2年前、8年ぶりに中学の同窓会があった。



いつもは出席はしないのだが夏休みの予定がおじゃんになり、暇潰しのつもりで参加した。



今回の幹事は気合いを入れてて、お台場のいいところをゲットしていたのも参加した理由だった。







さて、久々に見る同級生は皆それなりに老けており、かつての女の子も今ではただのオバタリアンと化しており、ちょぴり後悔しつつ適当に会場の片隅で酒を飲んで外を眺めていると、誰かが背中を突っついた。



少しムッとしながら振り向くと可愛い女の子がニコニコして立っている。






(なんだ?なんでこんな若い娘がこの会場に?)






そう思っていたら同級生のS子が、「ごめんね!それうちの子なの。こら!いたずらしたらだめでしょ!」と。






「拓海君(俺)、悪いけど相手してやって。私、T君と下のラウンジにいるから」と半ば強引に頼まれ、そのまま行ってしまった。






まあ可愛い子なので、暇潰しになると思い色々と聞いてみると、名前は美貴といい、現在18歳で今年から大学に行っているとのこと。



S子が高校生の時に同級生の男と出来ちゃったらしく、父親の顔も知らないということだった。



だからなのか、自分の親の年頃の男にしか興味が持てないらしく、強烈なファザコンだと言って少し寂しそうな顔をして黙り込んでしまった。






1時間くらい経った頃、同窓会はお開きになったので下のラウンジにS子を探しに行くと、Tと何やら良からぬ相談中で、これからどこかにしけこむらしい。






「拓海君、悪いけど美貴を送って行ってくれない?」






そう頼まれたが、「え!美貴ちゃんになんて言うんだよ?まさか男としけこむなんて言えないぞ」と言うと、「大丈夫、あの子慣れてるから!じゃよろしく」と言うとTと2人でさっさと消えてしまった。






「いいんです!こういうの慣れてますから。送って下さい」






美貴はさばさばした様子で俺の顔を見ていた。



仕方ないので送って行こうとした時、「お腹空きません?どこかで食事しませんか?あっ!だめならいいです」と言ってまた寂しそうな表情になったので可哀想になり、「よし!なにか美味い物でも食べるか」と言うと、「嬉しい!」と言って腕を絡ませてきた。



ちょっとドキっとしたが平静を装って行きつけの店に連れていった。



美貴は食事中ずっと楽しそうに色々な話をしてきて、俺はそれを黙って聞いてやった。






そろそろいい時間になったので、「家、どこ?送って行こう」と言うといきなり泣き出してしまい、周りの目も気になるので早々に店を出て、なだめてみたが泣き止まない。



困ってしまい、仕方なく自宅マンションに連れて行き落ち着かせようとした。



しばらくしたら落ち着いたようでホッとしていると、「今日は帰りたくない!どうせお母さんも帰ってないもん」と言い出し、テコでも動かなくなった。



仕方ないので、「じゃ、風呂でも入ってからまた考えよう」と言って、美貴が風呂に入っている間にS子に電話してみたのだが、留守録になるだけで応答がない。






その時、風呂場からすごい音がした。



外から呼んでも応答がないので中に入ると、美貴が手首をカミソリで切って泣き叫んでいた。



慌てて「何やってんだ!」と言うと、「もうお母さんの顔なんか見たくない!」と言ってまた泣き出した。



泣きじゃくる美貴を風呂から引きずり出し、とりあえず傷の手当てをして訳を聞いた。



S子は毎晩のように色々な男を自宅に引っ張り込んで、そんな生活を10年くらいしているらしい。



きっと旦那がいない寂しさを紛らわすためだろうと思ったが、美貴には酷な話である。



だから18歳になるまで男は知らないと言って、いきなり俺に抱きついてきた。






「今日、初めて会った時に、拓海さんならきっと助けてくれると思いました。お願い、美貴を抱いてください。そしてお嫁さんにしてください」






捨て猫みたいな目で俺の目に訴えてきた。






「ほんとに俺でいいのか?おじさんだぞ!」






「はい・・・」






なんとも言えない愛おしさを感じ、そのまま長いキス・・・。



そしてバスタオルを外し、美貴の胸を優しく愛撫した。



最初は震えていたが乳首の周りを攻めていると次第に気持ちよさそうな声を出し始めた。



ゆっくりと胸、お腹、ヘソ、指、足と周辺を愛撫し、いよいよ美貴の局部へと迫ったが、恥ずかしいのかなかなか足を開かない。






「怖くないよ、ゆっくり足を広げて」






そう言いながら優しく広げてみると、年の割りに陰毛が薄くツルマンに近い状態で、バージンだと言うのにすでに薄っすらと湿っていた。



恥ずかしいのか美貴は手で顔を隠したままで体を硬くしていた。



ゆっくりと美貴の体を起こし、鏡の前に連れて行き、後ろから足を抱え込んで局部を剥き出しにして、「ほら、見てごらん。美貴のあそこ、こんなになってるよ」と耳元で囁くと、「恥ずかしい」と言って顔を真っ赤にしている。



美貴の指で局部を開かせ、「よく見て!ここに入るんだよ。いいね?」と聞くと無言で頷いた。






ベッドに移動し、ビラビラからクリトリス、肛門とたっぷりと舐めてやると、「お尻、恥ずかしい・・・」と言ってさらにジュースが奥から溢れてきた。






「おちんちん見たことある?」






「友達のお父さんのビデオで・・・」






そう言って恥ずかしそうな顔をしたので、美貴の手を俺のカチカチのモノを握らせて、「これが入るよ。ゆっくり入れるから痛かったら言って」と言ってスキンをつけるためにそばを離れようとしたら手を離さない。






「スキンつけるから離して」



「そのまま入れて下さい。お願いします」






「赤ちゃんできちゃうよ?いいの?」



「かまいません!拓海さんだったら本望です」






そう言いながら抱きついてきたので理性のタガがはずれ、生で挿入してしまった。



半分ぐらい入った頃、「痛い!痛い!」と美貴がしがみついてきたが、かまわず奥まで挿入した。



最初は痛がって泣いていたが、ゆっくり出し入れしているうちにジュースが溢れ出し、滑りがよくなると気持ちよさそうな声を出し始めた。






自称処女に嘘はなく、これまでに味わったことがない締りの良さと中のザラザラ感が抜群にいい。



俺はすぐに射精感に襲われた。






「もうイッていい?」






「一緒にイッて!」






そう言って美貴がさらにしがみついてきた瞬間、俺のペニスは美貴の中で熱い迸りを感じ、そのままたっぷりと放出してしまった。



あまりにも気持ちいい射精にしばらく呆然としている俺に美貴は嬉しそうにキスをしてきたので、俺も舌を絡ませ、お互いに獣のように愛し合った。



そのまま3回戦まで全て中出し、合計2時間は結合していたと思う。



ゆっくりとペニスを抜くと3回分のスペルマが美貴の奥からドローと流れ出した。



シーツには赤い染みがくっきりと残っていた。






その後2人で風呂に入り、お互いの体を洗い合った。



ちょっと遊びのつもりで美貴にフェラテクニックを仕込んでやった。



最初はもどかしかったが意外と飲み込みがよく、10分くらいでまた射精感が襲ってきた。






「お口に出していい?」と言うと目でOKしていたので、そのまま4回目の発射を敢行した。






美貴は全てを口で受け入れ、喉の奥深く飲み込んで嬉しそうな顔をした。






風呂を出てから、「本当におじさんでよかったのか?」と聞くと、「とてもよかった。もう1回して!」と言ってせがんで来たので、その後バックで1回、騎乗位で1回、最後は座位で舌を絡ませながら最後の中出し!



計7回もやってしまった。



さすがにお互い疲れ果て、結合したまま一緒に爆睡した。






その後、S子に話をつけて、俺は美貴と結婚した。



不思議とまだ妊娠はしない。



そのかわり、今でも新婚気分で毎日中出しを続けている。



今では美貴もすっかり男のツボを覚え、この上ない快感を俺に与えてくれる。



でも、会った頃と変わりなく俺を愛してくれている。



俺も美貴が相変わらず愛しい!