俺の目の前で、妹が泣いている。






我が妹ながら、アイドル並に可愛いルックスと、グラビアアイドル並のダイナマイトボディの持ち主だ。



別に兄馬鹿じゃない。



俺の妹を見た男は必ず俺にこう言ってくる。






「お前の妹、つぼみちゃんだっけ?めちゃくちゃ可愛いな!今度紹介してくれよ!な、友達だろ?」






単なる顔見知り程度のヤツに言われると非常にウザいが、俺の妹がもの凄く可愛いいってことは理解してもらえるだろう。






当然、妹は小さい頃からモテモテだったが、奥手だったので、つい最近までは俺が恋人のような状態だった。



ああ・・・、あの頃は幸せだった・・・。



お風呂で背中を流してもらったり、手料理を食べさせてもらったり、いっしょに寝たいなんて言いだしたりして・・・。



そのギャルゲーみたいな妹キャラ的行動で、俺を幸せにしてくれていたんだ。






近親相姦はいけないっていう思いだけが俺の理性を支えていた。



俺が我慢してなきゃ、近親相姦になりそうなギリギリの状況だった、と思う。



しかし、一ヶ月前、ついに妹に初の彼氏が出来てしまった。






確かに、ヤツは格好いい。



性格も好青年だし、頭はいいし、モテるし、スポーツも万能・・・。



ケチのつけようのない彼氏だった。






俺は寂しかったけれども、「近親相姦を回避出来ただけ、良かったじゃないか」「これで妹も俺もまっとうな人生を送れる」「俺も早く彼女作らなくちゃなー・・・はははぁ・・・」などと自分に言いきかせていたんだ。






で、話は冒頭に戻る(前置きが長くてごめん)。






妹はなんと彼氏に「フェラチオが下手」だと言われたらしい。






「付き合って一ヶ月で、もうフェラチオまでいってんの!?」






俺の頭に岩が落ちてきたような衝撃が走った。



しかも、俺の可愛い可愛い妹に「フェラチオが下手」なんて言うとは、何様のつもりじゃい!



俺は奴を殴り蹴りボコボコにしてやる(とりあえずは文句を言う)為に、部屋を飛び出そうとした。



しかし、妹が足にしがみついてきて、引き止められた。






「お兄ちゃん、つぼみが悪いの。フェラチオなんて今までしたことなかったから、ちょっと噛んじゃって・・・、進くん、すごく痛がって・・・」






あー、そりゃ確かに痛い、男としちゃ大ダメージだ。






「フェラチオが下手」っていうレベルの話じゃねーし。






「だから、お兄ちゃん、つぼみにフェラチオ教えて?」



「!!??」






俺はつぼみの発言に、顎がはずれそうになった。






「だって、好きでもない人のおちんぽ、フェラチオ出来ないし。進くんは、フェラチオはもういいよって、させてくれないし」






いやいや、待て待て。



俺がフェラチオを教えたとして、ヤツにはなんて言うんだよ!?






「お兄ちゃんにフェラチオ教えてもらったから、大丈夫」ってか?






「ああ、お兄さんにフェラチオ習ったなら、大丈夫だね」なんて会話が成り立つとでも?






俺はめまいがしてきた。






「お兄ちゃんにフェラチオ教わったなんて、誰にも言わないから!つぼみとお兄ちゃんだけの秘密にするから!」






そして、つぼみはずっと泣き続けている。






俺はつぼみの涙に弱い。



泣けば俺がつぼみのお願いをきいてしまう事をつぼみは今までの経験上、よくわかっているのだ。






「あー、わかったから、もう泣くな。フェラチオを教えてやるけど、絶対誰にも言うなよ!」






俺はドアに鍵をかけ、下半身裸になった。






「まず、フェラチオ中はちんぽ絶対噛むなよ。つぼみみたいな初心者は、歯を使うの禁止だから!」



「はあーい!絶対使いませーん」






つぼみは目をキラキラさせて、俺の顔を見つめている。



ちくしょう、可愛いな。



半勃ち状態のちんぽを自分の手で軽くしごいて、勃起させる。






「わー。お兄ちゃんのおちんぽ、進くんのより、おっきいね!」






ほほぅ、俺の方が大きいのか。



俺はちょっと、いや、かなり嬉しかった。






「それで、ちんぽのここが亀頭で、かなり敏感だ」






亀頭を指でなぞりながら、俺は解説する。






「カリ首のところも、舌でなぞられると気持ちいい」






指でカリ首をぐるっと一周なぞる。






「あとは、裏筋が気持ちいいかな。これは誰でもいっしょだ」






「フェラチオって、おちんぽの敏感なところを舐めたり、しゃぶったりしたらいいの?」



「そうだけど、玉袋を舐めたり、優しく揉んだり、ここをくすぐるのも気持ちがいいんだ」






俺はアリの門渡りを指でなぞった。






「わかった!じゃ、舐めてもいい?」






つぼみは、あーんと口を開けた。






(いや、実際にフェラチオしてくれなくてもいいんじゃないか?)という理性の声は、つぼみのフェラチオの気持ちよさにかき消された。






温かくてぬるぬるしているつぼみの口内は信じられないほど、気持ちがいい。



亀頭をすっぽりと口の中にしゃぶられ、さらにサオまで飲み込まれていく・・・。



喉の奥に亀頭の先っちょがついたところで、苦しくなったらしいつぼみは俺のちんぽを口から出した。






「はあはあっ。お兄ちゃん、気持ちいい?」



「ああ・・・。でも、もういいだろ?」






「やだぁ!射精するまでフェラチオしないと、よくわかんないよ」






つぼみの舌はちろちろと俺のちんぽのサオ、亀頭、カリ首を舐めた。



つぼみの指も優しく撫でるように、俺のちんぽをしごいている。






「つぼみ・・・なんか、めちゃくちゃフェラチオ、上手いんじゃないか?」



「えへへ、バレちゃった。つぼみ、ずっとネットとかで、フェラチオのお勉強してたんだ」






ちゅぷっくちゅっと、涎まみれになった俺のちんぽを手で軽くしごきながら、つぼみが微笑む。






「だって、お兄ちゃん、いくら誘っても、つぼみとエッチなこと、してくれないんだもん」



「彼氏としたらいいだろ!?」






つぼみは涎と先走りでつやつやと光っている唇をぺろりと舐めた。






「彼氏なんて、ウソ♪フェラチオだって、今日がはじめて。だって、つぼみが好きなのはお兄ちゃんだけだもん。他の男のおちんぽなんて、フェラチオできないよ・・・」






つぼみはうっとりした顔で、フェラチオを再開した。






俺は妹にハメられたらしい。



フェラチオからセックスまでいってしまうのも、そう先のことではないだろう。






(近親相姦・・・)






フェラチオの快感で甘く痺れている俺のアタマは、「それもいいじゃん」と考えていた。