短大時代に仲が良かった2人(M子、Y美)に誘われて3人で2泊3日の旅行をした時のことです。



卒業して5年目の記念旅行でした。



皆それぞれ働いており、既婚者はM子だけですが、私とY美も、もちろん男性経験はありました。






その宿は山あいにあり、部屋のすぐ下の方には渓流が流れていて、そのせせらぎの音が微かに聞こえるようなのどかな温泉地でした。



当日の宿泊客は、仲居さんの説明では、私たちの他には少し奥にあるダムの建設現場で働いている数名の方だけということでした。






楽しい夕食が終わってお風呂に入ることにしました。



そこには男女別の風呂の他に、混浴露天風呂がありました。



浴場は清潔で、しかも源泉掛け流しなので湯量も豊富で皆とても気に入りました。



最初は女性風呂に入ったのですが、途中でM子が露天風呂に入ってみたいと言って覗いてきたところ、誰も入っていないとのこと。



意を決して皆で入ることにしました。






浴場の中は結構広々としており、隅々にはごつごつとした岩場が点在し、所々に大きな葉が茂ったソテツのような植物があって、とてもよい雰囲気です。



高い岩の割れ目から熱い湯がとうとうと流れ落ちて辺り一面湯気が立っているので全体が霞んで見えました。



湯船から溢れたお湯は贅沢に思われ、洗い場の排水溝に流れ混んでいます。



私たちは透明な浴槽の中に思いきり手足を伸ばして浸かりました。



和気藹々にお互いの背中を揉んであげたりしていました。



湯に浸かりながらY美のおのろけ話を聞いて、自然にエッチな話などもしながら久しぶりの休養を楽しんでいました。






私たちは全く気が付かなかったのですが、全員揃って鏡の前で髪を洗っていた時でした。



いつの間に忍び寄ったのでしょうか、すぐ後ろに5人の男たちがいたのです。



鏡に映った人影を見つけて気がついたのですが、もうびっくりでした。



何が起こったのか、すぐには理解できませんでした。



信じられないことが現実に起こったのです。






あまりにも突然のことでしたので、3人とも木製の洗い椅子に腰をかけたまま言葉も出ません。



それでも勇気を出して振り返ってみました。



よく見ると、男たちはみんな素っ裸で何も着けていません。



男性の大事なところも丸出しです。



そのうえ全員が勃起した陰茎をこれ見よがしに見せつけるようにして立っているのです。



不思議なものを見る思いでした。






1人は30代くらいで、後の4人は50代くらいのように見えました。



いずれも隆々とした体躯です。



顔から上半身にかけてと、太ももから足までが真っ黒に日焼けしています。



はっきり覚えているのは、腰から下の部分はパンツの跡が残っていて、とても白い肌をしていたことです。






私は一目見て、彼らがダムの建設現場で働いている労働者だとわかりました。



男たちは私たちが入る前から岩場の陰に隠れて一部始終を覗き見していたのでしょう。



逃げ出そうとしましたが、5人の屈強な男たちに周りを囲まれていてはどうすることもできません。



大声を出しても離れた宿まで聞こえるはずもなく・・・それに宿泊客は私達以外には居ないのです。






M子が小さな声で、「もう出ますから前を開けて下さい」とお願いしました。



男達はただニヤニヤしながら立ってこちらを見つめているだけです。



ほとんど喋らないので余計に不気味な感じです。



突然、そのうちの1人が近寄ってくると、いきなりM子の頬を平手で叩きました。



もう皆はパニックです。



逃げようとする私たちに向かって男たちが一斉に飛びかかってきたのです。



私とY美は背中から羽交い絞めされ、M子は出口のところまで逃げましたが、2人の男に前後から挟まれた形で捕まって連れ戻されてしまいました。






みんなが浴槽のところへ連れてこられ、横一列に並ばされました。



4人の男達がじゃんけんをして、自分のパートナーとなる相手を決めています。



M子と私には2人、Y美は若い男1人と決まったようでした。



若い男が一番偉いのでしょうか、なぜか威張っていて、Y美を選んだのです。



Y美が一番男受けする顔をしていました。






3人はそれぞれ別々にされて、岩場に連れて行かれました。



もうこの時は、どうにでもなれという気持ちでした。



絶対に逃げられない状況でしたし、覚悟を決めるしかなかったのです。



私は岩場に手をつかされ、後ろからお乳を揉まれながら2人から交互に辱められました。



それは体力に任せて執拗に攻めるという感じで、いつ終わるとも知れないのです。






フェラチオも強制されました。



男の1人には精液を顔にかけられましたがすごい量でした。



目に入って沁みて痛かったし、精液は2度3度と射出されて顔に飛んでくるのでとても気持ちが悪いのです。



顔を背けながら睨んでいると、男は手で持った陰茎で私の頬を叩き、舌で綺麗にしろと脅します。



それからは色々な体位を取らされ、途中で休憩を挟んだりして、男たちは自分たちの好きなように私を犯しました。



少し離れた場所でM子とY美がやられているのがわかりましたが、同じ境遇ですから助けを呼びに行くこともできません。



その後、Y美だけが若い男に代わって別の2人からも辱められました。






1時間後、やっと男たちから解放されました。



終わった後、男たちは先に風呂場から上がると、ぐったりとしている私たちを尻目に悠々と出て行きました。



私たちは部屋に戻りましたが、口を聞く気力もなく、ただ横になっているだけでした。






それでもM子が、「こんなことになったのは私のせいだから許して・・・」と泣きながら謝るのです。






でも、考えてみれば、みんな同じように責任があるのです。



1人1人がもっとしっかりしていれば絶対に防げたと思うのです。



女3人ということではしゃぎすぎたと反省しています。



油断した報いだとは思っていますけど、一生忘れることができない屈辱の旅でした。