあえず荷物を持ってあげました。



するとその女性は、「ごめんなさい。トイレまで一緒に来てもらえないですか」と言うので、トイレまで一緒に行くことになりました。



現在のスーパーやデパートでは男女のトイレが同じ階に設置されていて便利ですが、当時は男女が別々の階にあり、3階まで行かなくてはなりませんでした。



トイレの前に行くと『清掃中』の看板が立っていたので、さらに上の5階まで行く羽目になりました。






私は女性の様子が心配になったので、「上の階まで行けますか?」と声をかけると、「なんとか行けそうです」と返事があったので、急いで5階へ上がりました。






私「少し離れたところで待ってますから」






女性「1人じゃ何かあったら不安だから一緒に入って欲しい・・・」






私「それはちょっと出来ないですよ」






女性「今の時間なら誰も来ないし、わざわざ最上階まで上がって来るようなことはないと思うから大丈夫よ。もし誰かに見られるようなことがあったら私がちゃんと説明するし、ね、いいでしょ、お願い」






女性は頼み込んできました。






仕方なく、「じゃあちょっとだけなら」と私は一緒に女性用トイレに入りました。






中に入ると男性用とは違った感じがしました。



女性が個室に入ったので少し離れようとしたときです。



突然、女性は私の腕を掴み、個室の中へ引き込んで扉の鍵を締めたのです!






「何するんです!?」と言おうとした私の口に、女性がポケットに持っていたハンカチを押しこみ、その上から粘着テープ貼り付けました。






そして抵抗しようとした私に向かってナイフを取り出して・・・。






「これ以上暴れると、体のどこに傷できるかわかんないわよ。何なら首筋に切り込みを入れようか!」






怖い口調でそう言うのです。



私は抵抗するのを諦めました。






「いい子にしていたら怪我はしないわ」






そう言いながら女性は、私が逃げないように両手足を粘着テープをグルグル巻きにしました。






「じっとしてるのよ」






女性は私のズボンのベルトを緩めてズボンとパンツをずり下ろしました。






「あら、もう皮は剥けているのね、触り甲斐があるわ」






女性の柔らかい手の感触が私の股間に伝わってきます。



ムニュムニュと揉まれました。






「あら、なんだか硬くなってきたけど、なんでかな?」






私は口を塞がれているので何も言えません。






「ウムームフーウムムム」






返事にならないような声を出していると、女性が上の服を脱がしはじめていき、私の全身をその綺麗な形の唇が這っていきながら舌で舐めていくのです。



さらに私が、「ムフーウムムムン・・・」と声を出していると、もう誰もトイレに来ないと思ったのか・・・。






「辛そうだから口のテープと詰め物を出してあげるけど、騒いだらわかってるわよね」






そう言うと再びナイフを取り出して私の首筋に押し付けてきたので、『わかった』という意味で首を縦に2回振りました。



すると口に張ったテープを剥がし、ハンカチを出すと、「じゃあご褒美よ」と囁くように言い、口に舌を入れてきて口の中を犯すかのように絡めてきました。



私は一度もキスの経験はありませんでしたが、自然と女性の舌を追うように自分の舌を動かし、相手の口の中を犯し始めました。



手足が動けないぶん、何か仕返しをしてやりたいという一心でした。






すると・・・。






「もっと私のことを気持ちよくさせてよ」






両手を縛っていた粘着テープをナイフで切り、女性も服を脱いだのです。






「あなた、女は初めてでしょ?」






私の手を掴むと自分のふくよかな胸を触らせるように導きました。



何も言えないでいると・・・。






「最初は誰でも戸惑うけど、恥ずかしいことじゃないわ」






それまでの脅すような口調が一変して優しい話し方に変わりました。






「優しく揉みながら、もう一つのおっぱいの乳首をチュパチュパ吸うのよ」






私の顔を自分の胸に引き寄せ、おっぱいを吸わせてくれました。



女性もだんだん興奮してきたのか・・・。






「お願い、私のアソコにあなたのおチンチンを挿れて」






そう言って私のチンチンをしごいて大きくさせると・・・。






「今よ、早く来て!!」






私は訳もわからず彼女のおまんこに挿れてしまいました。






ジュプジュプ・・・ズコズコ・・・。






そしてとうとう女性の中へ出してしまいました。



事が終わり、しばらくすると、女性は持っていたタオルで全身を綺麗に拭いてくれました。






「脅かすようなことをしてごめんなさい」






最後に私にキスをして、「さようなら、気をつけて帰ってね。ありがとう」と言ってその場から去って行きました。



これが私の初体験です。






今でもあのスーパーに行くとその時の出来事を思い出します。