大学の頃からの友人(健太)と知り合って10年ちょっとになります。



お互いカメラ好きで、カメラクラブに所属してました。






私も健太もモテる方では無かったのですが、クラブ内に一人、それなりに話が出来る女友達が出来ました。



同い年の友紀。



身長は160センチ程で、少しむっちりした感じの地方から出てきた地味な女の子です。



余談ですが、おかずに困った時は彼女をおかずによくシコってました。






いつしか健太は友紀と付き合い始め、大学卒業と同時に結婚をしました。



今では、結婚直後に授かった男の子と3人仲良く暮らしています。



私はと言うと未だ独身で彼女無し、素人経験もこの年でまだ二人しかありません。



今でも実家に子供を預けては三人で飲みに行ったり、カメラ片手によくお出掛けしてます。






そしてつい先日、子供を実家に預けた健太の家で飲もうという話になり、行ってきました。



話題は私の話に。






「たかお~、結婚しないのか?」



「真面目に婚活でもしたらー?」



「30超えて焦るだろ?」






挙句の果てには、「たかお~、お前もう5年くらい彼女いねーよなー?すげー溜まってんじゃねーのー?」とゲラゲラ笑いながら図星をついてきます。



下ネタ好きな健太と違って、下ネタ嫌いの友紀は何も言わず無言で飲み続けてます。






「ゆき~、ちょっとだけサービスしてみる?」






健太がビックリ発言。



しかし即答で、「無理すぎ」と返す友紀。



しかし私はこの発言がトリガーとなり、友紀が気になって仕方なくなりました。



ムラムラしてきたので酔っ払いな健太を利用して色々と聞いてみる作戦に。






私「子供、もう一人欲しくないの?」






健太「経済的にきつい、まだだな」






私「でも子作りはしてんだろ?出来たらどうすんだよ?」






健太「全然してないし、ははは~」






私「どのくらいしてないんだよ?」






健太「もう1年以上してないな」






友紀「マジ余計なこと言わなくていいから!何話してんのよ~」






友紀が本気モードで止めに入り、この話題は終了。



しかしこの後も健太の下ネタは続き、お酒の勢いもあって友紀の態度がちょっとずつですが軟化してきました。



聞けばもう1年どころか丸2年はエッチしてない事が判明。






私「2年もしなきゃ、お互い俺と同じだろ?お前達も溜まってんじゃねーの?」






質問したところ、エロDVDをこっそり借りては自分でシコってた事を暴露する健太。






健太「友紀はどうなんだ?」






執拗に迫る健太に最初は何も答えてなかった友紀も、普段なら絶対こんな話題乗らないはずなのに、「たまに・・・」とボソっと答えました。



興奮を隠し切れない健太、頑張って隠してる俺。






(おいおい、まじかよ。あの友紀が!?嘘だろ~)






内心では心臓バクバクでした。



もう勢いの止まらない健太はガンガン質問攻め。



まとめると、通勤電車の中で痴漢された時期があったらしく、最初は嫌だったがだんだんエスカレートしていく行為に興奮した事があった、との事。



俺は正直、こんな話を友紀とする日が来るとは思わなかったので既にフル勃起状態。



こんな不意打ち、我慢しろっていう方が無理です。






健太「要は俺以外の人に触られたい願望があるって事だよな?」






友紀「どうだろね・・・」






健太「んじゃ、たかおに触らせてあげれば?」






友紀「無理、そういう問題じゃないし」






健太「何で?別にエッチする訳じゃないし、お互い欲求解消出来るならいいんじゃない?」






友紀「・・・健太は私が触られてもいいの?」






健太「うん、正直、俺もめっちゃ興奮してきたし、たかお!触ってみるか!」






健太が煽ってきました。



正直、俺も我慢の限界だったので、遠慮なく友紀の胸を鷲掴みにしました。



友紀は激しく抵抗してきたが、すぐに落ち着いて、「ほんとに触ってるし・・・」と諦めた感じで抵抗を止めてくれました。






調子に乗った俺はスカートの中に手を伸ばし、パンツ越しにマンコを弄りました。



抵抗するかと思ったけど、こちらが思った以上に友紀も興奮しているらしく、全くの無抵抗&びっしょり。



これはチャンスと思い、体育座りのような格好をさせ、スカートの中に潜りパンツをずらしてクンニ。



どうやらクリちゃんが弱点のようで、「あぁ~~」と友紀は声を出し感じてる様子。






長年、おかずにしてた友紀の体を触り続ける俺。



スカートの中に俺を迎え入れてくれた友紀。



そんな二人を興奮の眼差しで見てる健太。






スカートの中から出てきたら、友紀はキスをしながら健太のチンコをシゴいてました。



これが親友のチンコを初めて見た瞬間でした。



・・・俺の勝ち!






この後、三人とも裸になり、俺が友紀のマンコを舐めてる間、友紀は健太のチンコを舐める。



そして、「ごめん、入れたくなった。どいて」とゴムを装着した健太と友紀がバックで合体。



俺も我慢出来ずに、友紀にフェラを強要。



さすがに嫌がったが、しつこく強要してたらパクッ。



泡姫にしかフェラはしてもらった事がないので、それと比べたら気持ちよさは半減、・・・が、興奮度はMAX!






ずっと手でシゴかれフェラされ続けてきた健太はすぐに絶頂に達して二人の合体は二分程で終了。



健太はスッキリしたのか、「ちょいシャワー行ってくる」と風呂に行ってしまいました。



友紀に「スッキリした?」と聞いたところ・・・。






友紀「全然・・・私ちょっと入れられただけだし」






私「俺のチンコ、健太と比べてどう?」






友紀「おっきい・・・」






私「ちょっとだけ入れてみる?」






友紀「え・・・さすがに怒られるし」






グズったが、とりあえず入れよう!と強引にそのまま挿入。






友紀「あぁ~まじで、これ内緒にしないとヤバい、あぁ~」






感じつつも不安がってたので、安心させるため内緒にする約束をして思いっきり友紀のマンコを堪能。



気持ち良いか聞くと「気持ちよすぎっ、あ~ヤバい!」と友紀も堪能してくれてる様子。



今までした人の中で何番目か聞くと、一番とのこと。



というか、健太と俺しか経験は無いらしい。






しかし俺も友紀とエッチしてる喜びで1分と持たずお腹の上に発射。



満足か聞くと、「全然・・・ってか早いし」とガッカリな回答。



急いで健太の所に行った方がいいとアドバイスをしてシャワーに向かわせました。



すれ違いのような感じで健太が戻ってきて・・・。






健太「友紀の体触れてどうだったよ?」






私「最高だぜ!」






健太「また今度、触らせてやるよ!」






私「頼んだ!」






健太「とりあえずシャワー浴びてきなよ?」






私「友紀いるだろ?」






健太「今さら別々に入る必要もないし、ササっと入ってきな」






私「おう」






旦那の許しが出たのでダッシュで風呂に突入。






友紀「ちょ!何!?」






ビックリな様子だったけど、健太にササっと入ってくるよう言われた事を告げ、すぐに友紀のマンコをタッチ。



友紀も興奮するだけして、そのままだったので既に受け入れOKな状態。






私「もう一回入れてもいい?」






友紀「いいよ・・・今度は早くイッちゃだめだよ」






私「イキそうになったら言って、それまで我慢するから」






友紀「わかった・・・」






今度は嫁さんの許可が出たので、バスタブに手をつかせて後ろから合体。



ヌルヌルしたマンコの感触をチンコ全体で受け止めつつ、後ろから抱きつくようにおっぱいを弄る。



このムチムチした体は何度触ってもクセになる。



気持ちいいか聞いたら、「き、きも、ち、いい~」と必★に声を抑えてる様子。






しばらく出し入れしていると、「もうだめ、イキそう~」と友紀が言い出したので、「俺もそろそろイクよ、中でいい?」と聞くと、「気持ちいい~・・・イク~」と良くわからない返事だったので、友紀がビクビクっとした後に、俺も中で発射。



これが人生初の、生中出しの瞬間でした。



おめでとう俺!






モタモタしてるとバレると思い、すぐに出るよう友紀を急かしましたが、「もう~、中に出すから・・・、これ全部洗わないと・・・色々時間かかるから先に出て」と言われ、俺だけ先に出ました。



この後、健太に色々聞かれましたが、合体はバレてない様子。






それから1週間経過しましたが、連絡はとってません。



また友紀とエッチしたい気持ちをこの場を借りて発散してみました。