この間、遠距離恋愛中の年下の彼とホテルでエッチした時、彼の失態で私は怒っていた。






エッチなんかしないと思っていたけど、彼のしょんぼりした顔みると可愛くてついつい・・・。



彼が私をベッドに押し倒し「ああ、ずっとこうしたかった・・・」と抱きついてきた。



「待って、スーツ皺つくから・・」と私が狼狽えると、「どうせすぐ脱がせてあげるから・・・。スーツ姿がたまらない」ともうハァハァしてる様子。






可愛すぎ。






ジャケットの中からキャミをたくしあげて胸を揉んできた。



手前には大きな鏡があってなんか照れた。



乱れた衣服の自分をみて興奮してしまって・・・。






「あぁ・・おっぱい大きい・・おっきい・・」と胸を揉んできた。






「ダメよ・・」とか言いながら私も・・・。






サラサラの髪に細いフレームのメガネ。



顔は幼いのに体は大きくて、手が長くて綺麗・・・。



白いシャツが似合って、細い一重の瞳がまたなんとも言えない。



ストイックな印象なのに、実はすごいエッチ好きなとことか。



たまらない。








彼が私のブラをぐいっと下げてきた。






「たえさんのおっぱい綺麗・・乳首大好き・・」と言って私の乳首をコリコリっと摘んできた。






「あん・・」






乳首摘まれるとたまらない。






「舐めて良い?ねぇ、舐めちゃう・・」と彼が私の乳首をレロレロと舐めてくる。






「あぁん・・ダメ・・・。ねぇ、後で。また後で」



「待てないよ。俺待てません」






そう言って手が私の下に伸びてきた。






「だーめ・・ここはダメよ」






精一杯焦らして切ない顔を彼にさせようと思った。






「触りたい・・。たえさんの。触りたい」






「ダメ・・でも私は触る・・・」と彼の股間を撫でるとカチカチになった大きい彼の物が。






「あぁ・・」






彼より先に私から声が出てしまう。






「あ、ぁ・・。たえさん・・・」






彼がまた私の股間に手を入れようとする。






「だめよ。私も舐めたい・・」






そう言って彼のシャツをたくしあげて彼の乳首をレロンと舐めた。






「あぁ・・・」






紅潮する彼の顔が可愛くてたまらない。






「おっぱいおいしい。もっと舐めて良い?コリコリしてきた」



「ああっ・・。僕も、僕もたえさんの舐めたい・・・ずるい」






「ずるくないよー。あぁっ・・・」






彼の乳首をコリコリと舐めながら私は彼のカチコチのおちんちんを膝でさすりあげる。






「あぁっ・・たえさん・・やらしい。足でなんか・・・」



「手のほうがいい?カチコチだよ。おちんちん・・・」






私は舌で彼の乳首を舐め回しながら、手でおちんちんを握るように擦りあげる。






すると、






「あぁ・・たえさん・・やらしい。たえさんの乳首舐めたい・・・」






彼はもじもじとしながら目線は私の指で撫で回されてる自分の股間に・・・。



綺麗にマニキュアの塗った指に薬指には自分の知らない男のリング。



こういうのが余計いいみたい。






「たえさん・・あぁ、ダメ、たえさん!」






がばっ!!と私に覆い被さって、私のキャミとブラをぐいっと下げてきた。






「あぁ・・舐めたい・・・」






そう言って私のつんつんに立ってる乳首にしゃぶりついてきた。






「あぁん・・ダメ!」






もう軽くいっちゃいそうなくらい乳首が感じて、随分セックスしてなかったからこんな事だけで頭が真っ白になった。






「たえさん、触っていい?指入れたい・・・」



「ダメよ」






絶対焦らしてみよう。



このまま触らせないで終わったらどうなるだろ?とか考えてみた。



暫くダメよ、触りたいの応酬が行われて・・・。






「もうだめ。たえさん、ねぇ、ねぇ」と彼はズボンのまま私の股間にカチコチの物を押しつけてきました。






衣服の間からも解るくらい彼のは大きくなってて・・・。






「ダメ。そんなに触りたい?」と聞くと、



「うん、触りたい・・・。ああぁ・・たえさんのきっと・・熱くてぬるぬる・・・」






彼の目がとろんとしてきました。



その顔がたまらない・・。






「たえさん、ああ、もういいでしょ、焦らさないで」






そう言って彼の手が私のスーツのスカートからショーツへ。






「あぁっ」






「あぁ~・・・たえさん、ぬるぬるだ・・・。きもちよさそう・・・。あぁっ」






彼が切なくあえぐ。



彼の長くて綺麗な指が私のオマンコにヌチュヌチュと触れている。



ショーツを横ずらしにして人指し指と薬指でオマンコを広げて、彼の長い指が私のぬるぬるのおまんこに・・・。






「んぁあっ!だめっ・・ああっ」



「ダメじゃないよ・・ここまで焦らされて・・・。ああぁ、ぬるぬる。どう?たえさん?どう?」






「あっ、ああっ!!だめぇっ!」






ヌチュヌチュと細かいピストンでバイブレーションする指!






う、うますぎる・・・。






「だめっ、だめっ・・」



「ダメじゃないよ。何がダメなの?あぁ~・・・たえさんのオマンコあったかくて入れたら気持ちよさそう・・・。たえさん、気持ちいい?ん?こっち向いて」






こうなったらもうだめ。



彼の細くキレ長の目みたらいっちゃう・・・。



このままだとマジでいっちゃいそうなので、一度止めて指を抜かさせた。



一回イっちゃうと何されてもくすぐったくなっちゃうし。






「今度は私の番よ・・」






そう言って彼のズボンに手を掛ける。






現金なものでそこを舐められるのは大人しい。



舐めて、と言わんばかりに股間を突き出してくる。



ズボンを下ろすとカチコチのおちんちんがトランクスからはみ出そう。



そして濡れてる。






おちんちんを出して眺める。






「おっきぃ・・・。おいしそう・・・」






指で擦る。






「あぁ・・たえさん・・あぁっ」






小さな声で「早く」って聞こえる。






まずは指で擦って、それから舌先で袋のあたりをちろちろっと舐めて・・・亀頭前まで裏スジをすーーーっと舌先で舐めて。



それから袋をベロベロって舐める。



袋を口にふくむくらい舐めてから・・また舌先で上・・下・・・上、なかなか亀頭には触らない。



裏スジを舐めて亀頭の裏あたりをぬちゅ、っと舐める。






「あぁ・・・!たえさん・・・!!!」






ワイシャツが乱れてる若い男って最高にエロイ。



可愛い顔しながら亀頭の裏をヌチュヌチュ舐める。



上にいって・・下にいって・・カリを舌先でちろちろして・・また上いって下いって・・ずっと彼を見てる。






「あぁ・・たえさん、たえさん!僕・・ああっ」






サラサラの前髪。



普段どんな顔して仕事してるんだろう。



こんな乱れた姿で・・。



そんなこと考えてたらもっと苛めたくなる。



下から舐めあげて、そして亀頭を含み、一気に喉の奥まで飲み込む。






「あぁ・・・」






彼も腰を浮かせて奥へ入れてきた。



いやらしい。



この腰があとからどうやって自分のオマンコを突くのか・・・。



そう思うと口の中さえ性感帯になった気分。



そこからは手と下とを駆使してジュボジュボ舐めあげて喉奥で彼の亀頭を締めて。






「たえさん・・あぁ、欲しい!いっちゃうから、だめ・・・」






彼はそう言って口から抜いて、それからそのまま私にインサート。






「んぁ・・・!」






この入ってくる感覚がたまらない。



きつくて、こじあける感覚。



腰がよじれた。






「たえさん、はぁ・・・。俺やばい」






そう言って彼は入れたまま体を起こし、ネクタイを急いで外し、シャツのボタンを急いで外す。



バッと脱ぐその姿・・・エロすぎ!!たまんない!!!



長めの前髪が乱れててメガネを外し、いったん髪を掻き上げる。



細見なのに締まった肉体がそこに。






「たえさん・・・」






そう言って目を細める彼はもう年下の男じゃなく、私を組み敷く男でした。



このギャップがたまんない。






「たえさん、どう?」



「あぁっ、だめ、あっぁあっ、!」






「可愛いね、たえさん、ああぁ、入ってる。俺の固いの、わかる?」



「う・・ん、わか、るっ・・ああっ!」






「どう?俺、いい?ねぇ」



「いいよ・・あぁっ」






「たえさんの旦那よりいい?ねぇ?」



「うん・・いいっ!ああっ!!」






たくましい腕に太めの腕時計。



体の上で揺れる若い肉体。



垂れ下がった前髪と鋭い目でそのまま彼の若い肉棒に突かれて私は絶頂を迎えました。



というわけで忘れられないと言うか、今もまだこの関係は続いてるけど・・・。



この間のエッチは忘れられないなぁ。






お高いホテルでのエッチとか、ケンカ後のエッチって燃えるもんね。



それにスーツ姿って3割増しで萌える。



格好良すぎてどうにかなりそう。



顔みてるだけでいっちゃいそうだもんな。