俺は31歳、独身、アパートで一人暮らし。

夏の夜中、玄関の方からバタンドタンという物音で目を覚ました。
何かと思って見に行くと、見知らぬ熟女が玄関で寝ていた。
近くに寄ると、やたら酒臭い。
時々部屋の鍵を掛け忘れていたから、酔っぱらいが間違って入ってきたんだろうと察しがついた。

声をかけて肩を揺すっても、熟女は目を覚まさない・・・。
どうしたものかと見ていると、結構いい身体した美熟女。
年は40歳くらいか?
彼女と半月ほどエッチしてなかったから、女を見るだけで勃起してしまった。

どうせ爆睡しているのだからと、とりあえずワンピースの裾を持ち上げて中を覗いてみる。
光沢のあるピンクのパンティだった。
横向きだったから大きなお尻が際立って見えた。
生尻を見たくなり、とりあえず露出させやすい上になっている方のパンティを腰の方に寄せて半Tバック状態にしてみる。
白い尻肉はつきたての餅のようだ。
しばらく撫で回したり、匂いを嗅いだりした。
その間、女は全く無反応。

マンコに触りたいけど、両腿が重なっているため、そのままでは無理。
パンティを元に戻し、ちょっと危険だが、横向きから仰向けにさせた。
起きる様子がないのを確認したところで、再度ワンピースを捲り上げた。
土手はそこそこ盛っているが、毛は透けていない。
土手を手のひらで包み込みながら指は割れ目に。
じっくりと擦りつける。
なんとなく熱を帯びてきたようだ。

マンコから一旦手を離して、次のターゲットに向かう。
すなわちオッパイだ。
幸いなことにワンピースは首元から臍辺りまでのファスナーだった。
ジ~という音が、やけに大きく聞こえる。
前を開くと、パンティとお揃いのブラが露出する。
さらに幸いなことに、ストラップがないハーフカップ。
ブラを脱がす手間が省けるってもんだ。
上にずらせばいいだけだから。

なかなかボリュームのある乳肉の先端には、薄いアズキ色の乳輪。
その真ん中にあるのは、可愛らしい突起。

両手でゆっくり、下から上へ揉み上げる。
抜群の弾力。
乳首を指で転がすと芯が通ってきた。
さらに舌で転がし続けると、ビクンと初めての反応。
目を覚ます前に、ひと通りはちょっとでもやっておきたい。

視線をパンティに戻すと、薄っすら染みが浮かんでいる。
剥ぎ取ると後が面倒なので、クロッチを横にずらすことにした。
目の前には少しだけ色素が沈着したアワビが開き気味で、俺を誘っているかのようだった。
陰毛は濃くもなく薄くもないが、綺麗に処理されている。
全体的にこぢんまりした印象。

指で開くと中はやはり潤っていた。
あまり激しくならないように、指や舌で愛撫する。
時折ビクンとなり、声も出すようになってきたので、感じてるのは間違いなさそうだ。
それでは急がなくてはならない。
女が目覚める前に突入を・・・。

俺は下だけ脱ぐと、慎重に脚をM字に折り曲げ、さっきのようにクロッチをずらし、ゆっくりと入っていった。
まだ濡れ方も不十分だが、これなら抜き挿しに問題はないだろう。
本当はMAXで腰を振って叩きつけたいところだが、それは危険すぎる。
体重をかけないようにスローなストローク。
そしてあまり奥を突きすぎないように、チンポの根元には若干の余裕を残して抽送を繰り返した。

女の息遣いが徐々に乱れてきている。
愛液も随分増したようだ。
俺自身もそろそろ限界が近い。
白濁液も外に出たがって暴れ始めていた。
亀頭がググっと膨張。
我慢できる限界まであと僅か。
さらに膨張。

(もうダメ!)という最後の最後で5、6回の猛烈ピストン。

理性を振り絞って美熟女から離れて、床に撒き散らした。

★にそうなほど気持ちいいって、こういうことなのか。
美熟女はといえば、俺に犯されたことも知らずに、いまだに淫夢の中にいるようだ。
(もう1発!)とも思ったが、これ以上のリスクは負うこともなかろう。
女の衣服を元に戻すと、床に飛び散った精液を拭きながら、たった今までの快感を噛みしめていた。

それから30分くらいしてから、多少強引に美熟女を叩き起こして帰ってもらった。
ほんとに夢のようなエッチ体験でした。