スポンサーリンク
スポンサーリンク

母親のむちむちボディを使った泡踊りとパイズリを堪能


















1700:うさちゃんねる@まとめ 2021/06/19(土) 12:00:00





今から〇年前、中〇の頃は年上にモテたから3年の不良の先輩らとハメまくってた。



3Pしたこともあった。



しかもゴムなし。



我ながらヤバい橋渡ってたな。



ある先輩をハメ倒した時に母親がソープ嬢やってるって話を聞いて、チ〇ポ脳だった俺はプロとハメたくなり会わせてってお願いした。



「じゃ、ウチ来なよ。あの人カレシ横取りするの好きだからたぶんヤれるよ。」



それ聞いた時、そんな親だからこんな娘になったんだなぁって思ったのは内緒。





その週の土曜日。



家に遊びに行くと打ち合わせ通り先輩は留守で母親が出てきた。



40代のはずなのに娘に似てて結構かわいい顔してる。



むちむちしてるし熟女ソープでこの人が出てきたら大当たりって容姿。



当時の俺からしてみれば(ってか今も)40代はババアだったが、この人とハメっこしてぇって本能的に思ったな。



「今あの子ちょっと出かけてるの。帰ってくるまでウチで待ってたら?」



母親にこう言われるのも想定済み。



先輩によると食べたい男が来た時だけ家に入れてくれるらしい。



そういう意味で俺は合格だったわけ。



リビングで母親は俺に「カレシ?」「もうヤったの?」とか図々しく聞いてきたけど、あえて童貞だと言った。



それも先輩からのアドバイスで、ピュアなチェリーを演じた方が受けがいいと言われたからそうした。



そしたらマジで「キミかわいいね」「なんか教えてあげたくなっちゃうなぁ」って母親はエロモード突入。



「おばちゃんがオトナにしてあげよっか?」なんて今思い出しても勃起物のセリフが飛び出して、してくださいとストレートにお願いした。



俺は母親に風呂場に連れて行かれ、すぐ全裸にされた。



さすがプロだけあって脱がし慣れてる。



母親もパパッと脱いだらすっげー体。



それまでの俺がハメた女は年上って言っても中〇生だったから、いくら大人っぽく見えてもたかが知れてたけど、熟れた女の裸は迫力が違ったな。



巨乳がエロい垂れ方しててケツも丸々してて、それとは対照的に下の毛の面積は小さく処理されてたのが記憶に残ってる。



俺のチ〇ポはヘソまで反り返っちゃって「元気元気」って母親に撫でられるとゾクゾクした。



風呂場に入るとなんか普通にソープマットとローションが置いてあった。



必然的に母親とマットプレイでハメることに。



使うローションの量はソープより少なかったが、いやー気持ちよかったわ。



不良ぶってても経験人数1桁の先輩らとは女としてのレベルが違うわけ。



俺は母親のむちむちボディを使った泡踊りとパイズリを堪能しアナル舐めまでされてハメる前にぴゅっぴゅした。



でも中〇の頃は回復力が凄かったから3分経たずに再勃起。



「すごい。もうカチカチ」って母親も喜んで素股からスムーズに騎乗位挿入グラインド。



「あー入っちゃった。これで今日からオトナだね」って言われたけど、俺はほぼマグロで何もしてないからオトナになった感ゼロだったんだが。



ソープで脱童したやつってこんな感覚なんかな。



で、俺も先輩とハメまくってたとはいえ中〇生じゃ長く持つはずもなく巨乳揉みながら中出し昇天。



頭が悪くなりそうな快感だった。



普通に中出ししたけどアフターピル飲んだんかな。



その辺のことは聞かなかったから知らない。



興奮収まらずもう1回させてほしいと頼んだら「元気なおち〇ち〇大好き」ってマ〇コを自由に使わせてくれた。



思い出すと気前よすぎてビビるわ。



で、月曜に学校でプロのテクを味わえて最高だったって話を先輩にしたら、なんか嫉妬しちゃって二度と母親に会わせてくれなかった。



あれはもったいなかった。



おばさんじゃダメだわ先輩じゃないとってお世辞言ってりゃ次があったかもしれないのに。



これが中〇時代に1番後悔したことだな。







        


コメント

タイトルとURLをコピーしました