妻の紀子と出会ったのは、私が不動産会社を経営していたところに彼女が賃料の支払いに来た時でした。



ただその時は人妻で、31歳でした。






それから7年後ぐらいに、住所変更の手続きで紀子が訪れた時、苗字が変わっていたので離婚したことが分かりました。



最初はあまり気にも留めていなかったのですが、何度か紀子を見ているうちに、石田ゆり子似でスタイルも良く、ウエストから大きなヒップにかけてのラインが魅力的な女性であることがわかり、何とかして自分のものに出来ないか考え始めました。






そして意を決して、次に来店した時にメアドを書いた手紙を渡しました。



その後3日後に連絡が来て、紀子と食事に行くことになりました。



色々話をしていると、子供が1人いること、旦那の浮気で別居状態で離婚したことなどがわかりました。






「今日、子供は?」






「実家に預けてきたから大丈夫」






美人で仕草が可愛い紀子がいっぺんで好きになってしまい、しばらく楽しくお酒を飲んでいるうちに紀子は酔っ払ってしまい・・・。






「私のマンションで少しお茶でも飲んで酔いを醒ます?」






ダメ元で聞いてみると、紀子は「うん」と答えました。



私は紀子の腰をしっかり抱き、マンションに連れて行きました。



紀子はマンションに着くとすぐに横になってしまうほど酔っていました。



私はその紀子の体を見てムラムラしてしまい、ベッドに連れて行きました。



服の上から胸を触ったり揉んだりしていると私のペニスはビンビンです。






私「紀子さん、大丈夫?」






紀子「ちょっと苦しい・・・」






私「ブラ、外してあげようか?」






私はそう言うとセーターを脱がし、ブラを外してあげました。



思っていた通りの形の良い美乳が現れました。



私はそれを見て衝動を抑えられえず、思わず紀子のおっぱいにむしゃぶりついてしまいました。






紀子「痛い」






私「ごめん」






そのまま紀子のオッパイを丹念に揉み、口で乳首を転がしていると、乳首がだんだん硬くなってくるのがわかりました。



おもむろにジーパンを脱がせます。



紀子の薄ピンクのショーツの膣の入り口辺りが濡れているのがわかりました。



パンティを脱がし、ぐちょぐちょになっている紀子の性器を指で広げ、クリトリスの皮を剥いて舐め転がし、舌を硬くして膣に入れて舐めまくりました。



女の匂いにすごく興奮して、私のペニスはますますビンビンに勃起してしまいました。






紀子「あ~ん、いい~」






私は我慢できず裸になり、ビンビンになったペニスを生で紀子の性器に宛てがい、上下に動かして先端でクリトリスを刺激し、その後紀子の膣にゆっくり入れました。



すごく気持ちがいい。



やはり大好きな女との交尾は違います。



最初はゆっくり浅く深く動かし、その後深く突き入れてグラインドしました。



射精感が来たので紀子に聞きます。






私「中に出していい?」






紀子「今日はだめ。妊娠したら責任とってくれるの?」






私「いいよ。紀子さんのことが大好きだから一生大事にする。俺の子供を産んでくれる?」






紀子「私もあなたの子供を産みたい。いっぱい精子ちょうだい」






私は紀子の膣深くで射精しました。



2週間我慢していたので大量の精子を紀子の子宮めがけて発射し、出し切った後も10分ぐらい繋がったままでいました。



そして紀子の膣より私のペニスをゆっくり抜いた後、2人でお風呂に入り、紀子のオッパイや膣を手で洗ってあげました。



紀子は私の17センチのペニスを見てびっくりしてましたが、しごくように洗ってくれるものですから再びペニスが勃起してしまい、風呂場で立ちバックで交尾してしまいました。



その日、紀子は泊まり、一晩中色々な体位で愛し合いました。






朝も対面座位で繋がったまま、トーストと牛乳を口移しで紀子に食べさせました。



私はこういうのがすごく興奮します。



そして体の相性はすごくいいです。



1回で紀子は妊娠しましたから。



50歳になるまで独身でいて良かったと思いました。






紀子は今は私の妻になり、私の家族は紀子の連れ子の男の子と私の子供2人(女1、男1)です。



最近、もう1人子供を作ろうかと紀子と相談しています。






愛しているよ、紀子。