スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代の女性でも生セックスの誘惑には勝てないんですね


















142:うさちゃんねる@まとめ 2020/01/17(金) 00:00:00





中〇生のお子さんがいるパートの41歳シンママさんと付き合っています。



彼女の名前はここではAさんとします。



俺は27歳なので年の差が結構ありますが、Aさんはセックスの時は俺に甘えてきて、とても可愛くなります。



仕事に家事にお子さんの世話に親の介護まであったら気が休まる暇がありませんから、癒しを求めているんでしょうね。





Aさんは俺とセックスの予定が入ると目に見えて機嫌が良くなって、張り切って仕事をしてくれます。



そしてラブホに向かう途中の車内で「あなたといる時が一番幸せなの」と言って手を繋いできます。



ラブラブな雰囲気のままラブホに到着、仲良く部屋を選んで室内に入ったらキスの嵐。



Aさんの気が済むまで唾液を交換します。



「シャワー浴びてくるから待ってて」



Aさんがバスルームに向かうと俺はチ〇ポを出して時間を潰します。



しばらくすると彼女は裸で戻ってきて俺の前に跪き、汚いチ〇ポを隅々まで舐めて洗ってくれます。



口をすぼめてバキュームしてくれるので、ここで気を抜くと射精しそうになります。



「私のもして」



Aさんがベッドに上がって股を開くと、お風呂で綺麗にしたオマ〇コはお汁で潤っています。



手マンすると呼吸が荒くなり、黒々とした陰毛をよけてクリを軽く吸うようにクンニしてあげると「イクッ!」と言ってお尻の肉を震わせ絶頂に達します。



Aさんとセックスする時は必ず安全日を選ぶので、コンドームは使いません。



確実に避妊したいなら使うべきだと思いますが、俺もAさんも生の快感が欲しくてそのまま挿入してしまいます。



40代の女性でも生セックスの誘惑には勝てないんですね。



正常位で挿入してもバックで挿入しても、最終的にはいつも対面座位になります。



ぎゅっとしてあげながら腰を揺らすと、Aさんは幸福感に満たされた表情で「愛してるっ!」と何度も言ってキスしてきます。



そうしながら中出しするともう最高に気持ちいいんです。



中出ししてから余韻を味わっていたらまた勃起してしまって、そのまま2回戦が始まってしまうこともあります。



Aさんは本心では俺と結婚したがっているようですが、そういう言葉は決して口に出しません。



きっと関係が壊れてしまうことを恐れているんでしょうね。



結婚の話は置いておくとして、彼女が俺とのセックスを求める限りそれに応えてあげたいと思っています。







        


コメント

タイトルとURLをコピーしました