【熟女体験談】黒い乳首がみえる、誘っている女性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場の営業所に、痩せ型美人の女性が配置転換で新しく入ってきました。

相当の美人女性です。

確かにグラマーではないが、竹久夢二の肖像画などによく出てくる、昔の八千草薫タイプの美人です。

勤務をし始めて3ヶ月が経ち、夏の季節になったら自然に女性は皆薄着の半袖服、夏服に替えてきます。

彼女もセンスある薄着の服を着ていました。 ところがある日、机に向かって事務をしている彼女と話をしていたら、上から乳房が丸見えでびっくりしました。。。

自分が上から見下ろして事務仕事をしている彼女を見るので、胸元が見えるのは当然です。

この時、実は乳首の先まで見えました。

だから自分は相当びっくりしました。

両乳首の先が真っ黒だったので、意外に感じました。

これが、処女特有のピンク色の乳首をもった豊満な胸だったら、自分も鼻血を出したり、揉んでみたーいと思ったり、クラーときたかもしれません。

黒い1cm大の乳首をもった貧乳タイプの乳房は、不潔に見えました。。。。

普通、乳房の上部は見える事はありますが、乳首の先まで見える事はありません。

これはわざとやっているのでは?と判断しました。

色々熟考しまして、実は彼女はブラジャーをしていない事が分かりました。

さらに、ジャコウ系の男を誘うような香水を、他人の鼻が痛くなるくらいの濃さでつけていました。

これは、男を誘って食べる淫乱系の女だなと感じました。

案の定、コンピューター室で一緒に仕事をする事があった時、2人だけになったらベターと体を擦り寄せてきました。

自分は、痩せ型美人には興味がなく、女の策略に嵌りたくなかったので、

「あ、ちょっとトイレに行ってくる」

などと言って席をうまく外して、2人だけにならぬようにしました。

そして1年も過ぎた頃、彼女の以前の職場での行状が伝わってきました。

忘年会ではその美貌を買われてお姫様役をやった事や、職場の人間をつまみぐいして放りだされた事などが。


コメント

タイトルとURLをコピーしました