私は大学3年です。



ホッケー部に所属しています。



体育会なので、男子マネージャーを毎年どうにか1人調達しているのです。



今年は豊作の年で、マネージャーとして1年生の男の子が3人も入ってくれました。







事件は5月の合宿で起きました。



合宿には男子マネージャーは3年生が1人と1年生の男の子が3人参加していました。



場所は大学の合宿所ですが、一つ一つが独立している別荘のような一戸建です。



なので大きな別荘を一つ借り切り、2階を女子専用にしていました。






部長(女)が2階でミーティングをするというので、女子だけ集合しました。



明日の練習メニューの確認が終わりました。






すると部長が、「今晩イベントを行おうと思うんだけど」と切り出したのです。






「1年生の男の子は3人いるわけだし、1人ぐらい減っても大丈夫でしょ。1年生の部員は処女の子が結構いるし、ちょっと弄んじゃおうよ」なんて言うのです。






1年生部員は興味津々です。






3人のうちの誰にするかについて、投票で決めることにしました。



1年生と2年生の部員は1人1票。



3年生以上は1人2票。



役員は1人3票となりました。



女子でも体育会ですので、この辺の上下関係は厳しいのです。






結局、一番童顔で可愛いと評判の男の子に決まりました。



秀典くんという子です。



ターゲットの男の子以外のマネージャーを買い物へ行かせて、その間に秀典くんを2階でいじめちゃおうということになりました。



作戦通り、秀典くんには用具などの整理のために残ってもらって、あとのマネージャーには買い物をお願いしました。






部長が秀典くんに、「ちょっと2階の高いところを掃除してもらいたいんだけど。お願いできる?」と頼みました。



その際、部長は秀典くんに、「汚れるから上半身は脱いだ方がいいよ。下も短パンぐらいの方がいいんじゃない」と言いました。






秀典くんは素直な子で、言われた通りの格好になって2階に現れました。



私たち女子部員はみんなパジャマになっていました。






秀典くんを梯子に上らせると、部長が合図し、2年生部員が秀典くんの短パンを一気に下ろしました。



勢いよくやったのでパンツも一緒に下ろしてしまい、予定より早く秀典くんの下半身が丸見えになってしまいました。



秀典くんは梯子の上でどうしようもなくなって、「やめてくださいよー」と弱々しく言っています。






今にも泣きそうな秀典くんを梯子から下ろすと、みんなで一斉に飛び掛かり、秀典くんをスッポンポンにしました。



12人がかりで秀典くんを押さえ付けると、1年生部員に順番に20秒ずつ、秀典くんのムスコさんを弄ってもらい、誰が秀典くんをイカせることができるかというゲームが始まりました。



精液が飛び散ると大変だからということで、部長が秀典くんのムスコさんを優しく触って勃起させてコンドームを付けました。



もう秀典くんは全くの無抵抗でした。






部長が秀典くんに聞きました。






「秀典くんは童貞かな?」






秀典くんは無言で頷きました。



部長はやらしい笑みを浮かべて言いました。






「そうかあ。じゃあ、お姉さんたちがイカせてあげるね。コンドームつけるのも初めてかな?」






また秀典くんは頷いていました。



順番に秀典くんの大きくなったムスコを1年生部員が手や太股でしごき始めました。



1年生部員がコンドームが邪魔と言い始めたので、周囲に新聞紙を敷き詰めて、コンドームを取りました。



1年生部員の中にはかなりいやらしい子がいて、フェラも交代でし始めました。



秀典くんもかなり頑張っています。






部長が秀典くんに、「頑張るじゃない」と言ってディープキスをしました。



そのとき秀典くんの腰がピクっと動いて、イッてしまいました。



ちょうど1年生が手でしごいていたところでした。



その子はキャアキャア言いながらも、しっかりムスコを自分の顔とは反対側に向けていました。






私は副部長だったので行為自体には参加しなかったものの、秀典くんを押さえる役だったこともあって、その一連の行為をしっかり見れました。



秀典くんは半泣きといった感じで、「もういいですか。洗ってきます」と言って、下のお風呂場へ走っていきました。






言うまでもなく、秀典くんは次の日、「辞めます」と言って1人で帰宅しました。



ちょっと可哀想だったかなと思いましたが、その日は女子部員の間で秀典くんのムスコの話でもちきりでした。



処女の子は、男性の勃起しているところと射精するところに感動したと言っていました。



中には、「辞めちゃう前に入れてもらえばよかったかな~」なんて子もいました。