私は35歳になる会社員(哲也)で、係長をしています。



半年前に同じ社内の26歳になる香織と結婚しました。



香織はまだ若いので、そのまま会社に残り仕事を続けています。



私の部署の課長は39歳になる女性で、久美子といいます。



うちの会社で唯一の女性での課長職で、バツ1、もう仕事一筋的な厳しい課長なのです。






実は課長から、何度かアプローチをかけられているのは薄々感じていましたが、その度に理由をつけて断り、香織と結婚しました。



結婚式には課長にも来てもらいました。



もちろん、祝福してもらったと思っていました。






香織とは幸せな生活ができています。



ただ唯一SEXについてはちょっと、不満とまではいかないのですが・・・。



香織は高校から大学と女子高で、しかも両親が厳しく、男性経験がまったくと言っていいほど無いに近いのです。



私が自分色に染めていけばいいのですが、私との行為ですら、まだ若干の警戒があるようで、正直、思い切ったSEXは出来ていません。






それに引き換え、課長は経験豊富でしかもグラマー。



例えるなら小池栄子がスーツを着ているような感じ。



小さめの口に厚めの下唇、小池栄子にも劣らない推定Hカップの爆乳、ヒップも恐らく90センチを超える巨尻。



しかもいつも、自分のスタイルを強調するかのような、首元のカットの深いカットソーとタイトなミニスカといったいでたちなのです。






ある夜、香織から意外なことを告白されました。





それは、週明けの月曜から始まるスキルアップ研修のメンバーに入ったとのことです。



女性が受けること自体は珍しいことではないのですが、香織はもう結婚していますし、26歳(5年目)でのこの研修は異例の速さなのです。



月曜から金曜までの4泊5日での研修です。



しかも、うちの課長が推薦したとのことです。



香織は私たちの生活の足しになるし、何より課長に推薦してもらっていることで機嫌がよく、なによりも女子社員の憧れの久美子課長ですので、気持ちは分からなくありません。






月曜日の朝から香織は研修へと向かい、私は一日の仕事を終え家に帰りました。



すると、なぜか、課長が家に来たのです。



課長は香織が研修を受ける理由などを説明してくれたのですが、仕事中の厳しい目線ではなく、少し戸惑った様子です。



いつもより露出多めな服装も気になりました。



私は冷蔵庫から飲み物とちょっとした摘みを用意して、課長のいるリビングへ戻りました。



すると課長は、わずかな時間で服を脱ぎ捨て、素っ裸で立っていました。






課長「あなたは私と一緒になる方が幸せになれたのに、あんな26歳にもなって子供のような色気も何もない子で満足なわけないでしょ。今日は、私と香織とどっちがあなたに合うか試してもらうわ。朝まで頑張ってもらうから」






私は何を言われているのかさっぱりわかりません。



しかし課長はさらに追い討ちをかけてきました。






課長「あなた、香織さんとの性生活の不満なのか知らないけど、内緒で取引先の美香さん(看護師)と一度やったでしょ。これが社内でバレたら、係長というしょぼい役職の剥奪だけでなく、香織さんとの生活もだめになるよね。もうどうしたらいいか、わかるでしょ?」






全身の血の気が引いていきました。



美香さんとは細心の注意を払っての行為だったのにバレていました。



でも本当に一回限りのことです。



もちろん一回でもアウトだと思いますが・・・。






観念した私は課長の言いなりに服を脱ぎ裸になりました。



課長は私にリビングにあるガラステーブルの上に仰向けに寝るよう指示してきました。



すると、私の両腕、両足をテーブルに括りつけ、身動き取れない状態にされました。



仰向けのため、私の中心にあるチンポだけが真上にそそり立ち、亀頭は赤黒く充血しています。






課長「哲也、この状況に勃起してるの?それとも私の裸に勃起してるの?答えて!」






私「課長!ひどいです、こんな状況では誰でも勃起します。どっちも違います。香織の前でしか勃起しません!」






課長「哲也、嘘つきね、あなた、前の懇親会で『香織のちっちゃいおっぱいでは勃起しない』って言ったの覚えてないの?」






私「そんなの嘘です、言ってない!」






課長「どっちが嘘つきよ!この変態男が!女に拘束されて興奮して、勃起している変態男が!」






そう言うと課長はおもむろに右手にバイブを握り締めました。



通常女性に使うはずなのに、スイッチを入れたバイブを、私のお尻の穴の付近から玉の裏筋へと這わしていきます。



勃起したチンポはさらに硬直していき、爆発寸前です。






課長「哲也はバイブでイッちゃうの?もしかして本当に変態、ほら、どうなの?」






私「課長!バイブでイッちゃう!許してください!あぁーっもうだめです!やめてください!」






課長「じゃあどうして欲しいか、自分で私にお願いしなさい!」






私「哲也の硬くなったチンポを課長の大きなおっぱいで挟み込んで欲しいです。パイズリお願いします!」






課長「ふふっ、やっぱり大きなおっぱいが好きなんでしょ?香織さんのじゃパイズリなんてできないもんね」






私は課長のパイズリでさらに興奮状態になりながらも必★に発射を堪えました。



もちろん最後は課長のおまんこへ勃起したチンポは導かれ、SEXしました。



繋がれたまま課長が上に乗り、腰を激しくグラインドしてきます。



もういつイッたか覚えてないぐらいの激しいSEXでした。



その日は朝まで二人とも一糸纏わぬ状態で過ごしました。






火曜日も、水曜日もそして木曜日までこの行為は続きました。



私は下着はトランクス派なのですが、課長にすべて処分され、男性用のTバックショーツを10枚用意されました。



もちろん仕事でもTバックです。



しかも月曜の夜、課長に私の股間の周りの毛をすべて剃り上げられました。



男のパイパンです。



会社に行くと、まず久美子課長に下着検査をされます。



Tバックを穿いている証拠を見てもらいます。



もちろん朝からTバックの下は硬く勃起し、亀頭がこぼれ出そうになっています。



パイパンのチンポは見た目が子供のようにも見えますし、でも大きく張りのある雁首とそそり立つチンポはまるで変態の象徴のようです。






金曜日、香織は研修から帰ってきました。



成績もよく、どうやら来月に辞令で役職をつけてもらえるようです。



いつになく香織は積極的に私を求めてきました。



だいぶ研修で疲れているはずなのに、4日間離れていて欲しくなったのでしょう。



私の穿いていたショーとパンツを自ら脱がせてきました。



今までで初めての行為です。



当然ですが、いつもと違うTバックが出てきました。



香織は躊躇い、手を止めました。



それでも気持ちが勝ったのか、恐る恐るショーツを脱がせてきました。



私の下半身はパイパンです。



さらに手を止め、絶句した香織がいます。






「私のいない4日間何があったの?哲也さん、ちょっと私、恥ずかしいんだけど・・・」






「香織、俺は本当は変態な男なんだ!お前の知ってる哲也じゃもうないんだ。それでも好きなら・・・、香織のこと愛している。俺が香織のこと変態女にしてやる!覚悟してくれ!」






私は半年間の鬱憤を晴らすように一気にまくし立てた。



とにかく久美子課長とのことがバレないように必★でした。






今では香織とのSEXも激しくなり、お互いその時は貪るように抱き合ってます。



でも、久美子課長との関係も密かに継続しています。






今の一番の心配事は、私のチンポがもつかどうかです。