つい最近、私たちは13度目の結婚記念日を迎えました。



子供も手がかからなくなり、夫婦の時間を共有できるようになって来たため、今年の結婚記念日は、お互い仕事が終わり次第待ち合わせをし、予約したレストランに行こうと決めました。



私は18時に、妻は17時半頃に仕事も終わり、『待ち合わせ場所で待つ』という妻からのメールに胸弾ませ、車を走らせました。






「普段の通勤服でいいけど、スカートとパンストは穿いて来いよ、もちろん“あれ”もな」






朝、出かける前に妻にこう指示して出勤しました。



『あれ』とは、この日のために妻に買いに行かせた、とっておきのスケベなパンティです。



妻も新婚当初や結婚前の私とのデートを思い起こしているようで、とても艶っぽい表情で「わかってる」と頷く姿に今更ながらに心弾む自分がいました。



5分ほど遅れて待ち合わせ場所に着くと、妻が小走りで車に駆け寄りました。






「どう?普段の通勤服っぽけどちょっとオシャレな感じでしょ?」






正直、妻が5歳は若く見え、たまらず助手席の妻の脚を撫でまくってしまう私。






「もう、食事が先なんでしょ!」






妻も軽く私の手を払いながら上気したような表情で私を見ていました。



レストランまでの道々、信号待ちのたびに妻の脚を触り、普段ははかない妻のパンストの感触を楽しむ私のペニスはすでに勃起しており、いつ射精してもおかしくないくらいです。



約2時間ほど食事を堪能しましたが、私の頭の中はすでに妻とのセックスの事でいっぱいでした。






ホテルに行く前にある景勝地で夜景が見れると言うので、立ち寄る事に。



夜景を見ながら妻と語らううち、結婚前の自分にタイムスリップした思いで、妻を見つめていると妻も心得たもので・・・。






「したくなっちゃったんでしょ?フェラくらいなら車の中でしてあげるよ」






私たちは車を目立たない崖の下に移動させ、早速妻の口淫を楽しむことに。



車内に響く妻のペニスを咥える音に私はとても興奮し、右手は妻の頭を押さえ、左手でスカートを捲り、パンストに包まれた妻の尻を撫で回しました。






「お前、こんないやらしいパンティ買ってきたのか?」



「喜ぶかなと思って」






「これを一日穿いていたのか?」



「そうだよ、おかげで今日は一日エッチな気分よ」






ああ、可愛い妻だ。



こいつと一緒になってよかった。






そんな満ち足りた雰囲気に包まれた私が、何気なくフロントガラスから前方の崖を目にすると、崖の上から小石がコロコロと転がってきました。






(あれ?)と思い体勢を崩して上を見上げると、暗がりに何やら人影が浮かんでいました。



とっさに覗きだとわかりましたが、フェラチオをしている妻は気が付きません。



私はこれをいいことに妻のパンストを破き、パンティの股間部分を捲りあげました。



上からは恐らく妻の尻は丸見えでしょう。



場合によっては妻の陰毛やアナルやあそこまで・・・。






妻の秘部に指を入れ、掻き回すと妻も尻を左右に振り、それに応えています。



小石がさらに落ちてきました。



目を凝らすと人影の動きが激しいです。



たぶんオナニーをしているのでしょう。



それを見た瞬間、私は不覚にも射精してしまい、妻の口の中は精液にまみれました。






妻は不満そうにパンストを破いた事を責めましたが、私が一刻も早くセックスしたいと妻に言うと、「近くのラブホテルに行かないとしない!替えのパンストも買ってくれないとしてあげない!」と言われ、泣く泣くその場を離れることに。



ただ、私が破いたパンストと精液を拭ったティッシュは、デバガメさんのための置き土産として、その場に放置してきました。






またあの場所での絡みを妻に提案していますが、まだお互い日程が合いません。