「すっげ~興奮する。・・・おばさん。もっと触りたかったらトランクス脱がして」






乳房を揉んでクリクリと乳首を転がしながら鹿島君が催促してきます。



私は熱病に浮かされるように彼の言葉に従ってしまいました。



トランクスに両手をかけて、ずるんと下に下ろしました。



トランクスを下ろした時にブルンッと出てきた鹿島君の硬く大きくなったおちんちんをまともに見てしまいました。






(大きい)






見た感じで私の夫よりもひと回り大きいのが分かりました。



後で彼が言うには18センチだそうです。



もちろん鹿島君のおちんちんは、私の息子のように包茎ではありませんでした。






「どう?おばさん。俺のおちんちん。・・・祐次のよりも触り心地がよさそうだろ?」






クスクスと笑いながら鹿島君は私の右手を掴んで、剥き出しになった彼の大きな肉棒に持っていきました。



私の手が彼の肉棒を掴んだとき、ビックンと嬉しそうに肉棒が波打ちました。



熱くて、硬くて、太くて、大きなおちんちん。






「上下に擦ってみてよ」






そう鹿島君に言われて、私は肉棒に添えた手を上下に動かしてしまいました。



この時の私は正直、嫌悪感もなく欲望からやっていたと思います。



上下に動かすと、その長さと太さが実感できて、その雄々しい感触が、ますます私の頭をフワフワとさせて、性欲が沸々と湧きあがっていました。






「ああ~。いいよ。気持ちいい。おばさん上手。・・・ゆっくりとやってね」






そんな鹿島君の言葉が私をもっと興奮させて、嬉しいような気持ちにさせます。



ますます肉棒を掴む手に力が入り、緩急までつけて上下に擦っていました。



私が鹿島君のおちんちんの感触を楽しんでいると、彼の手が下に伸びてきました。



スカートを上にたくし上げながら、私のお尻を揉み始めました。



私は彼の肉棒を触りながら、お尻を触ってくる手の刺激を追っていました。



そして、とうとう私の股間に鹿島君が手を伸ばしました。



私のあそこを揉み込むように触ってきました。



私はその感触から逃れるように腰を逃がしました。






「だめ。・・・それだけはお願い・・・」






「どうして?ずるいよ、おばさんばっかり楽しんで」






「た、楽しんでなんかいないわ・・・」






心の奥底にある欲望を読まれたような気がして私は恥じ入ってしまいます。






「いいじゃん。俺のおちんちんを触ったんだから、こういうのは平等じゃなくちゃね」






そう言うと鹿島君はのあそこをまた触ってきました。



最初はまんこをなぞるように指で擦ってきました。






「あ、だめ、だめ・・・」






私はそう言うものの、鹿島君はお構いなしにどんどんと刺激を私のまんこに送り続けてきます。



とうとうこりっとした突起が出てきてしまいました。



それを見つけた鹿島君はショーツ越しにクリクリと円を描くように刺激し始めました。



どんどんとショーツが濡れていくのが自分でも恥ずかしいくらいに分かります。



私は声が出ないように唇を噛み締めました。



それでも喉奥からくぐもった音が漏れてしまいました。



そして、私のまんこを刺激しながら、鹿島君は無言で一気に私のショーツを脱がしてしまいました。






「やぁ!・・・」






「これが、おばさんのまんこかぁ。・・・やっぱり大人だなぁ・・・毛深いね」






「もうやめて・・・」






私が哀願するように言うと鹿島君は・・・。






「もう遅いよ。おばさんだって分かってるでしょう?」






そう言って私の頭を掴んでブチュッとキスをしてきました。



私は唇を噛み締めて抵抗しました。



すると鹿島君は剥き出しになった濡れそぼったおまんこに、1本の指をズブリと挿し込んできました。



そして激しく中を掻き回しはじめました。



膣内に入った異物の感触に私は思わず、「あ・・・」と言ってしまいました。



それを待っていたかのように、鹿島君の舌が私の唇の隙間をこじ開けて進入してきました。



縦横無尽に暴れまわる鹿島君の熱い舌。



おまんこを掻き回す指。



無慈悲に送られる快感に私の頭はボーとしてしまいました。



抵抗が弱まったのを良いことに、鹿島君の舌が私の舌を絡めとって擦り始めました。






私はもう抵抗らしい抵抗はできませんでした。



むしろ積極的に鹿島君の舌に自分の舌を絡めるようになっていきました。



ピッチャピッチャと淫猥な音が頭に響いて、ますます冷静な思考を取り去っていきます。



激しく舌を絡め合い、知らず知らずのうちに鹿島君の腰に両手をやって引き寄せていました。



しばらくキスを堪能してから私と鹿島君は唇を離しました。



2人の唇から唾交換で練られて粘っこくなった唾の糸が繋がっていました。



淫猥な光景・・・。






「おばさんのまんこ舐めたい」






鹿島君はそう言うと私のスカートを上にたくし上げながらしゃがみ込みました。



私はもう理性よりも性欲のほうが大きくなっていました。



まったく抵抗もしないで、鹿島君の唇と舌がおまんこに触れることを許しました。



私のあそこはもう興奮で愛液で溢れていました。



その愛液を啜るように愛撫してきました。



ジュルジュルという音がキッチンに響いて。



私はその快感を素直に受け入れながら、声を出さないようにするのが精一杯でした。



窓の外を見ると、近所の知り合いの奥さんが自転車に乗って通り過ぎるのが、家の外壁越しに見えました。



外からこの部屋を覗けば、鹿島君の愛撫に感じ入っている私の顔は丸見え。



そう思うと余計に興奮しました。






「うぅん!」






私は喉奥で呻きました。



鹿島君の指がマンコに入ってきたのです。



しかも、2本の指を入れてきました。



グチュグチュと音を立てながら激しく中をかき回されました。



そして充血してピンピンになったクリトリスを舌で押し付けるように円運動をして舐め回しはじめました。



ズン!と電気のような快感が私の頭に響いてきて、腰が勝手に鹿島君の刺激を追いかけていました。






「おばさん。すんげーいやらしい。気持ちいいの?」






「・・・」






私は鹿島君の言葉を無視しました。



こんな子供にこんなことを言われて悔しい気持ちと、快感で勝手に腰が動いていたことが恥ずかしい気持ちがあったからです。



ただ快楽に身を委ねていました。



鹿島君は10分くらいで指の出し入れと唇と舌での愛撫をやめました。



急に止めたので怪訝に思っていると、鹿島君は私の手を取って自分の大きく勃起したおちんちんに持っていきました。






「おばさん。今度はおばさんの番だよ。わかるよね?」






私は頷くと、おちんちんを掴みながら鹿島君の前に跪きました。



もう抵抗する気力は持ち合わせていませんでした。



もう鹿島君に頭もマンコもグチャグチャにとろけさせられて、目の前にある立派なおちんちんを口の中に含み、舐め回すことしか頭になかったです。






近くで見る鹿島君のおちんちんは、息子のおちんちんとはまるで違いました。



太さや長さはもちろん、大きく膨らんだ亀頭。



カリの高さも凄くて、夫のモノよりも立派なおちんちんでした。



中学生の癖に、なんでこんなに立派なおちんちんを持っているのでしょう。



ムッとしたような男の匂いが私の鼻を刺激しました。



立派に勃起した中学生のおちんちんを目の前に、私は物凄く興奮していました。






「おばさん。早くしてよ」






そんな催促の言葉に返事もしないで、私は鹿島君のおちんちんを舐め始めました。



舌で、その雄々しく勃起したおちんちんを感じました。



亀頭をペロペロと舐めて、棒の部分を上下に伝うように舌を動かしました。



鹿島君は気持ち良さそうに顔を歪めました。






「おばさん・・・咥えて。おちんちんを咥えるんだ」






鹿島君は興奮しているのか息が荒かったです。



おちんちんを咥える私も、もう十分に興奮状態でした。



口に亀頭を含んで一気にズッポリと勃起したおちんちんを咥えました。



口の中を圧迫するような立派なおちんちんに私は陶酔してしまいました。



夫のおちんちんでさえ、こんなに美味しく感じたことはありません。



私は鹿島君の男の味を味わうように、口に含んだおちんちんを舌で舐め回しました。



ジワリと滲んできた我慢汁を舌で舐め取りながら、その匂いと味も私は楽しんでいました。



鹿島君は時々「ああ、気持ちいい」と言っていました。






唇をキュッと狭めて、一心不乱に首を大きく上下させて、鹿島君のおちんちんをフェラチオしました。



肉棒の先端が喉に当たるくらいに深く咥え込み、ズルズルと強烈な吸引をしながら亀頭のカリまで唇を滑らせました。






「マジでおばさん上手いよ。・・・すっげー気持ちいい」






鹿島君を見ると気持ち良さそうに顔を歪ませながら、時々天井に顔を向けていました。



そんな鹿島君の気持ち良さそうな様子に私はますます興奮して、肉棒に与える愛撫を強くしていってしまいました。



亀頭に舌を這わせて舐め回し、肉棒の裏筋を唇で強く吸引しながらしごきました。



中学校の制服を着た息子の同級生に跪いて、夫よりも大きなおちんちんを咥えて首を振っている。



そんな自分に興奮して酔っていました。



鹿島君の肉棒をフェラチオする音が私の耳に響いて、その淫猥な音に激しく興奮しました。



きっと部屋中に鹿島君のおちんちんを舐め回す音が響いているでしょう。



それから3分くらい経って、鹿島君のおちんちんがビクビクッとしたのを唇で気づきました。






「あ、・・・出そう!おばさん。口に出すから咥えてろよ」






そう言うと鹿島君は腰を前後に揺らし始めました。






(もうすぐあの熱い精液が出てくる)






そう思うと、肉棒に手を添えて上下する舌と唇の刺激を強めました。



そして、わざと精射を促すように淫猥な音を立てておちんちんを吸い上げました。






「あ、・・・出る!おばさん出ちゃう!吸って!もっと吸って!」






そんな鹿島君の必★の訴えに従うように私は肉棒を強く吸い込み、上下に唇でしごきます。






「飲んで!おばさん。・・・ああ!出る出る!」






鹿島君は私の頭を両手で掴んで腰を私の唇に押し付けました。



肉棒に喉を突かれて、私はむせるように頭を後ろに逃がしました。



それでも鹿島君に言われた通りに、おちんちんから唇を離しませんでした。



ビクビクッ!っと肉棒が痙攣したと思うと、私の口の中にドバッ!と熱い精液を出してきました。



ムッとしたような独特の精液の匂いが口から鼻に匂ってきました。






「おばさん。吸って!吸って!」






ビクビクッ!と痙攣するおちんちんを口で感じながら、私は言われた通りに唇で上下にしごき、精射を促すために強く吸引しました。






「ああ!おばさん。・・・気持ちいい・・・」






私は鹿島君の精液を口の中に溜めながら、鹿島君の精射が終わるのをおちんちんを咥えながら待ちました。



そして出し終わったのを確認すると、精液が口からこぼれないように吸引しながら肉棒から唇を離しました。



私は口に溜まった精子を流し台に出して、水道で流しました。






「あ~あ。飲んでって頼んだのに。・・・まぁいいか」






残念そうに言う鹿島君。



でもすぐに立ち直って、鹿島君は私に言いました。






「そろそろセックスしようか。おばさん!」






鹿島君は私を夫婦の寝室に連れて行きました。



鹿島君は祐次の友達として以前から家にあがっていたので、私と夫の寝室を知っていたようです。



悦楽への欲望と快感の余韻が頭に残ったまま、私は言われるままに寝室に来てしまいましたが、寝室の2つの2つのベッドを見て、絶望的な気分になりました。






<続く>