ヤーさんの女(スナック勤め)を持ち帰りしたときは、自分の酔いと、ヤーさんの女とやってるという刺激でかなり燃えた。



中出ししちゃったから、怖くて最近は飲みに行けてない・・・。






5月の初旬、友達に飲みに誘われた俺は帰りのタクシーを拾おうと連れと某地方都市の表通りへ。






女「ねぇねぇ、お兄さん」






俺「はぁ?」






そこには見慣れないお水ドレスの小西真奈美似のお姉さんがべロンべロンに酔っていて、お水ドレスの肩紐がズレているのにニコニコとしながら話し掛けてきた。






友人「『◯◯』にいた娘じゃない?」






『◯◯』とは以前職場の飲み会で利用したスナックであり、友人の勤める会社の接待で利用した店である。






俺「あぁ~、なんでここにいるの?」






全く思い出していないし記憶にもないが、とりあえず会話繋ぎのために思い出したフリをしてみた。






女「あんたら若いお客さんだったから覚えてたよ(笑)」






俺「なんでここにいるの?」






女「あっちから引越してきて、今はこの近くに住んでいるよ」






しばらく立ち話をしているうちに、「今から家に飲みに来ない?」と彼女。



友人は用事があるというので俺1人で行くことに。



帰りのタクシーでは彼女のことについて当たり障りのない程度に質問攻め。



名前は麻美、23歳。



以前はショップ店員だったが、収入面などから現在はお水をしているらしい。






彼女の家に着き、途中で買った酒を飲みながら、店の話、生い立ち、お互いの恋バナなど様々な話をしてお互いの警戒心を解いていった。



除々にお互いのことを話し終えた頃には、久々の女の部屋ということもあり少々ムラムラ。



そんな俺を知ってか知らずか、彼女の次の言葉に驚いた。






女「実は私、結婚してるんだよ~。しかも相手は★。子供いないけど・・旦那は今、刑務所暮らしだかんね」






俺「窃盗とかって?」






女「違うよ。★人未遂。神奈川でやってね・・・。別れて普通の女になりたいわ」






それは今まで明るく強気な彼女が初めて見せた、しんみりとした顔だった。






そろそろ寝ようってことでお互い布団に入る。



酔いとムラムラ感が押し寄せてきて、背を向けていた彼女に少しイタズラ。



彼女は最初は笑っていたが、徐々にその気になってきた様子。






女「旦那がいない1年、ずっと我慢してたのにどうしてくれるの?」






俺「どうして欲しい?」






女「わかんない・・・」






俺はそのまま彼女を抱き締めてキスをした。



初めは麻美の出方を探るように軽いキス、麻美が舌の絡めてきたので一気に自分のペースに持ち込んでいった。



麻美は本当に1年ぶりらしく、舌を絡めながら時おり激しい吐息と甘い声を出していた。



部屋中に響き渡るキスをしながら麻美の部屋着を脱がすと、まだまだ幼い感じ胸(推定Bカップ)が可愛らしいピンクのブラに包まれていた。






完全にスイッチが入り、声をあげて感じる麻美の乳首を焦らすように舐め回しつつ、ピンクのパンティーに手をかけると・・・背中で大きな鯉が泳いでた・・・。



一瞬すくむが、勃起した息子と愛撫に乱れている彼女を見て継続を決心。






パンティーを脱がすと、麻美の秘部はぐっちょりと激しく濡れていた。



俺は麻美のクリを優しく撫でるように愛撫しつつ、背中の鯉を舐め回した。



背筋からくびれ、そして太ももと焦らすようにしつつ、右手はクリを優しく撫で回す。



麻美の喘ぎ声を聞いているうち・・・。






(★の女が乱れる姿をもっと見たい!)という欲望が渦巻いてきた。






俺は得意の手マンに全力を注ぐことにした。



クリを人差し指で弾くように愛撫する。



麻美の声のトーンの強弱を聞きながら大きくと小さくを繰り返していくうちに・・・。






麻美「イク、イク!」






1回目のエクスタシー。



グチョグチョに濡れた秘部は指3本がヌルッと入るほどだった。






次は中を攻めようと、ぐったりした麻美を自分の方にもたれさせてM字開脚。



指2本をゆっくりと麻美の秘部に入れ、まずは優しくピストン。



麻美の中はイボイボがみっしりとあり、(これが名器ってやつですか?)とか思いながら、まずはそこを激しく手マン。



麻美は時おり、「ウグッウグッ」と声にならない感じ方を始めた。



さらにGスポットを刺激していると・・・。






麻美「ウグッ、出る。なんか変な感じ。出そうだからやめて」






俺「出していいよ。一年も溜めた分を、まずは出してよ」






麻美「恥ずかしい」






俺「吹くのは初?なら、なおさら吹かしたい(笑)」






それから1~2分後、麻美は勢いよく潮を吹いた。



吹きながら叫んだ。






初潮に顔を赤らめていた麻美だったが、すぐにビンビンに反り立った俺のモノを握り・・・。






麻美「これ以上攻められたらヤバイ。私からも・・・」






今度は俺が麻美に体を委ねた。



俺が彼女の全身を舐め回したように、麻美も首筋から始まり、乳首、腰、背中と焦らすように、しかし右手は絶えず手コキを繰り返す。



もともと早濡気味の俺は、早くも先走り汁を垂らし始めた。






麻美「何か出てるんですけど?ビクビクしてる」






そう言って口に含むと、裏筋を舐めつつ、玉を手で優しくモミモミして奥までストローク。



麻美の喉の奥で俺のモノはさらに一段と反りあがった。



麻美のウゴッというむせ返る声を聞きながら仁王立ちスタイルに。



麻美は優しく、ときに激しく、音をジュルジュルと立てながら、髪をかき上げて俺に見せつけるようにカリ部を舌でチョロチョロと攻める。






俺「フェラ、仕込まれすぎ。俺もお前の舐めたいわ」






そこから69へ突入。



彼女の両乳首をコリコリと愛撫しながら、オッパイ同様にまだ幼さが残る彼女の秘部を舌で開く。



ピンポイントでクリを舐めつつ、アナルにもイタズラをしつつ、時おり麻美の必★なフェラ顔に満足しつつ、いじわるしてイラマチオ。






そしていよいよ挿入。






俺「久々なんだから上で乱れていいよ」






麻美は俺の反り立ったモノを自分の滴るほどに濡れた秘部に導いた。



麻美はその小さな体を大きく上下運動させ、若さのある粘り腰を見せてくれた。






彼女「アァ~、気持ちいい。◯◯も気持ちいい?」






俺も必★に彼女を突き上げた。



そこから対面座位になって、お互いに結合部を見ながら、お互いのこれまでのセックス経験をぶつけ合うかのように激しくピストンした。



ここで麻美が2度目のエクスタシー。






最後は正常位。



俺は麻美をマングリ返し状態まで腰を浮かし、彼女の秘部を突いた。



彼女は3度目のエクスタシーを迎える頃、俺も限界が近くなってきた。






俺「もうイキそうなんだけど」






麻美「いいよ。好きにイッていいから」






俺は、(今なら人生初の中出しができる)と思った。



俺はピストンをより速く、激しくして、彼女の中で果てた。



それはオナニーの何百倍気持ちよく、オナニーの何倍ものザーメンを麻美の中にぶちまけた。



彼女は余韻に浸りつつ、まだ収まらない2人の液で白く汚れた俺の息子を口に含んだ。



尿道口を舌でホジホジをして、皮の裏まで綺麗に掃除してくれた。






お掃除フェラの後、秘部から流れ出るザーメンを拭く麻美の背中で、鯉が活き活きと泳いでいた。



やはりそこにいるのは紛れもなく極道の女だった。






自分の中で、こんなに相性がいい女は初めてだったので、またやりたい衝動に襲われるが、極道の女に中出しして、その後が分からないので怖くて、それっきりです。



ちなみに連絡先は交換しなかった。



そのスナックに飲みに行けば会えるんだろうけど・・・。