スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】他人棒が妻に入っているのを目前で見て興奮する変態夫












他人棒が妻に入っているのを目前で見て興奮する変態夫です。



私たちは岡山に住む夫婦で60を過ぎた妻に、元気な他人棒を経験させています。



先日ネットで知り合った年上好きの男性とお逢いしました。



年齢は妻の半分以下と若いです。



妻は若いということで少し抵抗が有ったようですが、



メールで待ち合わせ場所と時間を決めて、お逢いする事となりました。



当日確実にお会いできるように携帯電話番号も交換し、



先に着いた方から電話を掛けると決めました。



お互い決めた時間に行き無事逢うことが出来ました。



当日の予定はメールで打ち合わせしていたので車一台でホテルへ直行です。



妻は歳の差を気にしていましたが、



ホテルへ行く途中には他人棒を入れられる覚悟を決めた様です。

















































ベットでは色々愛撫され、男性が舐めるのが好きなので、



もう十分と言うほど舐められていました。



とても気持ちよく成った様で妻は自分から他人棒を求めました。



十分に濡れたところへ、とうとうマンコへ挿入されました。



今までに経験した中でも太い他人棒のようで、



最初は少しきついと言っていましたが、何度か出し入れされると



気持ちよくなったようで奥まで入れられていました。



そのうちに奥へいっぱい出して欲しいと言い、



男性は期待に応えるように、マンコの奥いっぱいに中で出してくれました。



出した後も直ぐには抜かずに出し入れしています。



白い液が出し入れに合わせて、妻のマンコから沢山流れ出てきます。



見ていてとても興奮しました、抜いた時に流れ出てくるのもすごかったです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました