私は24歳のOLです。



1年前から職場の上司と不倫をしていました。



誰にもばれないようにしていたつもりだったのに・・・。






ある日、同僚の斉藤君に帰り際、「美砂ちゃん、ちょっと・・」と呼び止められました。






「今日、ご飯でもどう?」






そう言われ、気乗りしなかった私が、「ごめん、用事あるの」と断ると、斉藤君は「今日も課長、美砂の家来るんだ?」とニヤッと笑いながら耳元で言いました。



私は動揺し、顔が真っ赤になっていたと思います。






「今日、付き合ってくれるよね?」






半ば強引に食事に連れて行かれました。






「いつから付き合ってんの?それにしても驚いたな~。純情そうな美砂が人の旦那と不倫かあ?」






斉藤君は食事中も意地悪な質問をしてきます。



もしばれたら・・・、課長に迷惑がかかります。






「お願いだから・・・言わないで」と頼みました。






すると斉藤君は・・・。






「いいよ、そのかわり美砂ちゃんを朝まで俺の好きなようにしてもいいならね」






「ふざけないで」と睨むと・・・。






「朝まで我慢するだけでバレないで済むんだから安いもんだよな?」






斉藤君は私を車に乗せ、ラブホに入っていきました。






「課長に『助けて』ってメールでもしてみれば?まあ、たぶん助けに来ないな、不倫の遊び相手なんか」






私は、(一度だけ我慢すればいいんだ・・・)と覚悟を決めました。



部屋に入ると斉藤君はベッドに座り、「まずは俺の目の前でストリップだな」と言ったんです。






「ちゃんと脱ぐから・・・見ないで」






そう頼みましたがダメでした。



斉藤君の目の前で服を脱ぎ、下着になりました。






「へえ・・・いやらしい下着だね、課長の好み?」と言いい、「ブラ、さっさと取れよ」と私の太ももを叩きました。






ブラを外した私は、恥ずかしさのあまりしゃがみ込みました。






「何やってんだよ!」






斉藤君は私の髪の毛を掴んで立たせ、ベッドにうつ伏せにさせると、「全部脱げって言ってんだろ?」とパンティを引っ張り上げ、食い込ませたんです。






「やめてっ!!痛いよ」






抵抗する私のお尻を斉藤君は何度も叩きながら、なおもパンティを食い込ませます。



そして一気に脱がされました。






「エロい体だな~不倫してる女は。ほら、四つん這いになれよ」






手をネクタイで縛られ、好きでもない斉藤君に体中を舐められました。



そしてバイブを入れられたままフェラをさせられました。






「バイブ落としたらお仕置きだよ」






必★にフェラしながらあそこに力を入れていましたが、気持ちよさに我慢できず落としてしまいました。






「そんなにお仕置きして欲しいのか?」






そう言って斉藤君は嫌がる私のお尻を叩いたんです。



何度も・・・何度も。






「許してよっ、痛いよっ」






叫べば叫ぶほど強く叩きます。



結局、斉藤君に縛られたまま犯されました。



その後も、オナニーをさせられたり、バイブで苛められました。






こんな辱めを受けたのは初めてでした。



このことは・・・課長にも言えずにいます。