俺は六年前から妹と関係がある。






俺が小学校六年、妹が小学校五年の時だ。



家には両親が共に働きに行っていたこともあって、いつも二人で遊んでいた。






家のトイレにウジがわいたことがあった。



妹はそれを気持ち悪がって庭で小便をすると言うのだ。



そのとき、俺の頭の中にエロいことが思い浮かんだ。



ティッシュで妹のマンコを拭いてやろうかと思ったのだ。



妹が小便を初めてもう動けなくなってから俺は近寄っていった。






妹はそんな俺に気付き「向こうに行って」と言ったが、「ティッシュ忘れてるだろう?持ってきてやったよ」と言い、近寄った。






そして何も言わずに妹の放尿シーンを覗き込んだ。






その頃はもう一緒に風呂にも入らなくなっており、性に興味を持ち始めてから初めて見るマンコがそこにあった。



嫌がる妹を気にせずに、終わるまで覗き込みながら待ち、そして俺の手で拭いてやった。



その拭いている紙がたまたま破れてしまい直接に触ってしまった。






すぐに「あ、触っちゃったごめんごめん」と謝って家に入った。






家に入ってからもさっきの興奮がおさまらない俺は妹に言った。






「さっきちょっと見たんだけど、もう一回見たいからパンツ脱いでくれ」






妹もさっきのタッチが気になったのだろう。






「見るだけならいいよ」と言ってくれ、スパッツとパンツを脱ぎ始めた。






妹はまだ毛も生えておらず、ワレメがくっきりと見える子供のマンコだったがピンクのワレメは魅力的だった。



はじめは見るだけだった俺もつい触りたくなってきて、つい無理矢理触ってしまった。






妹もきっとエッチなことに興味を持つ頃だったのだろう。






初めは何も言わなかったが「あ・・・」「うん・・・」とか声を出し始めた。






最初、俺は近くの棚にあった海苔の空缶で擦ってやった。



子供のくせにエロ本で見たようにエッチな液を出している妹を見ると、俺は入れてみたくなってしまった。






妹には「チンポを見せてやる」と言って服を脱いだ。






昔に妹が風呂に入っていた頃には見たことの無いくらい大きくなった俺のチンポをずっと見ていた。






そんな妹に「何見てやがるんだよ」と無理矢理な文句を言いながら襲いかかってやった。






幸い妹のマンコはさっきいたずらしたせいもあって濡れていた。



しかし、勢いよく入れてやろうと思った俺だが全然入らない。






そうしていると妹が「エッチなこと今からしたいんでしょ?」と聞いてくる。






やっぱり妹も承知の上だったようだ。



それならば話しは早い。






妹に「痛いかも知れないけど、ちょっとだけ我慢してくれよ」と言い、再びチャレンジした。






しかし、やっぱり入らず、何回も擦りつけているうちにニュルっと入っていった。



妹は痛さをこらえて俺に爪を立ててきたが、俺はどうすればいいのかわからないので構わないで腰を振りまくった。



すぐ俺はいってしまい、妹の中に出してしまった。






繋がったまま妹に「ごめんな」と言ったが、妹は泣いているだけで何も言わなかった。






悪いことをしたなと思って服を着始めようとすると、妹が「お兄ちゃん、もう一回して」と言ってきたのだ。



当然若い俺のチンポはもう復活しており、二回戦に挑戦していったわけだが。






そんなこともあり、妹はしばらくして女に目覚めていった。






今でも高校三年になった俺は高校二年になった妹と親の目を盗んでは熱い恋人同士になる。



今では妹も彼氏を作ったが、それでも淋しいのか俺のとこに来てくれる。






彼氏より俺の方が上手だと言うことを体でわかっているのだ。