スポンサーリンク
スポンサーリンク

落ち込んでいる俺に妻からエッチなプレゼント








彼女(妻):かなりのツンデレ。



特にほかの人と一緒にいるときは相当ツンツンしているが、Hの時甘えた声を出す。



しかしあまり自分から触ってきたりすることはない。



私の職場はちょっと特殊で詳しくはいえないのですが…新しい場所はとにかく人間関係も、そこで働いている人々の仕事への意識もかなりひどく、うんざりな毎日になっていました。



しかし逃げるわけにも行かず、時々妻に愚痴をこぼしても何の解決にもならず…もともと変に生真面目なところもあり、後一歩でノイローゼ気味になるほどでした。

 

 











 

妻はいくらツンデレとはいえ、私の言うことにしっかりと耳を傾けてくれるものの、それを言ったところで職場の様子は変わらず…。



どうしてよいやら…; そんなある日のこと。



仕事から帰ってきて、風呂に入り、ソファに身をゆだねると、ため息が出ます。



やれやれまた明日あの職場に行くのか…と、 手を顔に当て、目を閉じ、うんざりしていると、 妻が近寄ってくるのを感じた。



妻は私の足元に跪いているよう。



(なにしてんだろ〜)とか、そのまま手を顔に当てて目を閉じたままぼうっとしていると、股間になにかサワサワする感触が…。



(へ…?)顔を上げると、妻が私の股間に手を当ててなぞっている。



私「…え…ちょっと?」



妻「…Yくん(俺の名。いまだに付き合ってるころの呼び名を使う)。」



私「…なに?」



妻「…。」



妻は軽くつめを立て、私のタマの裏部分をカリカリ…とかいてきた。



それがちょうどよい刺激でちょっと気持ちいい。



私「K?どうしたの…?」



妻「いいから…。」



妻はズボンのうえから私の棒やタマをさすってくる。



そのうちチャックを開け、その中に手を入れてきた。



トランクスの上から、棒をしこったり、タマの裏をやはりカリカリ…としたりしていくうちに、見る見る勃起w 私「やっべ…気持ちいい…。」



妻「うん…。もっと…したげる」



妻は指をもっと奥に滑り込ませ、トランクスの前あきの中へ…。



直に感じる妻の冷たい手。



最初2本の指でかる〜く触る感じだったが、もう片方の手で私のパジャマのズボンを脱がそうとする。



腰部分を紐で縛ってあるんだけど、それをほどき…。



ほどけたら両手で私のズボンとトランクスをおろす。



自分でも少しびっくりするくらい、私のチ○コは大きくそそり立っていた。



普段一切自分からしない妻が、切なそうな顔をしながら私のを触ってきたからだと思う。



妻は私の顔をうかがいながら、右手でチ○コをシコりはじめた。



左手を上に伸ばし、私のシャツの中に滑り込ませ、乳首をいじってくる。



思わず声を出してしまう。



妻「Yくん、元気出して…?」 その声にいっそう感じてしまう。



(おおう…萌えとはこれか…!?)とか思いながら、気持ちよさに身をゆだねる。



おもむろに妻が顔をチ○コに近づけた。



(あっ!?)と私が思うと同時に、チ○コに満遍なくキスをはじめる妻。



私「あっ…やばっ…。ちょ…K…!?」



妻「ん…。んんっ…。」



キスと、舌でレロォッ…を混ぜてくる妻。



すでに右手はチ○コをつかんで、左手はタマの裏を刺激してくれている。



(そろそろ咥えてくれないかな…)とか思って妻を見ていると、チラッと妻もこちらをみた。



目が合った瞬間、妻は一瞬いたずらっぽい顔をした。



そして、私のチ○コを口の中に入れた。



私「んんっ…!」



妻「んふふっ…。」



チ○コの根元の方は右手でシコり、上〜真ん中あたりまでは口でジュボジュボしてくる妻。



時々思い出したようにタマの裏もいじってくれるのが気持ちいい。



どんどん気持ちよさがこみ上げてくる…。



けど;やっぱいれたいww ってことで、妻の頭にそっと手を当てフェラを止める。







妻「…?もういいの?」



私「うんあのね」



妻「大丈夫、もっとしてあげる。すごくよくしてあげるから、ね」



ちょっちょまてww無理やり咥えようとする妻を押しとどめ、立ち上がらせる。



妻「何…?」



そのまま抱きしめ、首筋や顔、口にキスしていく。



妻「いいのに…。



今日はアタシがしてあげるって…!」 もうはっきりいって辛抱ならないwので、すぐにジャージの上から妻のマ○コに手を上げる。



妻「…!んんんっ;」



…あれ?感度良すぎない?まさか…。



そのままジャージの中に手を入れ、パンツの上からいじってみると、妻がまた喘ぎ声をあげる。



…そんでもって「ニュル…」って感触…おおう…。



パンツの脇から指を入れ、マ○コをなぞると…ビッチョビチョじゃないっすかΣ



妻「っはぁっ…あぁぁっ…ああ…ん…だめだって…ねえ!!」



私「なにこれ…?すごい…。」



妻「知らないっ…!!」



私「…ぬれちゃったの…?」



妻「わかんない…!!ん…ぁ…あ…。」



私「エッチな気分になったんだ…。」



妻「…びっちょになっちゃったの…;;」



もう我慢できませんわw そのまま妻をソファに横たわらせる。



妻「!?ちょっ…だめ、今日はアタシがするの…あぁっ…!」



クリをなぞると、身動きできなる妻。



必○に足を閉じようとするが、チ○コを妻の股間に押し付けると、急に黙って足を閉じようとするのもやめる。



そのままチ○コの先をマ○コの入り口ですりすりしたり、クリに押し付けたりする。



妻「はぁっ…あぁっ…あん…!!ねえ…ねえ!入れよう?入れよう?」



こっちを見ながら切なそうにいう妻。



らジャー!とばかりにズズズズッ…と奥へ入れていく。



妻「あぁぁっ…はあぁぁあん…!!」



妻が私をぎゅ〜〜っと抱きしめる。



こちらも同じく抱き返す。



妻「ちょっとまってね…今まだ、うごかないで…。」



そういわれると、動きたくなりますよ;ぐぐっと動き出す私



妻「アッあっあああっ…?ちょっまっあっあ;だめ!!」



私の背中をポコポコたたく妻。



可愛い・・・がさすがにこれ以上は怒られそうなのでストップ;



妻「…ん…んん…;   ゆっくり…して…」



ご希望通り、ゆっくりと動かし始める。



途中、妻のシャツを捲り上げ、胸の乳首周りをなめる。



妻「んっんんっだめっだめっあっあっ!!はぁっん!」



快感に身をゆだねている感じ。



妻「ごめんね…アタシばっか気持ちよくなってない?ごめっんねっあああっ!」



私「いや、俺も気持ちいいよ。」



妻「んっ…んっ…。…ねえっ…交代っ…」



私「?」 妻「アタシ上…!」



挿入した状態で私が仰向け&妻が起き上がり、そのまま位置を交代^^; 妻「イっていいからね…?んあっ…はぁっ…!」 ゆっくりと体を上下に動かし、自分も感じている妻。



妻「んんんっ…。はあ…ああ…んっ…!」



妻にばかり動いてもらっちゃあな…と思い、妻の動きに合わせて自分も腰を突き上げてみる。



妻「あああ!?ああん!んんっ! だめっ!だめえっ!!ちょっとコラァッ;やばい…いいっ…!」



私「やばい、いきそ…」



妻「いいよ?いいよっ?もうっ…もうっ…!ああっ!」 すると妻は手を後ろに回し、私のタマの裏を刺激し始めた。



私「おっ…それヤバッ…あああっ…!」 妻「あんっあんっあんっ…ああん!!」 そのまま中に射精w



妻「あっ…あっ…。す…ごい…でてる…。」



そのまま私の体に倒れこむ妻。



全部出し切って、チ○コを抜こうとすると



妻「あ…ダメ…!今抜くと…〜〜〜〜〜っんん〜;;」



抜くだけでまた感じるのが可愛かった^^ 妻のおかげで、しばらくはまたがんばれました; ありがたいことに、職場のほうはそれから半年後、大幅な人事異動があり、ほとんどメンバーそうとっかえ。



かなり雰囲気も変わりみんなで一丸となってがんばりましたとさ。



その職場からまた転勤するときに、妻が「いろいろあったけど…よくやったよ。おつかれ。」



といってくれたのがすごく印象に残りました。



おしまい。








コメント

タイトルとURLをコピーしました