スポンサーリンク
スポンサーリンク

でも、初めてなのにこんなおばちゃんでいいの?


















1147:うさちゃんねる@まとめ 2020/12/17(木) 00:00:00





諸事情あって腕を骨折して日常生活がままならないので、ヘルパーさんに来てもらうことにした。



どんな人が来るんだろうとドキドキしていたら、セクシーな垂れ目でちょっとポッチャリしたおばさんだった。



年齢は俺の倍以上の40代前半。



そつなく仕事をこなしてくれるが何となくエロそうな雰囲気を醸しているせいでうちの母からの評価は低かったが、俺的にはかなり好印象。



仕草の一つ一つから同年代の女にはない大人の魅力を感じる。





なので、いつも帰りが遅い母には内緒でヘルパーさんにはくつろいでもらい、リビングで一緒にドラマを見たりして地道に好感度を稼いでいたら、俺のチ〇チ〇の世話までしてくれるようになった。



冗談っぽく、ヘルパーさんがいるせいでなかなかオナニーできないみたいなことを言ったら、これは仕事じゃないからと前置きして手コキで射精させてくれた。



実を言うと他人に擦られたのは初めてだったのでめちゃくちゃ気持ち良かった。



それからしばらく手コキで抜いてもらう幸せな日々が続いて、ギプスを外す日が目前に迫った先週の金曜日。



母には絶対内緒でお祝い代わりに1回だけハメさせてもらった。



「でも、初めてなのにこんなおばちゃんでいいの?」と何度も聞かれたけど、俺が熱い思いの丈をぶつけると下着を脱いでくれた。



ギプスをしている関係で俺は基本的にベッドに寝たまま。



母が万が一早く帰宅してきても問題ないように、ヘルパーさんはスカートをはいたまま(この日だけはスカートで来てくれた)。



視覚的な刺激は少ないが、それでも俺のチ〇チ〇はギンギン。



そんな勃起チ〇コに初めてコンドームが被せられる。



興奮しすぎてそれだけで射精してしまいそうだった。



前戯するにも手が不自由じゃやりにくいだろうということで、ヘルパーさんはマ〇コにゼリーみたいなのを塗って、すぐに俺に跨ってきた。



なるべく手間を省いて俺を気持ちよくすることだけ考えてくれたんだろうけど、本当にいきなりだったから心の準備が…。



せめておっぱいぐらい吸わせてほしかった。



しかも挿入部がスカートで隠れて見えないんだが?



いつ入るかわからず俺のドキドキが最高潮に達しようとする中、チ〇コがにゅるんと温かい肉に包まれた。



入った!……のか?



確かに気持ちいいけど今までマ〇コに入れた経験がないからよくわからない。



それにヘルパーさんがムッチリしたお尻を軽く振っただけで俺はビュルルルルッと即射精してしまったので、一生に一度の初体験が30秒ぐらいで終わってしまった。



早すぎてさすがに気まずい。



「1回だけ」と何度も言われていたからもう一度ハメさせてと言うこともできず、ヘルパーさんはさっさとティッシュで股間を拭いてお仕事モードに戻ってしまった。



そして、この日がヘルパーさんとの契約最終日だった。



無事にギプスが取れ、それに伴いヘルパーさんと会うこともなくなった今になって思うと…あれは本当にセックスだったんだろうか?



もしかすると俺は素股で誤魔化されただけだったのかもしれない。



そうだったとしても射精させてもらったんだから贅沢を言ったらバチが当たりそうだけど、本音を言えばもっとちゃんとセックスしたかった。



こうなったら頑張って彼女を作るしかないか。







        


コメント

タイトルとURLをコピーしました