スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】50代~60代の高齢熟デリを利用し、クンニしまくる男性のエロ話












私は五十路以上の

高齢熟女、老婆に欲情する変態サラリーマンです。



月に1~2回はラブホで

五十路、六十路以上が在籍する

高齢熟女デリを呼んで楽しみます。



50代~60代の女性の

脂と肉のついた弛んだ段腹や

豊満なBODYを好物としてます。



そしてそんな老婆の白髪交じりの

おまんこをペロリペロリと愛撫し、

クンニで逝ってもらうことに

最大の喜びを感じます。



最初は普通に風俗嬢にサービスして貰い、

途中から攻めに転じます。



舌と唇、そして指を駆使して

相手のウィークポイントを探し出し、

強弱を付けて責め立てると

ほぼ100%洪水を起こし絶頂します。

















































中には連続していきまくり

ビュービューと潮を吹かれる熟も多いですね。



高齢の女性の潮吹きというのは

独特の味、そして匂いがします。



そして、それがまた病みつきになるんです。



中毒といっても良いかもしれません。



私は、基盤有り無しの店にこだわらず、

大抵は熟から入れてと懇願してきます。



しかしすぐには入れず焦らしプレイ



時には半狂乱になるまで

舌、唇、指で責め立てます。



この頃になると自分が

お金で買われた売春婦だというのも忘れ、

私のテクニックで

快感の渦にドップリと浸かりだします。



何時も逝き、息も絶え絶えになった頃に

初めて入れます。



私のそれは長さは普通らしいです

が太さと硬さはあるようです。



 大量に潮を吹きまくり、

こなれた膣内はぬめり気が流れ去り、

サラッとした分泌液で根元まで

入れるとキシキシと軋むような感じです。



ユックリとピストンすると

摩擦の快感から皆直ぐに絶頂を迎えます。



舐めては入れ、

舐めては入れを繰り返します。



最後は腹の上に射精が基本ですが、

中には「奥で出して~」と叫び

最後の快感を求める熟も多いですね。



閉経しているだろうから

中出ししても大丈夫なのでしょうけど



責めることを生業とした女達も、

いつもと違った快感の渦で仕事を忘れ

一人の女になってしまう。



これが病みつきです。



風俗嬢とて生身の女。



一度知ってしまった快感の渦にはまってしまう嬢も。



いま3人の熟デリ嬢と外で

金銭のやり取りの無いセフレとして会ってます。



中にはお店で指名してホテルで会うけれど、

プレイ代、ホテル代とも嬢が

自腹で払うから週一で来て!

と言う56歳のデリ嬢もいます。



私としては初めて会う

熟デリ嬢を攻め立てて

快感にのたうち回らせるのが好きだが、

この嬢とは週一で会い、

後の2人とも月一位のペースでホテルで会っている。



私の性生活はかなり充実しています。





コメント

タイトルとURLをコピーしました