彼と会うのは約45日ぶりでした(もちろん、エッチも)。






いつものようにドライブデートをした後、彼とホテルへ入りました。



そして私はいつものように、設備チェック(笑)



彼は疲れたのか、ごろんとベッドに寝転びました。






私がそっとベッドの端に座ると、彼がぐっと私の肩を引き寄せたの。



私はその時ランチに付いてたワインが回って、ちょっとフワーっと気持ち良くなってて、彼に「酔っちゃった」と言いながらしなだれかかっちゃいました。



彼は微笑みながらぎゅうって強く抱き締めてきた。



私もぎゅうって抱き締めたら、彼が私の髪を撫でて、頬から唇へキス。



彼の唇は柔らかくって気持ちいいの。






だんだんキスが激しくなって、彼の手が胸に伸びてきた。



さらに裾をまくってブラの上から、そしてブラを下げて乳首を触るの。



でもブラをはずそうとはしないの。



乳首を舐められて、私も小さかった声がどんどん大きくなって、もちろん、電気も点いたまま。



なんて格好してるんだろうって、すごく恥ずかしかった。



そしたら彼は、スカートの裾からアソコを触ってきたの。






「だめぇ!お風呂入るの・・・」って言ったら、「入らなくていいの」って言って、無理やり下着を下げようとするの。






抵抗したけどダメで、「やあん!」って言ってるのに下着だけ脱がされちゃった。






ブラも、上の服も、スカートも、靴下だってそのままなのに。



もちろん彼だって、服を全部着たまま。



恥ずかしくて横を向いても、グイっと引き戻されてそのままクリを触ってくるの。






「あっ・・・や、ああん!」






カラダは正直で、もう抵抗もできなかった。



音がするくらい濡れちゃってて・・・。



クリちゃんばっかりいっぱい触られて、「んんっ、あん!やあん!」って、いっぱい声が出て、私ってすごい声出すんだなあって思った。



AVみたいなの、もう叫んでるって感じ。






そしたら彼は、アソコを舐めてきたの。



スカートを腰まで捲り上げて。



こんな格好で、こんなことされてこんなに感じてる・・・って思ったら、もうどうしようもなく興奮しちゃったの。



彼は私にキスをしながら、クリちゃんやアソコを執拗に指で攻撃してくる。






「やあん、だめ!んんっ、はっ・・・ああん!ああん!」






声が出ちゃって、抑えられなくて、私は枕を自分の顔に押し付けた。



声を聞かれるのも顔を見られるのも恥ずかしい。



でもどうしようもなく感じちゃって、抑えられない。






彼が我慢できなくなったのか、私から離れた(ゴムを付けるため)。



私も彼にお返しをしたかったんだけど、でも感じ過ぎちゃって動けないの。



彼は下だけ脱いで私の中に入ってきた。






「あああっ!はぁっ・・・」






45日ぶりだから、私はなんだかキツくてジンジンしてる。



彼はすぐに私を抱き起こすと、激しく動かしてきたの。



彼のTシャツの裾が挟まって汚れちゃいそうだったから、「これ・・・ッ、汚れちゃうよお・・・!」って、裾を引っ張り上げたのね。



そしたら彼はそのTシャツを脱いで私の上の服もブラも脱がせたの。



でも私の腰にはスカートが丸まったまま。



そのままさらに激しく突かれて、私もいっぱい腰を振ったの。






彼の耳も夢中で舐めた。



彼が時々洩らす、「んんッ」って吐息がたまらなくセクシーで、もっともっと聞きたくて。



そしたら彼が、「ごめんっ」って言って、イっちゃったの。



私はベッドに倒れ込んだ。



彼は優しくキスしてくれたの。






その後、二人でお風呂に入ってベッドに寝転んで、イチャイチャしながら話をしてたの。



彼に腕枕されながら彼の体を触ったりしてたら、私がムラムラしてきちゃって(笑)



いつも、こんな感じなの。



最初は二人して雪崩れ込むって感じだけど、2回目は私からおねだりしちゃうの。



彼の全身にキスをしていった。



首筋は念入りに。



彼の吐息を聞きながら。






そんなことしてると私も感じてきて、私のアソコからはオツユが滴って、彼の体に雫が落ちちゃうの。



すっごく恥ずかしい・・・。



でも彼のアソコは連続で疲れたのか、全然元気にならないのね。



いっぱいフェラしても、胸で挟んでみてもだめ。



私は1回目はアソコがジンジンしてて不完全燃焼だったから、すごくしたいのに・・・。



柔らかいまま入れてみたりしたんだけど、やっぱりだめで。






そんな彼を見てるのはつらくて、「無理しないでいいよ」って言ったんだ。



彼は申し訳なさそうだったんだけど、「じゃあ」って感じで私のアソコを攻めてくれたの。



この時、私は彼に聞いてみたいことがあったの。






それは、『私にもGスポットがあるのか?』ってこと。






自分でどこなのかわからなくて・・・、中を触られても全部気持ちいいし。






それに私は、実は“イク”ってよくわからないんですよ。



自分でクリちゃん触っててイクってのはあるけど、ほんとの絶頂っていうのはなくて。



だから、もしかしたら私はGスポットがないのかな?なんて思ってて。






『Gスポットに触られたら、すぐにイッちゃう』ってよく言いますよね?



それで彼に、「ねえ・・・私って、Gスポットってあるの?」って思い切って聞いてみたんです。






そしたら彼がグッと指を入れてきて、「ここじゃないの?」って言ったのね。






私は感じてビクッとして、「そ、そうなの・・・?」って。






確かに気持ち良いの。



でも、すぐにイッちゃうってほどではない。



でもでも、やっぱりすごく気持ち良いの。






「いつもここを攻めてたよ」って言われて、「気持ちいい?」って聞かれて。






「ん・・・んん!あっ、きもち・・・いい・・・ッ」






ほとんど声になってないの。






「あんっ!ああっ!」って大声出しちゃって。






私の喘ぎ声も、彼のグチュグチュっていう指の音も、すごくエッチ。



明るい部屋の中で、ベッドの上で、彼にぐちゃぐちゃに掻き回されて、もうどうしようもなく感じて喘ぎっぱなし。






「あたしばっかり・・・こんな・・・恥ずかしいよぉ・・・」って顔を隠したら、「そんなことないよ」って、ますます激しく指を動かすの。






また、「気持ちいい?」って聞かれるけど、もう答えられない。



もう怖くなって、「だめえ!あぁん!やあ・・・もうダメぇ!」って、ようやくやめてもらったの。



彼は、「満足した?」って聞いてきて、私も大きく頷いた。






彼の嬉しそうな顔が可愛かった。