スポンサーリンク
スポンサーリンク

明るい部屋で38歳女盛りの肉体を隅々まで見せてくれる


















208:うさちゃんねる@まとめ 2020/02/08(土) 00:00:00





バーで知り合ったバツイチ38歳の女性とラインのやり取りをするようになり、さみしいという彼女を気晴らしにドライブに誘ったら、間違いが起きてしまった。



家内や娘たちに申し訳ない気持ちになるが、昨年から肉体関係がずるずる続いてしまっている。



これは弁解のしようもない不貞行為だ。





38歳ともなると世間的には熟女の範疇だが私や家内よりはずっと若いので、彼女とのセックスはとても興奮する。



家内とする時とは勃ちがまるで違う。



家内と違って彼女はセックスの際に全裸を見せるのを恥ずかしがらない。



明るい部屋で38歳女盛りの肉体を隅々まで見せてくれる。



むしろ恥ずかしい部分を積極的に見せつけてきて、興奮している節がある。



私に乳首やクリト〇スを舐めさせるだけでは飽き足らず、アナルまで舐めさせることを好む。



特にアナルを舐めながら唇を当ててバキュームするように吸うと「気持ちよすぎてう〇ち漏れちゃいそう」と下品な喜び方をする。



本当に脱〇してしまったことこそないものの、快感で緩んだらしく軽く小〇を漏らしたことなら一度だけあった。



そこまでアナルで感じるなら、アナルセックスを試してみてはどうかと提案してみたが「出す穴に入れるのは」と及び腰。



確かに諸々のリスクを考えれば簡単に出来ることではないか。



男に生まれたからには一度は入れてみたくなる穴なのだが。



先週末のセックスでは、アナル舐めの快感を存分に楽しんだ彼女は、淫汁が滴るほどに濡れそぼったマ〇コで私のチ〇ポをずっぷり飲み込んで、いわゆる杭打ち騎乗位を披露してくれた。



彼女の話だとAV女優がコツを教える動画を参考にしたそうで、強い締りを感じて具合がいいし視覚的にも下品で興奮させてくれる。



激しくバックから突いている時のようにチ〇ポの抜き挿しがダイナミックで、初めて騎乗位で逝かされてしまった。



彼女のセックステクニックは日に日に向上している。



知り合ったばかりの頃の陰のある雰囲気はすっかり鳴りを潜め、私とのセックスを開けっ広げに楽しんでいる。



明るく下品でスカッとするようなセックスは、性欲だけでなくストレスの解消にもなるのである。



見違えるように素敵になった彼女は、いずれ誰かと再婚するのではないかと思う。



事実、今年に入ってからそんな言葉を仄めかすようになってきた。



その時は邪魔な妻帯者は潔く身を引き、彼女を遠くから祝福してやるつもりだ。







        


コメント

タイトルとURLをコピーしました