昨夜、というかさっき、先輩女子社員の全裸を見てきた。



昨夜、会社の飲み会で最後、30代前半の独身女性社員と方向が一緒なんで、タクシーで帰ることにしたんだ。



そしたら、もう途中で彼女は意識喪失状態。



ちょっとやばいんで、彼女のマンションまで送っていった。







30代と言ってもスタイル抜群で、若手男子社員の憧れの的な美人OL。



ドキドキしながら肩を担いで、6階の彼女の部屋へ。



おっぱいが当たってちょっと勃起。






ソファーへ寝かせて帰ろうと思ったら彼女、フローリングへ、「ゲロー!」。



そのまんま帰っちゃおうと思ったけど、しょうがないから洗面所のバケツとかを借りて、一応掃除したんだ。



もらいゲロでこっちも吐きそう。






そのうち彼女、フラフラと立ち上がって洗面所へ。






「ごめんね」とか言って、辛うじて意識は戻ってきたみたい。






やがてシャワーの音。



とにかくその辺を綺麗にして、バケツの汚水を洗面所に流しに行ったら、散乱する彼女の服。



もちろんピンクのレースの下着も無造作に脱ぎ捨てられ、オリモノシートには薄っすらとスジの汚れが・・・。






(あちゃー、とんでもない状況だな)






とにかくその場を離れなくちゃと思って焦っていたら、突然シャワー室の扉が開いて、びしょびしょの彼女が登場。






(わっ!モロに視てしまった・・・)






と言っても洗面台の鏡越しだが。



一瞬固まるも、彼女の視界に入らないように通りすぎる。



彼女はバスタオルを手に持ってリビングへ。






自分も帰り支度をしようとリビングへ戻ったら、なんと、彼女ソファーで大の字に寝てる。



もちろん素っ裸。



身体は濡れたままだ。






“このままだと風邪を引くから身体を拭いてあげないといけない”という親切心と、“憧れの先輩の裸を見たい!”という両方の気持ちで、床に落ちていたタオルを拾って彼女を拭いてあげることにした。






量感のある乳房。



薄いお腹。



丁寧に手入れをしてあるヘア。



それらをしっかり目に焼き付けた。



と思ったら、片足がソファーから落ちて、股間が全開状態に。



クリちゃんとビラビラがモロに見えていて、ちょっとやばかった。






が、ここまで来たら中身も見てみたい、と思うのが人情。



でも、さすがに直接触るのはヤバいと思って、内股を拭くふりをしてあそこが開くように力を入れてみたら、微妙によれてビラの内側の赤身が少し覗いた。



もう俺の下半身はビンビン。






一応「先輩、風邪引きますよ」って声を掛けたがまったく応答がないし、「ぐおっ」という短いイビキみたいのが出たりして、完全に寝てる様子。






なので、ちょっとだけ悪さをして、両手であそこを左右に開いてみた。



まさか処女とは思わないが、意外と小さい穴で、きれいなピンク色が印象的。



もちろん、おっぱいも触った。



張りのあるいいおっぱい。



もう俺の下半身も限界。






とはいえ、さすがに挿入するのは後々問題になりそうなので我慢し、彼女の部屋にあったティッシュを手にとると、その中に放出した。



先輩のあられもない姿を見ながら、大量に2回も。



その後、ティッシュをトイレに流し、彼女にタオルケットを掛けて、そそくさと部屋を後にした。



セキュリティ的にはオートロックだから安心だが、気持ち的にはちょっとヤバいかもしれない。



彼女の顔を月曜日、まともに見れるのだろうか?






今朝、先輩と会った。






「おっはよー」って元気に挨拶されて、ちょっと照れ気味な俺。



ヤバい・・・、なんか胸がときめいちゃったよ。



でも、案の定、覚えてないらしい。






「金曜日さあ、◯◯くん(俺のこと)と一緒にタクシーに乗ったところまでは覚えてんだけど、その後がねえ・・・。朝、気がついたらうちで寝てた。もしかして部屋まで送ってくれた?」






屈託のない笑顔を見せる先輩。






「あ、はい、一応。部屋までは」






(ヤバ・・・、俺の顔、赤くなってないよな?)






「ごめんねえ。何にもお構いもできずに。また今度ゆっくり遊びに来て」






「はーい」






って、おい!どうすんだよ!って感じで、朝からドキドキ。



ってか、あの時やっちゃったとしても、なんとでも言い訳できたじゃん。



たとえばさ、「先輩に無理やり抱きつかれて、仕方なく」とかさ。



相手も酔っ払ってたんだし、なんかあっても、自分のせいもあるしと思うよなあ。



まず問題になることはなかったな。



うまくすれば、今頃は自分の彼女に、悪くても「まあ、お互い酔ってたってことで、なかったことに、・・・えへ」ぐらいで済んでたような気がする。






ああ、やっぱやっとけばよかった!



すっげえ、今、後悔してる!



あの、魅力的な裸体と先輩の笑顔がチラついて、今晩、寝られそうもない!






昨日、一昨日と、彼女とのことを真剣に考えてみた。



自分の中で自問自答した。



そして出した結論が、彼女とまじめに付き合いたいということ。



もう覚悟はできた。



4つ年上になるが、自分にとって大切な人になって欲しいと心から思っている。






そこで昨日の帰りがけ、思い切って声を掛けてみた。






「先輩の家、ゆっくり遊びに来てって、本気にしていいですかあ?」ってね。






そしたら、「うん、いいよ。いつがいい?」と、あっさりOK。






で、なんと!



今日、夕食をご馳走してくれることになった。



俺はワインと花束を持って彼女の家に向かった。






なんかさあ、変だけど、なんとなく恋人気分みたいでそわそわ。



今考えるとバカみたいだけどね。



マンションの入り口のセキュリティロックのところまで来て、その独特のコンクリートの匂いとか雰囲気が、あの日のことを思い出させて一気に勃起してしまい、収まるまでインターフォンを押せなかったw






二重のロックを開けてもらって、エレベータで6Fの彼女の部屋へ。



すっげえ緊張して呼び鈴を押すと、ハーイと彼女が出てきた。



その日はピンクのニットに少し長めの軽い生地のスカート。



そういえばスーツ姿しか見たことなかったんだ。



すごく新鮮で、可愛らしく見えて、もう心臓が破裂しそうだった。



部屋に案内されると、あの時のソファ。



顔が紅潮するのがわかる。






やばい、と思っていると「そんなに緊張しない!仕事じゃないんだから。わー、ありがとう」と、ワインと花束を受け取ってくれたんで、少しリラックスできた。






テーブルの上には彼女のお手製の料理。



ちょうどサラダを盛り終わって、準備完了!



早速ワインで乾杯して、ひとしきり雑談した。



俺はニットの胸の膨らみが眩しくて仕方がなかった。






色々な話をした。



元々会社でも仲がよかったから、話題には事欠かなかったんだ。



ワインの酔いもあって、いい雰囲気!



それでも自分からなかなかこの間のことを切り出せず、結局、もう夜も遅くなってしまって、楽しかったけど、なんとなく割り切れないまま彼女の部屋を後にしようと立ち上がった。



そうしたら突然、彼女が切り出した。






「明日、何も予定がないなら泊まってって」






しかも、いつになく色っぽい雰囲気で。



もう気がついたらソファの上でキスしてた・・・。



彼女の唇が少しひんやり感じて、甘くて・・・。



そのまま覆いかぶさるように抱き締めて・・・。



本当に信じられないけど、ここまで自然の流れの中でできた。



一度、唇を離し、改めて彼女の顔を見ると、耳まで赤くなって少し震えるように彼女がつぶやいた。






「好き・・・◯◯くん、好きよ」






正直、そう言われてハッとしたんだ。



覚悟を決めて来たはずなのに、切り出せずにいた自分。



彼女から求められてしまったことを少し後悔した。






それで、彼女に詫びる気持ちもあって、もっと激しく舌を絡ませるキスをすると、ニットの上から張りのある乳房を揉んでいたよ。



ずいぶん長い間抱き合っていたように感じた。






「泊まってくよ」






まったく間抜けな話なんだけど、それがその時、俺が彼女に言った言葉。



バカじゃん!






「俺も好きだよ」とか「愛してる」とか、なんで言わなかったのか、そこでも後悔・・・。






でも彼女、ニコッと笑って、「ありがとう」って。



ジーンときて、涙出そうになって、もう一度抱き締めた。



愛おしくて仕方がなかった。






その後、それぞれシャワーを浴びてベッドへ。



先に浴びた彼女が待つ寝室へ足を踏み入れると、彼女がいつも使っている香水の匂いが漂い、クラクラしそうだった。



ベッドの中の彼女は何もかもが最高だった。



もう彼女から離れられない!