その日、私はいつも通りお風呂に入っていたんです。



ただ・・・父に、「ゆっくりしてきていいからな」と言われたのは不思議に思いましたが。






頭も体も洗い終わり、湯船に浸かったその直後、ガラッという音とともに丸裸の父が入ってきました。



「ちょっ、お父さん!?出てってよ」と私。






もちろん、父の肉棒は剥き出し。



父はそんな私を横目に湯船に入り、私の正面に浸かってきました。






その時、私は小学6年生。



ブラもしてましたし、マン毛も生えていました。






一所懸命に体を隠していると、胸に当てていた手を父に取られました。



私の胸は丸見え。



恥ずかしくて俯いていると父が私の胸を触ってきました。



右手は掴まれているし、左手はアソコを隠しています。



どうする事もできず、ただただ我慢していました。






「良い身体してんじゃねぇか。なぁ、お前の初めて、オレにくれよ・・・」






そう私の耳で囁いたのです。



怖くて怖くて泣いてしまいそうでした。



とその時、次は左手も取られてしまいました。



こうして私の前は露わに。






父は私のアソコを撫で回し、胸を舐めていました。



その束の間、私のカラダの中に変な感触がありました。



父は人差し指と中指を出し入れしていたのです。



処女の私には痛すぎて痛すぎて、声も出せませんでした。






「挿入していいだろ。なぁ・・・」






私には、“挿入”の意味が分からず、ただただ頷く事しかできませんでした。






突然身体に引き裂かれるような激痛が走りました。



何をされているのか検討もつかない私は、とうとう涙を流しました。



しかし、それが父にはそそるみたいで、身体を前後し始めました。



先程の激痛が幾度となく襲い、私は気を失いました。






気付いた時には私の部屋で、父が連れて来てくれたのでしょう。



きちんと、服も着ています。



ただ、パンツが湿っています。






覗いてみると、アソコから白くドロッとした液体が出ていました。



本当に怖くて、すぐにトイレで綺麗に拭きました。



私の初めては・・・父に取られました。






その後、何年か経ってようやく、“中に射精されたんだ”と悟りました。



妊娠しなくて本当に良かったです。






※その日、母は仕事で出張に行っていて帰らなかったんです。