最近、昔の思い出に浸かる時がある。



今の俺からは想像もつかない、ヤンチャだった頃の話だ。






俺が中学1年の時、両親が離婚。



俺は母に引き取られ、貧乏生活を送っていた。



ある日、学校を早退して家に帰ると、母が見知らぬ男に抱かれていた。



その時だけならまだいいが、母は他の男とも関係があったのか、翌日には違う男とイチャイチャしていた。



まだ30半ば若い母には男が必要だったんだと思うが、思春期の俺には納得がいかなかったんだ。



それがキッカケで、俺は悪い連中とツルむようになり、中3の時には暴走族に入っていた。



そこで出会った仲間は、皆同じ様な体験の持ち主が多かった。



気が合うと言うか、一緒に居る時が楽しかった。






初めてレイプしたのもその頃だった。



先輩と数人でツルんでいると、隠れるような感じで駐車場に1台の軽自動車が止まっていた。



ちょっと離れた所で、バイクを止め車を数人で囲んだ。



中では20代の男女がセックスを楽しんでいた。



行為に夢中で全く俺達に気づいていない様子で、女が必★に男のチンポをしゃぶっていた。



男も女のマンコを舐め回していた。






先輩がドアを開けると、驚いた2人が硬直していた。








男を車外に連れ出して腹に一撃。



男はしゃがみ込んで動けなくなった。



手と足を縛り、口にはガムテープ。






女性の手を引き、車のボンネットへ体を押し付けるとバックから先輩が挿入した。



女性は抵抗虚しく、先輩の精液をたっぷり膣の中に出され、その後に俺達にも輪姦された。



それが初めての相手だった。






女性のマンコがこんなに気持ちいいと、このとき初めて知ったんだ。






その後もこの場所で数人の女性と経験させてもらった。



この場所は結構カップルがイチャつく場所らしく、平日だと1台くらいなので狙いやすかった。






高校に入ると、周りは結構カップルが出来ていたが、俺は何故か年上しか目に入らなかった。



初体験以降、皆年上で高校生の女が子供っぽく見えたんだ。



数人の同級生を抱いたが、しょんべん臭くって直ぐ別れた。






その頃になると、俺はタカオという友人と知り合った。



タカオも俺同様、年上好みでしかも熟女好き。



(まぁその当時は30代~40代が熟女)






ある日、タカオの家に行くと1人の女性が座っていた。



年は30歳位だろうか?



タカオは俺が来るのを見計らって、彼女に服を脱ぐように指示すると、彼女は目をパチクリさせながら、恥ずかしそうに脱ぎ出したんだ。



タカオが彼女の身体を触りだし、彼女に俺の股間を握らせ、「お前も好きなんだろう?」と言われ、無我夢中で彼女を犯しまくった。



彼女の目から涙が零れていたが、俺は慣れていた。






俺達が満足すると、タカオが彼女に「帰れ」と指示した。



彼女はそそくさと着替えると、急いで家から出て行った。



タカオの話では、彼女は近所の奥様らしく、秘密を握られてタカオの玩具になっている様だった。



タカオはそういった女性が他にも数人居る様で、中には友人の母も・・・。



俺が驚いていると、翌日には同じクラスの◯◯君のお母さんが全裸で俺達のチンポを咥えていた。



彼女もタカオには逆らえない感じで、言われるまま従った。



まだ40歳と言う割には若い姿。



タカオは綺麗でスタイルが良い女ばかりを狙っていると言う。



他にも、同級生の姉ちゃんやコンビニの姉さん、友人の叔母など毎日違う女とやる事が出来た。






ある日、タカオが「お前ん家に行った事無かったよなぁ」と言うので、連れて行った。






何も無いボロアパート。



タカオの家とは大違いだった。






「お前ん所、母ちゃん1人だっけ!」



「あぁ」






何も無い部屋で2人で、他愛も無い話をしてると母が帰って来た。






「友達?珍しいわね」






母が顔を出すと、タカオは丁寧に挨拶していた。






「お前の母ちゃん美人だな!いくつ?」



「マジかよ!あんなババァ!」






「幾つ?」



「・・・37か?」






タカオの目が本気だった。






「嘘だろ!ババァだぜ!」






タカオは黙って荷物を持つと「悪ぃ!気に入ったわ」と言い残し帰って行った。






数週間が過ぎた時、タカオから「家に遊びに来いよ」と誘われ、俺は久々の熟女SEXを期待し彼の家に急いだ。



彼の家に着くと、直ぐに彼が出向いてくれた。






「今日は、どんな熟女だ」



「まぁそう焦るなって」






そう彼に連れられ部屋に向かうと、ベッドに横になる熟女がいた。






体を縛られ目隠しされている。



スレンダーな体に違和感がある大きな胸はFカップはあると思われた。



年は30代と言った感じか?



もう既にタカオに何度も入れられた後らしく、マンコからは白い液が垂れ流れていた。



はやる気持ちを押え、近づくと何だか見覚えのある顔立ち。






「あ!!!お前・・・!」






俺はタカオを睨んだ。






「まぁ、良いマンコだぞ!試してみな」






確かに母のマンコを見るのは初めてだった。



マンコはピンク色でまだ綺麗だった。






(母は何人の男のチンポをここで咥えたんだ・・・)






思わず指を差し込む。






「うっ」






低く喘ぐ声。



息子に触られたとは思って居ない様だ。



母のマンコにムラムラしてきて、俺はズボンを脱ぎ捨てチンポを中に入れた。



温かいマンコだった。



俺のチンポを優しく咥え込んでいく。



ヌラヌラとエッチな液が中から溢れだし、俺のチン毛がベトベトになる。



俺は我を忘れて母の中に激しく怒り狂った精液を放出してやった。






(俺の子を孕むといい!!!)






そんな思いだった。






タカオが目隠しを外すと、母は驚きで声を出す事が出来なかった様だった。



目の前で息子に中出しされ、息子のアレに感じていたのだから・・・。






その事がキッカケで、母は俺の娼婦となった。



朝から晩まで俺は母を奴隷の様に犯しまくった。



母は、俺に他の男とのSEXを見られた事に後悔をしていると言い、あれから誰とも付き合っていないと言うのだ。



俺達は仲良くなり、暴走族とも縁を切った。



もちろん母という性奴隷が出来たからだ。






タカオも母を気に入り、暇を見つけては我が家に泊まり込みでやってくる。



母は2人の息子が出来たと喜んで、川の字に寝る。






そして、高校3年の秋だった。



・・・母が妊娠したんだ。






俺の子か?



タカオの子か?






結局、俺が年上好きという事・・・それは母だったんだと思う。



そして俺は今、スーツに身を包むサラリーマン。



家では小さな子供と母・・・。



そしてもう1人、タカオと4人で暮らしている。






子供は結局、タカオの子供だった。






でも、今でも母は2人の性奴隷に変わりは無い。