私が小学校6年の時の事です。






私が住んでたところは超田舎で、小学校は1学年1クラスでした。



私の性格は内気で大人しいです。



友達も少ない方でした。



秋に、6年生だけで遠足に出掛けました。



山登りでした。



お弁当を食べてる途中で、お腹が痛くなり、トイレに行きました。



トイレには男子が数名いました。



男子がいなくなった後、私はトイレに入りました。



ジャージとパンツを脱いだ後、誰かがトイレに入ってきました。



男子の声が聞こえました。






「誰かがうんこしている。覗こうぜ」との声が聞こえました。






小学校の時、男子が個室に入ってうんこをしていると、他の誰かが必ず覗いていました。






(え~嘘でしょ)と私は思いました。






私は、立ち上がりました。






「もう、終わったみたいだな」






「そうだな」と言い、私に「誰がうんこしたんだ。早く出て来い」と言いました。






私は出れませんでした。






「今からじゃねえ。もうちょっと覗いててみようぜ」と声が聞こえました。






“私は、女子よ”と言えず、便意が我慢出来なくなり、しゃがみました。






「うわ、肛門丸見え」






「肛門初めて見た」との声が聞こえました。






男子はおしっこをしながら、他の男子のちんちんを見てたのでしょうが、他人の肛門を見たのは初めてでしたでしょう。



男子が個室でうんこをしてる時に覗いても、見えるのは側面です。



男子トイレ個室は奥にあるので、後ろから覗く事は出来ません。



山のトイレは、便器の後ろがドアでした。






私は、うんこを排泄し始めました。






「肛門からうんこが出てくる。すげ~、くせ~」との声が聞こえました。






私は(見ないで~)と思いながら、排泄しました。






立ち上がると・・・。






「ちんこ無かったよな」






「女子?」






「でも、ここ男子トイレだよな」との声が聞こえました。






私は、共同トイレだとばかり思ってました。



男子達は出て行き、私は個室から出て、トイレから出ました。



覗いてた男子と目が合いました。






それから2年後、私が中学2年の時です。



夏、家族と人の少ない海に行きました。



8月中旬で、人は少なかったです。






海水浴を楽しんでる途中で、うんこに行きたくなりました。



トイレに行きました。



トイレは浜辺にありました。



トイレの側に中学生くらいの男子達がいました。






私は嫌な予感がしました。






予感は的中しました。



トイレは共同トイレでした。



男子達は、私を見ながらにやにやしました。



便意には勝てず、個室に入りました。



男子達は、覗いてきました。






「うわ、うんこしてる」






「まじか?」との声が聞こえました。






排泄が終わると、男子達は逃げていきました。