高校の頃、両親が旅行に出て姉と2人で留守番になった。



姉は友達を家に泊めることになってた。



俺は部活があったので遊ぶ計画はなく、友達は呼ばなかった。






夜、ファミレスにメシを食いに出た。



そこに姉の彼氏が合流してきた。



話が盛り上がってきたところで姉と彼氏がデートしたいって言い出して、彼氏の車で家まで送ってもらい、俺と姉の友達が家に入った。



変に思われないように、俺はすぐに部屋に行った。



姉友も姉の部屋に入った。






しばらくして姉から電話が掛かってきて、「もうしばらく彼と一緒にいたいから遅くなる」って言ってきた。






姉友にそのことを伝えた後、「僕、絶対に部屋から出ないから先にお風呂入ってください」って言った。



姉友は、「そんなに私に気を遣わなくていいよ~」って言いながら風呂を使ってた。






(今、女子大生と家に2人っきりで、しかも風呂入ってるんだな~)






急にムラムラしてきて、エロ本出して見てたりした。



姉友の裸を想像したりしながらエロ本を捲ってたらどんどん興奮してきて、下半身を弄ったりしてしまってた。



少し没頭しすぎたみたいで、姉友が風呂から上がってくるのに気づかなかった。






トントン。






ドアがノックされ、間を置かずにドアが開いた。






「お風呂ありがとう・・・う・・・」






間一髪で下半身弄ってるのは見られてなかったけど、エロ本を見てるのは見つかってしまった。






姉友「あ、ごめんごめん、・・・覗くつもりはなかったんよ~、本当にごめんね」






俺「あ、な、なんでもないよ。こんな本、別にエロ本ってほどじゃないし~」






俺はワケのわからん強がりを言ってしまってた。



姉友はすぐに姉の部屋に行ったんだけど、またすぐに俺の部屋に戻ってきた。



今度はちゃんとノックして。






「ごめん、入っていい?開けるよ~」






そして部屋に入ってきて、俺の目の前にしゃがんだ。






姉友「さっきはごめんね。もしかしてデリケートな場面で邪魔しちゃったんじゃない?マジで罪悪感だわ。それで~、もし~、あの~・・・、私のせいで中断とかだったら申し訳ないし~・・・、もしよかったら~、嫌ならいいんだよ~、もしもの話で~、よかったら~、手伝ってあげようかな~って思って・・・」






急にそんなこと言われてびっくりした。



姉の友達ってことで女として見ることはなかった人だけど、そんなこと言われると急に愛おしく見えてきて、改めて安めぐみに似た可愛らしい顔をしてる人だと認識した。






そのままキスしてベッドに入って、お互い服を脱いで抱き合った。



最後まではさせてくれなかったけど、乳首舐めながら手コキしてくれた。



すごい気持ちよかった。






ベッドに入って服脱がそうとしたら、「あ~ちょっと・・・手伝うだけだから・・・ちょ、ちょっと待って~」って抵抗された。



でも完全に抵抗してるわけではなかったので、割りと簡単に脱がせられた。



で、上に覆いかぶさったら、「ちょっと、最後まではダメだよ!私も彼氏いるし、アンタも彼女いるんでしょ?」って言われた。



しばらく上になって胸を吸ったり舐めたりしてたら、「お姉ちゃんが帰ったきたら大変だから、あんまり時間ないよ、じゃあしてあげる」って上下交代した。



そして全身舐め回してくれたり、指先でソフトタッチでサワサワしてくれたりした。






当時はすでに童貞ではなかったけど、彼女も高校生で、エッチはいつもこっちがさせてもらうものであって、彼女から積極的に攻めてくることはなかったのでかなり新鮮だった。



あまりに気持ちよかったので、手コキが始まってすぐにイッてしまった。






その人とはそれっきりで、それ以降は何もなかった。