スポンサーリンク
スポンサーリンク

男の後輩に。。第2話(学校での体験談)









あぁ。。あたし酔ってる。。

どうかしてるよぉ。。後輩にこんなこと。。

でも、一旦タガが外れたら、自制心なんて機能しないの。






『こんなんでも出ちゃうの?』




「マジ、出ちゃいます。。」




『そっか。。。。出していいよ』






自分の口から出たセリフ。。

耳を通して再び自分に戻ってきたときに、

その響きの淫靡さが数倍になって、身体の中で膨らんだ。

火に油を注ぐが如く、さらにいたずら心が首をもたげる。






「マジっすか?でも、かなり恥ずかしいんっすけど」




『じゃ、やめるか?』




「悪魔やぁ。。この人、悪魔やぁ」




『ふっ^^ 今頃気づいたか。。』




「あのぉ。。リクエストしていいっすか?」




『えっ?何?』




「えっとですねぇ。。」




『うん、何?』




「怒んないって約束してくれますか?」




『男らしくないわねぇ。。何よ?』




「んじゃ、言います。胸、触ってもいいっすか?」




『ぷっ!触る勇気あんの?』




「ひゃぁ。。姐さん、マジこえぇ。。」




『いいよ。。でも、服の上からね』




「マジっすか?マジ触っちゃいますよ?」




『2度も同じこと言わせんな』






子供みたいだなぁ。。

龍平は、女の子の経験があるのかなぁ?

さっきは、さも経験豊富なような言いっぷりだったけど、

女の子の扱い方、分かってないよなぁ。。






「ごっつぁんです^^あ、それから。。もう1つ」




『何よ?まだあるの?』




「俺のチンポ。。直で触ってもらっていいっすか?」




『なっ!それはイヤ^^;』




「ケチ。。」




『ふーん。。そう言うか。 なら、胸も取り消し』




「あーーっ!そんなぁ!!」




『しっ!!! 大声出すな!!』




「すんません^^; んと、チンポはいいです^^;」




『よしよし^^ 良い子^^』






ちゅっ♪

龍平のほっぺたにキスをして。。

人差し指と中指で龍平のソコを軽く挟み込むようにして、

下から上へと。。その形を確かめるように撫で上げる。

撫で上げるたびに、龍平のソコは脈打ち、硬さが増していく。




龍平の手が恐る恐るあたしの胸元に近づいてきた。

まだ触れていないのに、あたしの全身が泡立つ。

子宮の辺りがボワっと暖かくなって、腰がゾワゾワする。。




龍平のソコは、ズボン生地の伸びの限界まで中から押し上げ

それでも、まだ、さらに飛び出そうという力を外へ向けて発している。




ソコの先端を、中指の先でクルクルクル。。

ビクッビクッ。。ソコとお腹が連動して波打つ。




龍平の手の平は、すっぽりあたしの右胸を包んでいる。

愛撫というよりも、胸の形を確かめているような動き。

とってもモドカシイ感触。。

もっと直接的な刺激が欲しい。。

でも、そのたどたどしいタッチでも、あたしを濡らすには十分だった。






「姐さん、ちょー柔らけぇ」




『龍平、ちょー硬い^^』




「あぁ。。幸せ。。生きててよかった^^」




『あんたさ。。元カノとはよくエッチしたの?』




「えっ。。なんでですか?」




『うーん。。あまり慣れてないっぽい』




「あちゃぁ。。分かりますか?」




『まぁ〜ね。

子供がお母さんのオッパイ触ってるみたいだもん』




「いや。。ぶっちゃけ、俺、童貞なんすよ」




『え?だって、さっき。。元カノは1ヶ月エッチ我慢できないって』




「あ。。あれはウソっす^^;」




『何よ?そうなの?』




「元カノって言っても高校の時の彼女で。。

俺、すげぇオクテで、エッチする勇気なかったんすよ」




『そーなんだぁ。。』




「オッパイ触るのも、これで3回目なんですよ。。」




『それにしちゃぁ。。ずいぶん積極的だったよね^^;』




「いや。。そりゃもう。。清水の舞台ってやつです^^;」




『飛び降りちゃったんだ^^』






やっぱりねぇ。。

目隠しされて、闇雲に敵陣に猛進してくる雑兵のようだったのに、

いざ、目の前の敵に遭遇して。。それが敵の大将だと知ったら。。

腰を抜かして、手当たりしだい周りの小石を大将にぶつけている。。

そんな感じだったよ^^ 戦地に赴くの、初めてでしょ?って感じ。






『んと。。胸以外は触ったことあるの?』




「ないっす^^; 例えば、おま。。んこですよね?」




『はっきり言うな^^;』




「すんません^^;」




『そっかぁ。。。ホントに童貞なんだぁ』






童貞という響き。。。

これも、火に注ぐ油となって自分に戻ってきた。




この子に対して、女体の何たるかを教えたくなった。

ガツガツ触ってこられたら、恐らくテンションが急降下してた。

胸を触ってもいいよと言った時、あたしは愛撫を想定していた。

でも、龍平のそれは、愛撫とは程遠い。。

持てる勇気を最大限に振り絞って、やっと手を胸に置いたという程度。

それがとても可愛らしく。。母性本能をくすぐる。




この場であたしのすべてを見せ、触らせてもいいと思った。

でも、状況を考えると。。

もし隣で寝ているケンや美里が起きてきたら。。

別室で寝ているコーが起きてきたら。。

そう考えると。。こうやって胸を触らせるのが限界。






『ねぇねぇ?ホントに出ちゃいそう?』




「はい。。その予感が。。」




『よし。。出せ^^』




「うっす♪」






3本の指を使って、ソコを優しくつまんで。。

ズボンごと上下にしごく。。

人差し指だけをソコの先端に乗せて。。

先端はクリクリ。。他の指で全体を上下に。。




龍平の手は、相変わらず単調なリズムで乳房全体をニギニギ。。

アンダンテ。。くらいかな。

メトロノームのような正確な動き。。




どのくらい時間が経ったんだろう。。

お互いに無言のまま。。

お部屋の中には、お互いの衣服が擦れる音。。

そして、時計の針が時を刻む音。。




龍平のアンダンテのリズムに変化が出てきた。。




すっと速度が落ちて。。ラルゴになったと思いきや。。

むにゅむにゅむにゅっと、思い出したように速度を上げ。。

しばらくして、また、パタっとフルストップ。

おや。。今度はレガート^^ この触り方は好み^^

あれ?。。デクレッシェンド。。




変化を付けることを覚えたのかしら。。




あれれ。。でも、またフルストップ。。

あっ!落ちた!






突如。。龍平の手がストンと下に落ちた。

ストンと落ちて、あたしの太股の上に。。




え?もしかして、そっちを。。触るの?

うわ。。それはマズイ。。

あたし結構濡れちゃってるし。。

今は、もう拒む自信ないし。。






が、それは杞憂だった。

ストンと落ちた手は。。そのまま動かず。




あたしの手の中の「彼」は。。みるみる萎んでいく。






『あれ?龍平? ねぇ?』




「。。。。」




『ねぇ?』




「。。。。」






スースーと寝息をたてている。。

こいつ。。。寝やがった。。まったく。。




そのまま龍平を横にして。。

さて、あたしはどうしたものか。。

そろそろ終電はなくなる頃だろうし。。

このまま一人で朝まで飲むのも悲しすぎる^^;

腹いせに、龍平の枕もとで派手にオナってやるか!

なんて。。そこまであたしは変態にはなれない。




とりあえず。。

あたしも寝転んで。。

残ったジンをチビチビ飲みながら、読書でもするか。

バッグの中から読みかけの本をゴソゴソと取り出し。。




うーん。。

煌々と電気が付いてちゃ。。龍平も寝苦しいかも。

とりあえず電気は消しておくか。。

廊下の電気が付いてれば、その灯りで本は読める。




電気をパチンと消して。。

廊下から漏れてくる灯りを求めて、その灯りの筋の方へ身体を向ける。

龍平に脚を向けて、ケンと美里が寝ている部屋に頭を向ける格好。




かなり古い本。

吉行淳之介著「浮気のすすめ」

こんな一節があった。。「女性は楽器であるか」




太鼓のバチは太鼓に恋する。

マンドリンの弦は弾く指に恋する。

女性は楽器であって、弾き手によって、

良い音色も悪い音色も出すものだ。。




ふむふむ。。

確かに、女と男の関係で言えば、女は楽器なのかも。

抜群の演奏技法を持つ奏者の手に委ねれば。。

いくらでも良い音色が出るものね。

バイオリンの弓で弦を滑らせるように。。

繊細な指先で鍵盤を弾くように。。

太いバチで、ズンズンと叩き込むように。。




女は楽器かぁ。。

なんか、とってもエロチックな響き^^




15,6ページほど進んだあたりで、

あたしにも睡眠のお誘いがかかった。

敢えて寝まいと抵抗する必要もなく。。

そのまま本に頬を乗せるようにして、眠りの淵に引き込まれていった。






ケンがあたしの横で寝ている。。

あれ?美里は? 美里と一緒に寝てたんじゃなかったの?




じっとあたしの顔を覗き込んでいる。。

ケンに言葉を投げかけたいのに、声が出ない。。




ケンの顔が徐々に近づいてくる。。

えっ!えっ!ちょっと待って。。何?

わっ。。顔がくっついちゃう。。

ねっ!ちょっと!美里がいるでしょ! それはマズいでしょ!






はっ!

やっと身体に自由が戻り、バッと頭を上げる。。

暗闇にぼんやり浮かぶお酒のボトルの陰。。

カチ、カチ、カチと。。時計の音。

ケンの顔などどこにもない。。




はぁ。。夢かぁ。。

びっくりしたぁ。。

しかし、あたしってば何て夢見てんだろ。

龍平のせいで、すっかり色ボケしたか^^;?






カチ、カチ、カチ。。

カチ、カチ、カチ。。




今何時なんだろう。。

ちょっと身体を起こして、壁に架かっている時計を見る。

んとぉ。。3時半?




カチ、カチ、カチ。。

カチ、カチ、カチ。。




コショコショコショ。。。

んっ。。




ちゅっ。。はっ。。






ん?なんだ?

ケンと美里? 起きてるの?

襖の向こうから聞こえてくる。。

聞き取れないけど、寝息などではないのは分かる。

話し声のような。。




はっ。。 んっ。。




話し声のような?

え?違うよねぇ?






あんっ。。




違うねぇ。。これは。

いくら愛し合っている者同士と言えども、

「んっ」とか「あんっ」だけで意思疎通ができるわけない。

これは会話ではない。。単に声だ。。

しかも。。この声が出る場面は、一つしかない。




あららぁ。。。

やってますかぁ。。

襖一枚隔てた向こうで。。なんとも。。




聞こえない、聞こえない。。

あたし、また寝るし。。。何も聞こえない。。






再び本に頬を乗せて。。寝る態勢に入る。。






ちゅっ。。




んっ。。 ぁん。。 ィやっ。。






眠くなーる。。眠くなーる。。眠くなーる。。






やだ。。声出ちゃう。。






眠くなーる。。眠くなーる。。眠くなーる。。






んんっ。。。あっ。。気持ちいい。。






うぅ。。全然眠くならない。。

参ったなぁ。。




頬杖ついて、襖を睨む。。

これが、あたしができる最大限の抗議。

うぅ。。始発まではまだずいぶんと時間がある。

どうしたものかぁ。。




襖の向こうから聞こえてくる悩ましい声。。

そして時計の音。。




時計の無機質で正確なリズムに。。

ソプラノの不規則で艶っぽい肉声。。

全く質の違う音のコラボレーション。




そこに、新たに別の音が加わった。




あたしの足元の方で。。

なにやら、ゴソゴソと音が。。

あ、そういえば、そっちに何かが転がってたっけ。。

あたしの愛撫で寝たばか者。。




そのばか者。。

ノソノソ床を這って、あたしの真横にやってきた。






「姐さん。。」




『しっ!!!』




とっさに、龍平の口を手で塞いだ。。

もう一方の手を使って。。

襖の方を指さして。。小刻みに首を横に振る。




首をかしげる龍平。。

目をパチパチさせて。。

しばらく眉をひそめてじっとしている。。




んっ。。あっ。。




龍平の目がカッと大きく開いた。。

そして、女の子みたいに、自分の口を手で押さえて。。

頭を大きく上下に振って。。事態を把握したらしい。。




依然と続く、楽器の音色。。

たとえるなら。。美里の声はバイオリンかな。。

ピチカートの音。。




しばらく2人して。。その演奏に耳を傾ける。

ステージ前、S席っといったところ。。




龍平が携帯を取り出して。。

なにやら打ち込んでいる。。




【やってますねぇ】




コクコク。。うなずくあたし。。




【さっきから盗み聞きしてたんですか?】




貸せ!とばかりに龍平から携帯を奪って。。




【ばか!困ってるんだよ!】




【マズイっすね。。下手に動けませんよね】




コクコク。。。




【やべ。。またチンコ勃ってきちゃった】




キッ!と睨んで。。




【勝手にしろ!もうやってやんない】




【すんません。。反省してます】




はっ。。あーん。。






【まだ挿入はしてないですかね?】




コクコク。。




【挿入までいきますかねぇ?】




【知るか!】




【ですよねぇ。。】






2人して何やってるんだろ。。

他人のエッチに耳をソバダテテ。。

でも、安っぽいアダルトビデオなんかよりもずっとリアルで。。

こんなの一人で聞かされたら。。気がおかしくなっちゃう。。

その意味では、龍平には感謝かな。。




龍平が、ジンのボトルを持って。。

音をたてないようにグラスに注いだ。。




すっと耳元まで顔を寄せてきて。。




「姐さん、ゆっくり移動しません?」




『そうね。。』




「そっと音立てないように、逆サイドまで」




『うん、分かった』






ゆっくりと半身を起こし。。

慎重に膝を立て、そぉ〜っと膝を伸ばし立身する。

その途中、膝がパキン!と鳴った。

しまった^^;と思い、体勢をそのままに、しばらくフリーズ。






うっ。。あっ。。




襖の奥の声が、気づかれていないことの証。




そっと、そっと。。

抜き足差し足で、襖とは逆サイドへ。

ここまで来れば、万が一ケンと美里が行為を終えて、

あたしと龍平が寝ているか確かめる為に、あの襖を開けたとしても。。

襖の前で、2人揃って頭を並べているよりは不自然ではないだろう。










「飲んでなきゃ、やってらんねぇ。。」




『ホントね^^;』






龍平と交互に。。グラスに口をつけ。。

瞬く間に1杯を飲み干す。。

そして、またグラスに新たに注がれる。




そうやって飲み交わすうちに。。

一旦覚めた酔いが、再びもどってきた。




龍平が突然。。あたしのほっぺにキスをしてきた。

キッと睨んで。。しばらくじっと見て。。

なんとも言えない、屈託の無い笑顔。

怒る気も失せて。。ついつい微笑んじゃう。。




龍平、安心したのか。。再び、ちゅっ♪

続けざまに。。あたしの側面に抱きついてきた。。




『こら。。』




「姐さん。。もう俺我慢できないっす」




『我慢しなさいって。。』




「お願いします。。おっぱい。。」




『お前、寝るくせに』




「もう寝ません!」




『でも、もう触ってあげないよ』




「いいです。。俺が触ります」




『え?自分のを?』




「じゃなくて、姐さんの。」




『まったく。。』






この返答は。。OKと受け取られるのが普通よね。

では早速、という感じに龍平の手が伸びてきた。

また、さっきみたいな。。単調な。。




「姐さん。。ブラジャー外してもらっていいですか?」




『自分で外せないの?』




「俺、外したことないんすよ」






やれやれ。。本当に手のかかる子。。

後ろ手にホックを外し。。ゆっくり肩から抜いて、

Tシャツの前からスルっとブラを抜き取った。




恐らく、ブラを取ったことで。。

龍平の手の平に、乳首の突起の感触が伝わったのだろうか。。

それまではただ手の平で包むような動きだけだったのに、

乳首に指先を這わせるように。。動きが変わった。




これは人間の本能なのね。

乳首に意識が集中するのは、本能なのね。。




指先でコリコリ。。コリコリ。。

Tシャツの上からでも。。その刺激は鋭く伝わってくる。

目を閉じて、そこの刺激に意識を注いでいる自分に気づいた。




龍平の手が、あたしの胸から離れた。。

その手は背中に回り。。腰に絡みつき、やがてはお尻に。。

あたしは、黙ってそれを許した。




お尻全体を大きくつまむように。。

お尻から太股の付け根までを往復して。。

手の平に下着のラインを感じたのか、

そのラインを伝って。。お尻の奥まで指が落ち込んでくる。

そのまま進むと。。あたしの濡れた場所。




龍平の腕を掴んで。。

首を左右に振る。




捕まった手は、その場でじっとしているが、

指先だけは、微妙に前後に動いている。。

指が伸びきった時に。。

その指先はあたしのアナルを通り越した所まで達する。

下着越しであれば、たぶん、そこの熱を帯びた湿りは指先に伝わるはず。

まだ龍平の手はスカートの上。。






「姐さんの。。なんか熱くなってます」




コツンと。。龍平にゲンコツ。。






「姐さん。。ここも触りたい。。」






うーん。。。困った。

あたしだってできることなら触ってもらいたい。

ステージ前、最前列の特等席からは幾分後退したと言えども、

襖の奥からの美しい演奏は未だ聴こえてくる。

そんな非日常の中、お酒も入ってほろ酔い。

あたしの楽器も。。調音済ませてスタンバイだもの。。

あたしの楽器に、ミュート機能が付いてれば。。






『ちょっとだけなら。。』




思わず出てしまったセリフ。。






「下着の。。?」




『上からよ』




「ですよねぇ。。」




わずかに理性が働いた。。




龍平の手の拘束を解いた。

頭1個分ほど、龍平が身体をあたしの下半身の方にずらした。

そして、龍平の手がスカートの中に入ってきた。

その手は太股の内側を這い上がり。。そして付け根へ。。




セックス経験がない子って。。こうなんだ。

核心に至るまでの間、色々と寄り道する場所がある。

性感帯と言われる場所。。経験のある男性ならば、一応、そこにも手を止める。

龍平は違う。。猪突猛進のごとく。。核心までノンストップ。




オリモノシートなどの小細工をしていなかった。

龍平の指が、下着の表面に触れた。。

そのまま、指は動かない。。




「なんか、濡れてます。。」




『それが愛液ってものなの。。おしっこじゃないのよ』




「愛液って初めて触った」




『ヌルヌルしてるでしょ?』




「はい。。」




スルっと手が抜けたと思ったら。。

その指先を自分の鼻先まで持っていった。。




とっさに龍平の手をねじ伏せて。。ゲンコツ!




「匂いってしないんですね。」




『もうっ!変態!!』




「味はどうなんだろ」




『お前ぇ〜。。。○す』






童貞君の好奇心には参る。。




再び、ゴソゴソとスカートの中を這い上がる手。。

やっぱり、現場直行。。




濡れている所をしきりに引っ掻いている。

なんだかくすぐったい。。




「クリトリスってあります?」




『あります?ってどういうこと?。。なかったら悲劇よね』




「どこにあります?」




『探してみ』






龍平の指。。前後左右に動き回っている。

さすがに位置関係は分かっているようで、

熱いヌメリが湧き出る所を起点として。。溝を伝って指先が降りてくる。

もうちょっと。。もうちょっと降りてきて。




あれれ?迷子になった?

再び指が起点へと戻る。。

そうね。。迷ったら元に戻る。。基本ね。

頑張れ^^




そうそう。。そのまま真っ直ぐ降ろして。。

もうちょい。。あ。。行き過ぎ。。




「分かんない。。直でいっていいっすか?」




『下着の中ってこと?』




「はい。。」






やれやれ。。

いいよ。。のサインの代わりに、両脚をすっと開いた。




龍平の指。。再び基本の位置へ。

そこから真横に移動して。。

下着の淵から裏側に。。指が潜入。。




うっ。。

やっぱり直でいかれると。。。刺激が強い。




いそがしい龍平。。再び指を抜いて。。




「すげ!マジ。。ドロドロになってる!」




『もっと綺麗な表現ないのか!』




「見事な潤い」




『70点』






判で押したように同じ動作。

そのドロドロの場所。。その窪みには目もくれず。。

溝を伝って。。指が下りてくる。。

そこは。。尿道口。。もうちょいよ。。

そうそう。。もうちょっと下。。

そこじゃないって。。もうちょい下だって。。

あーーっ!じれったい。。




思わずクイっと腰を上げて。。

自らクリを龍平の指にくっつけた。。






はうっ。。。




龍平の指がそこで止まった。。

ゆっくりゆっくり。。クリの周りを動いている。

指の周回の周期に合わせるように、反射的に腰がビクビクと律動する。




くぅ。。。すごい刺激。。




龍平がぐっと顔を近づけてきて。。

あたしの耳元で。。




「ここ?」




『うん。。』




「すげぇ。。コリコリしてる。。気持ちいいんすか?」




『うん。。ヤバイくらい。。』




「結構堅い。。」




『男の子のおちんちんと同じだもん』




「見てみたい。。」




『ダメ』




「どうしても?」




『今はダメ。。』




「じゃぁ。。今度はいいですか?」




『うん。。』




「マジ!やった!」




「あぁ。。すげぇ。。すげぇ濡れてる。。」




『だって、マジでヤバイもん。。』




「ヤバイって。。イっちゃいそうってこと?」




『うん。。』




「イカせてもいいっすか?」




『ダメだよぉ。。声出ちゃうもん。。』






なおも止まらない指先の動き。。

そろそろストップかけないと。。今なら、まだストップかけられる。。

止めるなら今。。




あぁ。。でも、すっごく気持ちいい。。

もうちょっとこの快感を味わっておきたい。。

あぁ。。でも、もうそろそろ。。




そんな、官能と冷静の行ったり来たりをしていたら、

龍平がぐいっと顔を近づけてきて。。

唇を塞がれてしまった。。

あたしの唇を割って入ってくる舌。

なんの躊躇もなく受け入れ。。あたしも舌を絡める。。




あぁ。。今ストップしないと。。

ここを逃したら、自分の意志では引き返せなくなる。

はぁ。。気持ちいい。。

腰が抜けちゃう。。身体が溶けちゃう。。






『ねっ。。もうやめて。。』




「もうちょっと。。」




『もうヤバイから。。お願い、イッちゃうからやめて。。』




「俺が口塞ぐから。。声漏れないように。。」




『ダメだよぉ。。もうヤバイ。。ねっ。。お願いだから。。』




「姐さんのイクところ、見たいっす」




『ダメ。。ホントに。。もう我慢できない。。』




「姐さん。。イって。。」




『ダメッ!。。あぁ。。ヤバイ。。お願い、もうやめて』




「姐さん。。」






ぎゅっと抱きしめられた。

それが分厚い壁のシェルターの中に身を隠したような錯覚を呼び起こし、

バラバラになりそうな身体のパーツを、しっかり繋ぎ止めてくれる。。

そんな、漠然とした安堵感を呼び起こし。。あたしは龍平の胸に顔をうずた。




『んっ。。んっ。。』




『龍平っ。。うっ。。ねっ。。ダメ。。もうイキそっ』




「イって。。イっていいよ」




『んーーっ。。ダメっ。。ヤバイっ。。ヤバイっ』




「姐さん。。すげぇ綺麗だよ」




『龍平っ。。あっ。。イクっ。。イクっ』




「姐さん。。俺、愛してます。。姐さんを愛してます」






龍平の指のひと掻きの度に、グイっ!グイっ!とメーターが上がっていく。

意識が頭のてっぺんから、さぁ〜っと加速して抜け出していくような感覚。

お腹の奥から、細胞一つひとつを細かく激しく振るわせるような泡立つ感覚が、

池の中に落とした石から広がる波紋のように。。やがて全身に行き渡り。。

そしてその波紋が束になって集まって、頭のてっぺんに向かって一気に押し寄せる。






『龍平っ。。龍平っ。。イクっ、イクっ、あっ。。イっ。。』




『んーーーーーっ!! 』






このあと数十秒間の記憶がない。。

ほんのちょっとだけ。。失神したのかもしれない。。




気がついたら、龍平の腕の中にいた。。

なんだかんだ言っても、こいつは男なんだなぁ。。

そして、あたしは女なんだ。。

こうして腕の中に抱かれていると。。それを実感する。






「姐さん。。すげぇ可愛かったっす」




『うるへー』




「初めて触ったのに、イカせることができた。。」




『イってやったんだよ。。』




「あはは。。いつもの姐さんに戻ってるし」




『お前、絶対にこのこと人に言うなよ。。』




「言いませんよ!絶対に言いません」






いつのまにか。。襖の向こうの演奏会は終わっていた。

思いがけずのジョイントコンサート。。

今晩は、2つの楽器が競演。




あたしの演奏者は、今晩初めて演奏した。

初めての演奏にしては、なかなかの腕前。。

それとも。。あたしが名器なのか^^ なんてね。。






龍平が元の位置に戻り。。「二人は」何もなかったかのような構図を作り。。

あたしは、イッたおかげで深い眠りに。。






『おはよー!』




「うぅ。。頭痛いぃ。。」




『コー大丈夫?お薬、あげようか?』




「あぁ。。助かります^^;」










襖が開いた。。

出てきたのは、美里。




『美里♪ おはよ^^ 昨日はよく眠れた?』




「はぁ〜い^^ ぐっすり^^」




『そっか^^』






龍平。。まだ寝てるし。。

ん? 何、この子。。手を口元に置いてるし。。

まさか、こいつ。。寝ながらあたしの匂いを?

ササっと龍平に近づいて。。

みんなに気づかれないように。。手をどけた。






『ケン^^ おはよ^^』




「姐さん、おはよございます!! 元気っすねぇ♪」




『よく眠れた?』




「はい^^」




『そっか^^ じゃぁ。。お座りっ!!!』




「えっ!! なんでお座りなんですかっ??」




『いいからっ! はいっ! お座りっ!』




「はいっ!ワンワンっ!!」












コメント

タイトルとURLをコピーしました