前から好きだった友人である佐代子ちゃんと寝てしまいました。






「旦那が変わった趣味を始めて疲れる」、「登山で知らない人と登山小屋でザコ寝するのもイヤ」とか、不満がいろいろあると聞いたので愚痴を聞いてあげると飲みに誘ったらアッサリOKでした。



結構飲ませたら細い目がトローンとしてきて飲みすぎて横になりたいと言うのでうちのアパートへ。



間接照明だけの部屋のソファに寝かせてグッタリしていたのでキスしてみました。






「あたし、結婚してるからダメだよ・・いや・・友達だし・・ダメ・・・。やめて・・ひろしに悪いよ・・こんなこと・・・」と、抵抗しましたが腕を押さえてそのまま続行。






Tシャツをまくってブラを外し、前からずっと見たかった胸は小さかったけど感度は良く、乳首は立って固くなっていました。






「ああん・・だめだよ・・そんなとこ・・・ああ・・ん・・恥ずかしい・・・見ないで・・・」






スカートを脱がし大き目のパンツを脱がすと、プーンと女性特有の香りがしていました。






陰毛が逆立って長かったのが印象的でした。



右手で佐代ちゃんの陰毛を持ち上げながらクリを舌で攻めるだけで、






「ああっ・・あんっ・・・そこは・・そこはダメ・・ああん・・・堀田くん・・・。(旦那の)ひろしより上手・・・わたし・・ダメ・・・い・・イクっ・・・」と佐代ちゃんは2分くらいでイッてしまいました。






「気持ちいいの・・オチンチン欲しいの・・・入れて・・・」






佐代ちゃんは自分で股を開いてきました。



普段は教師で、大人しい佐代ちゃんが・・・。



ナマで挿入しソファがギュッギュッと揺れました。



薄暗い部屋で佐代ちゃんの体も一緒に揺れました。






「堀田くんの好きにしてっ・・・もっと強く突いてっ・・・好きにして・・・。むちゃくちゃにしてえっ・・・」






僕の背中に爪を立ててきました。






ギュッと佐代ちゃんを抱きしめてピッタリ密着。



佐代ちゃんは僕の耳元で、大きな声でアエギ声を出しました。






「佐代ちゃん、初めて会ったときからずっと好きだったよ。佐代ちゃんとこういうことしたかったんだ。あっ、佐代ちゃん気持ちいいよ。中で受け止めてくれ・・・全部欲しいんだ・・・愛してるよっ・・佐代子っ!佐代子っ、佐代子・・・」






ビュビュッビュッ・・ビュッ・・・ピュッ・・ピュ・・・。






最後の一滴まで残さず佐代ちゃんの膣の中にタップリ出しました。






「友達なのにこんなこと・・・佐代ちゃんには旦那さんがいるのに・・・」と思いましたが、また会う約束をして家まで送りました。






佐代ちゃんに子供ができた今もたまに会ってエッチしてます。