スポンサーリンク
スポンサーリンク

【熟女体験談】未亡人な超爆乳の叔母との童貞喪失セックス体験談












血のつながる超爆乳の叔母はアラフィフ、49歳。



ちなみに私は恥ずかしながら27歳で童貞です。



で、叔母は世間で言う豊満おばちゃん、恐らくおっぱいは100cmはあるでしょう。



身長は170cmはあろうかと思います。



叔母のつれ合いである叔父は早くに亡くなっています。



6月ぐらいだったかな?、用事で叔母宅に行った時の事です。



叔母は畑の方で仕事をしてました。



「もうちょっとで終わるからちょっと待ってて~」



って言われて仕事しながらたわいもない会話しながら待ってました。



ピチピチのジャージ姿で屈んで仕事してる叔母の姿。



ムチムチのお尻と動くたびにダクンダクンと揺れるおっぱい・・・。



いつの間にかすっかり目を奪われて股間が勃起してしまってました。



小雨もぱらついてきてしまい、私も畑仕事を手伝ってようやく終わった頃には私も雨ですっかり濡れてしまいました。



「ごめんね~。風邪引くからお風呂入って着替えてってね」



とは言われましたが、叔母もびっしょり濡れてる様子。

















































「叔母さん、先入っていいよ。俺、大丈夫だから」



「いいから!風邪引かせたら悪いから先入ってよ」



と問答が続いてきりがなくなったので、思い切って



「じゃ、じゃあ、、一緒に入っちゃいましょうか?」



言いました。



内心はかなりドキドキしました。



案の定



「え!?・・・」



とかなり困惑の顔されてしまいました。



普段ならこんな事は言わない私でしたが、さっきの叔母の体見たら変に興奮してて・・・



「いや、あの・・・、このままじゃ、2人とも風邪引いちゃいそうで」



と慌てて言い訳しました。



「・・・そ、それもそうだけど・・・」



「背中でも流しますよ。こんな機会ないですからね。ははは」



「ん~・・・、じゃあ、そうしようか?」



ってな感じでお風呂に一緒に入る事になりました。



服を脱いだら勃起してる事をすっかり忘れててヤバと思いタオルで股間を隠して何とかなごまして入りました。



幸い、風呂場は湯気が立ちのぼってて半勃起はばれなかったようです。



「な、何だか恥かしいね~。一緒に風呂なんて・・・」



タオルで隠してるものの白いふくよかな豊満さはうかがえます。



だんだん股間が勃起してしまいもう完璧な肉棒と化してきました。



うまく湯船につかるか背中を向けていればいいやと思いそのまま叔母の背中を堪能してました。



「叔母さん肌すべすべだね」



「な、何言ってるの?叔母さんの事、からかうんじゃないよ」



とは言うもののうれしそうな様子でした。



「いや、本当だよ。肌きれいだって!」



「そ、そうかい?でも太っちゃってるし胸もたれて腹も出ちゃってるから女終わってるかな~」



「じゃあ、背中流しますよ」



「本当に?じゃあ、お願いしようかな・・・」



そう言って正面を向いた叔母の姿。



胸はタオルで隠しても、凄い爆乳具合にびっくりしてしまいました。



濡れてるタオルからうっすら透けて見える乳房の形・・・。



CD並の乳輪に茶色の乳首、ぼってりとしたお腹・・・。



「ちょ、ちょっと何処見てるのよ・・・」



「あ、ご、ごめんなさい」



「あ、あんた何これ?ど、どうゆうこと!?」



その時叔母の目の前に勃起したびんびんな肉棒が・・・。



「え?あ、これ?生理現象~」



私も開き直ってしまい取り繕って笑って言い訳しました。



「ちょっとぉ、何考えてるの!?」



「あ、いや、ごめんなさい。女の人の裸見るの初めてだったから」



「何?本当なの?あんたその歳で?」



「う、う~ん。恥かしい話・・・だから叔母さんの裸見たらつい・・・」



そのまま二人とも場の悪い空気の中で背中を無言で流し続けていました。



ふくよかな豊満な背中、後ろからチラチラ見える胸、お腹。



なんか心臓がものずごくバクバクしてきて体中が熱くなってきました。



叔母の背中も流し終わろうとした頃、



「ね、ねぇ。こ、今度はあたしが背中流してあげようか?」



「え!?」



まさかの展開にちょっとびっくりしましたが、ここはと思い



「じゃあ」



とお願いしました。



背中を洗ってもらった後に



「両手上げて。ほら、ちゃんと洗うから」



私は無言で両手を上げました。



「え!?うっ」



背中には生暖かい感触。



後ろから抱きつくようにゆっくりとわきの下を洗われました。



「ちょ、ちょっと叔母さん!?」



「・・・お母さんに内緒にしてるのよ」



と言うとさっきから天井に向いてたびんびんな肉棒をグッと握ってきました。



石鹸をつけてイヤらしくなでるように、玉袋もゴリゴリ揉んできました。



「お、叔母さん、叔母さん~!?」



叔母さんに抱きついて無意識にキスをしていました。



お互い何も言わずにンハ~、ンハ~舌を入れあい舌でお互い口の中をグチョグチョに掻き回してました。



ビュッビュッビュッ~~~!、あっという間にイってしまいました。



その快感に私の体全体が痙攣していました。



「ず、ずいぶんいっぱい出たわね」



「叔母さん、気持ち良かった・・・」



「二人の秘密が出来ちゃったね。どうしようか?」



「よくわかんないけど叔母さんにすごく興奮しちゃったんだ」



「あんた私みたいな年増が良いの?」



「この体がたまらないんだよ~。ああ~気持ちいいよ~」



豊満な体に抱きつき床に倒しました。



叔母はびっくりしていましたがすぐに体を高ぶらせあいました。



手は大きな胸に行き思いっきり揉んでいました。



両手ではあまる程の爆乳、大きな乳首を指でゴリゴリ触り初めました。



「ん、んん~~」



「はぁ、はぁ、はぁ」



お互いのくぐもったようなエロボイスしかし、ここで叔母の



「ね、ねぇ、お願い・・・セックスだけはしないで」



「え!?」



「や、やっぱりね、甥とはそこまで出来ないのよ。そ、それにこんなたるんだ体で恥かしい・・・」



「この豊満さがたまらないんだよ。このお腹も気持ちいいいし・・・」



でもやっぱり叔母は拒否してどうしても許してはくれませんでした。



このままやってしまえばとも思いましたが私は童貞・・・。



正直、ここからどうしていいか分かりませんでした。



情けない・・・。



それじゃと思い、思い切って



「じゃ、じゃあ、叔母さんのあそこ見せてもらえない?見てみたいんだよ。見た事ないから・・・、ダメかな?」



「・・・」



叔母は無言で湯船のふちに座り両手を反対のふちについて足を広げました。



ムチムチした両足をグイッと思いっきり開脚させました。



初めて見るおまんこ、毛が大陰唇、肛門の周りまで黒々していて興奮しました。



小陰唇は小さめですが全体的に黒っぽくて中は見事なサーモンピンクでした。



「あ、あんまり見ないで・・・。汚いから、ね」



と言う叔母を無視して何分もジッと見ていました。



「ねぇ、いじってもいい?」



と言い終わる前におまんこに指を入れて掻き回しました。



グチョグチョグチョ



「くっ、あ~~~~~かぁ~~うっ・・」



叔母は丸い体を痙攣させ体を硬直させました。



「すごいよ!溢れてるよ、おまんこが!いっぱい、いっぱいビチャビチャ出ちゃってるよ。叔母さんのおまんこ甥の俺に見られてるよ~」



「あ~~だめ、そんな事言っちゃダメ!ああ~!」



それから両手でおまんこを開いて奥まで存分に見てから口を大きく開けて叔母のおまんこにがぶりつきました。



「あ、あ~~~いや~~あ~~いい~~あん~~ん、ん~~」



すごい叔母が興奮した声であえぎます。



夢中でがぶりつきました。



グジュ、グジュ、グジュグジュ、ジュル、ジュルジュル・・・。



舌を尖らせ膣の中に思いっきり入れ、鼻の頭がクリトリスをこすりあげるぐらい舐めました。



「ああ~~もう少し~あぁ、もっと、いい、は、はぁ~~~」



今度は舌をぐりぐりと膣の中に入れながら円を書くように舐めました。



「ああ~~もうだめ~~いくぅ~~いっちゃうぅ~~」



豊満な体が腰を浮かせて痙攣をはじめています。



少ししてから叔母が起きあがり突然パクっとしゃぶりつきました。



ジュボジュボジョボジュ亀頭のカリ首周りを舌で回転させながら上下にジュボジュボ・・・。



あの叔母が目の前で肉棒をすごい勢いでしゃぶっている!という光景が快感を恍惚させていきました。



ジュボジュボジュリュジュリュジュボジュボ・・・・。



「すごい、ああ~、すごくきもちいいよ~」



「ま、まだよ、ここも舐めてあげる」



叔母は私を仰向けにしてお尻の穴まで舐めてきました。



ゆっくり円を書くように周りからなぶってきます。



同時に肉棒をクチュクチュクチュとしごき始めます。



初めて味わうものすごい快感が私の気持ちを押し上げてました。



膝がガクガク、体がブルルッと震えていってしまいました。



ビュッ、ビュッ、ビュッビュッ~・・・。



ビクン、ビクンと何度も精子が放たれます。



「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ~」



「に、2回目なのにすごい出たわよ、濃いのが・・・。うふふ」



と言ましたが私の頭の中は真っ白でした。



「叔母さんの体最高だよ。もっと、もっとしたい・・・」



両足首をつかんで思いっきり開脚しどっぷりした腹と胸を堪能し、豊満な体をくまなくすべて舐めて舐めて舐め尽くしました。



「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」



私は狂ったようにおまんこをべろべろ音を立てて愛液を飲みながら舐めあげました。



お風呂の熱気か?汗か?唾液か?それともお互いの液体のせいなのか?私も叔母も体中ベトベトです。



「叔母さん最高だよ。おいしいよ。おいしいよ~。ああ~」



顔中に叔母の愛液が陰毛によってからんできます。



おまんこの臭い匂いがたまらない感じでした。



「叔母さん、入れたいよ。叔母さんの中に入れたいんだよー」



「あ~、お、お願い、それだけは・・・。でも・・・」



「もうお互いこんな恥ずかしい事しちゃったじゃない?お願いだから」



「ほ、本当はいけないのよ。こんな所に入れちゃいけないんだから・・・。と、特別・・・だからね。でも、絶対中にだけは出しちゃだめよ。いい?」



「う、うん。分かってるよ。赤ちゃん出来たら大変だもんね」



「あんたの初めての女が叔母ちゃんなんていいのかね?こんな太った叔母ちゃんでいいの?」



「何言ってるの?それがいいんじゃないの」



と言うと仰向けに寝た私の肉棒を握ってM字型開脚した所にあてがう叔母。



「いい?入れるわよ?」



ズブ、ズブッ・・・。



(あ、あったかい・・・。)が私の第一印象。



「あ~~、入ったよ。は、入っちゃったよ・・・」



「ああ~~ああ~ああ~~」



「はぁ、はぁ、はぁ。ど、どうだい?叔母さんの中は?」



「あ、暖かっくて、き、気持ちいいよ」



「うふふ。じゃあ、いくよ!叔母さんも気持ち良くなんなきゃねぇ」



と言うとM字型に開脚した足でスクワットするような腰使い。



ゆっくりと、ズププッ~、ズポポポッ、ズププッ~、ズポポポッ~・・・。



「ああ~~いい~~だめ~~ああ~~~もうだめ~~」



ものすごい快感が私の肉棒に絡んできました。



重量感ある叔母がドスン、ドスンと私の上で暴れ始めました。



叔母の大きな胸とお腹が私の上で大きく大きく揺れています。



べちゃべちゃべちゃべちゃべちゃ・・・。



快楽の渦に入って溶けてしまいそうでした。



「叔母さん、こんな事しちゃいけないんだよね?ほら、良いの?赤ちゃんを作る行為なんだよ。いいの?」



叔母にセックスしている背徳感と味あわせようと意地悪してみました。



「あ~、そ、それは言わないでぇ~、あ~、恥かしい~、ヒィ~」



しばらくすると攻守交替。



「さ、さあ、今度はあんたがやってみてちょうだい」



叔母に誘導されてヒクヒクしてるおまんこ目がけてゆっくり挿入しました。



ズプズプ・・・。



「入ったよ、叔母さん、これで一つになったよ」



「ああ~、入ってるぅ~、入っちゃった~」



「叔母さん、叔母さん、おまんこ気持ちいいよ~、ねぇ?」



「あぁ~、だめ~、いい、いい、あぁ~、ふぅ、はぁ、もっと早くぅ~!」



「叔母さん!叔母さん!はぁ、はぁ!はぁ!」



叔母の両膝を両腕で広げて押して肉棒の出し入れを早くしました。



ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃぱちゃ



「叔母さん、叔母さん、俺もういきそうだよ。叔母さん!」



「いっちゃう、いっちゃう、いいよ!いっちゃうよ~。ぐがぁ~!」



「出ちゃうよ。もう少しで、ねえ、出ちゃうよー!」



「出して~、全部出して~、ぐはぅ~!」



叔母も私もも既に快楽の世界にいってました。



「ああ~、いくぅ~!叔母さん、いくぅ~!出る~~!!!」



「ああ~~~!いいぃ~~~!!く、くるよぉ~~~!!!」



でっぷりとした豊満な体が突然反り返り硬直が始まりました・・・。



「はぁ~~、がぁ~~、ん~~、ぐぅ~~」



少しして私も



「お、叔母さん~~!!う~~~、ああ~~~・・・。」



ビビュビビュビビュ~~・・・ものすごい精子の量が叔母の豊満なお腹の上に放たれました。



ものすごい快感が私に流れました。



そのまま叔母にかぶさりしばらくグタッとしてしまいました。



数分後、僕が起きあがると叔母がなでるようにちんぽを触ってくれました。



いきなり現実に戻った気がしてあせっていたら



「き、気持ち良かった。叔母さんも久しぶりだったからねぇ・・・」



って言ってもらって少しほっとしました。



背徳感の為の興奮のせいか、この行為はものすごく燃えたらしいです。



叔母とはこの後、月に2~3回する仲になりました。



未だにやってる時はこの時が1番燃えたねと、2人で言い合っています。



ずいぶんと長くなりましたがこんな感じで終わりです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました