28歳のOLです。



私の彼氏と友達には絶対に言えないことですが、友達の旦那様との関係に最高にハマってます。






きっかけは5年前の飲み会でのこと。



その日は友人宅にて飲み会をやりました。






参加者は・・・。






私:佳奈(当時:23歳)。



私の当時の彼氏:隆司(当時:25歳)。



私の友達:亜佐美(当時23歳)。



友達の彼氏:将史(当時:28歳、今は友達の旦那様)。






私と亜佐美とは小学校から高校までずっと一緒で、大学生になってからも交流があり、社会人になってからも頻繁に遊ぶ仲良しです。



当時もお互いの彼氏を誘って一緒に鍋パーティやクリスマスパーティーなど、頻繁に交流してきました。






この日もいつもの飲み会で、皆、安心しきってベロベロになるまで飲み続けました。



夏の暑い時期だったので、私はデニムミニにTシャツというラフな格好でした。



亜佐美もデニムミニにキャミという格好で結構きわどいシーンがあり、当時付き合っていた彼氏の隆司もチラチラと亜佐美をスケベな目で見ていました。






やがて私は眠くなり、彼氏の太腿を枕代わりにL字型になるように寝ていました。



私の隣には亜佐美が寝ていて、彼女の横のソファーの上に亜佐美の当時の彼氏、将史さんは携帯をピコピコと操作しながら横になっていました。



かなり酔っていたので私は一瞬で眠りに落ちてしまったのだと思います。



どのくらいの時間寝ていたかもわかりませんが、時折、身体がビクビクっとなりました。






徐々に意識が戻ってきたとき、私は愕然としました。



ソファーの上で横になって携帯を弄っていた将史さんが、私の上に覆いかぶさり、私のTシャツとブラジャーを捲り上げ、胸を揉みしだきながら乳首をチュパチュパと吸っていたのです。



あまりの驚きと光景に声が出ていたのか・・・出ていなかったのか・・・覚えていませんが、全身に力が入り、硬直したと同時に・・・。






将史「あれ、起きちゃったの?」






ニタニタと悪びれた様子もなく笑いながら、私の首筋と耳たぶにキスをしてきました。






私「いやっ」(たぶんかなり小さい声だったと思います)






将史「佳奈ちゃん、俺、もういい加減我慢できないんだよね。隆司くんと亜佐美には悪いけど食べさせてもらうわ」






獣のような鋭い目つきの将史さんに睨まれて・・・。



視線をずらすと横には亜佐美がスヤスヤと寝ていて、私の頭の下には彼氏の隆司の太腿が・・・。



2人がこの状況を理解できるわけもなく・・・。






将史「佳奈ちゃん、乳首が立っちゃってるじゃない。まったくこんな大きなスケベおっぱいを隆司くんだけが楽しむなんて、世の中そんなに不平等じゃダメだよね。こういうおっぱいは皆のものなんだよ」






やらしく耳元で囁く将史さんの声が頭の中に響きはじめました。






「ほら、可愛いピンクの乳首がコリコリだよぉ」



「あれ?身体は正直だね。佳奈ちゃんのパンツ、どうして汚れてるのかな?」



「やらしいスケベ汁で、パンツ穿いてるのに割れ目が丸見えじゃないか」



「ヒクヒクって可愛いね。こんなに乳首を硬くしちゃったら、『食べて下さい』って言ってるのと一緒だよ」






頭の中に将史さんの発する言葉が共鳴し始めて、私の中で何かがおかしくなるのを感じました。



何かが私を壊していきました。



気付くとショーツのクロッチ部分は触られてもいないのにビショ濡れ。



こんなに濡れていたら、感じてないとは、今さら言えない状況でした。






(彼氏の隆司に悪い、友達の亜佐美に悪い)






一生懸命に理性を戻そうとすればするほど、私の中の悪魔が囁いてくるのです。






『将史さんの舌使い・・・隆司と違って上手』



『こんな格好で寝てた私が悪いんだよ。ヤラせてあげなさい』



『将史さん、超エロい。私、もっと気持ちよくなりたい』



『どんなモノなのかなぁ、見てみたいよね?欲しいよね?』






私は悪魔に負けました。



隆司と亜佐美を起こさないように2人の横から起き上がってソファーの上に移動すると、M字に座らされて顔を埋めてくる将史さん。



将史さんは吐息をクロッチに吹きかけながら、私の臭いを嗅いで・・・。






将史「やらしいスケベ汁の臭いで充満してるね、ここ・・・」






そう言いながら指でツンツンと割れ目をつついて・・・。






将史「ふふっ、ビッチョビッチョだな・・・クチュクチュってやらしい音が2人に聞こえちゃうよ」






嬉しそうに私を覗き込んできました。



私も少しはにかんで見せて、「将史さんのエッチ、おかしくなりそうぉ」と小声で言いながら彼の大きく膨れたズボンを手で確認すると、将史さんも嬉しそうにズボンを脱ぎながら、「ようやくスイッチ入ったな」って。






2人が寝ている同じ部屋のソファーの上で、私はフェラチオをしました。



彼のモノは想像よりも大きくて硬く、何よりも反りと亀頭の大きさがすごくて。



パンツを脱いだ瞬間に少しニタニタとしてしまった私の表情を将史さんが見逃すはずもなく・・・。






将史「佳奈ちゃん、俺のチンポ見た瞬間、ニタニタってしたろ?」






私「してないよぉ~」






薄ら笑いをしながらついついソファーの上に仁王立ちする彼のモノを凝視。






将史「正直に言わないとあげないよ」






私「いやん、ちょうだぁい、だって想像してたのより大きくて嬉しかったのぉ」






そう言って私は彼のカチカチになったモノをゆっくり口に含みました。






将史「ほら、2人が見てるよ!興奮するね!!」






私「んっ、んんっ、クチュッ、はぁ、はぁ、超エロい、ぃんっ、クチュクチュ、チュル」






上目遣いで将史さんを見つめながら舌先でカリを舐め回して、口に亀頭を含んだ状態でヨダレを垂らしたり・・・。






将史「めっちゃエロいなぁ佳奈ちゃん、いつもそうやって隆司くんにもしてあげてるの?」






私「うん、そぉ、だぁ、ジュルッ、よぉ。クチュクチュ、んんっ、クチュッ、んんんっ、ジュポッ、ジュポッ、フェラ、きぃ、らぁ、いぃ?クチュクチュ」






私は右手で絞り込むように根本を持ちながらピストン運動をして、左手で玉を転がしながら時折将史さんの乳首を刺激してあげました。






将史「めっちゃ好き、ってかやべぇ・・・出そう」






そう言いながら彼は私の割れ目を足の親指でゴリゴリと刺激しはじめました。






こんな感じで2時間くらいお互いの身体を堪能し合いました。



そして最後はソファーの上での騎乗位から立ちバック、座位へと体位を変えて・・・。



2人が床で寝ているのを眺めながらの将史さんとのエッチはかなり淫乱でした。






最後のフィニッシュは将史さんの希望で、亜佐美と隆司の間に私を寝かせて正常位で。



将史さんは腰を振りながら私の顔を左右に向かせて2人を確認させながら・・・最高に興奮したエッチでした。






私は隆司と別れてからも、新しい彼が出来るたびに亜佐美の家に彼を連れていき、2人が寝たあとで将史さんに夜這いしてもらいました。



そして今、亜佐美と将史さんは結婚して夫婦になりましたが、今の彼氏にも亜佐美にもずっと秘密で、将史さんとの関係は続いています。