通信制高校に通う未羽と言います。






私は中学を卒業した後、親に縁を切られて好きな人と一緒に暮らしています。



その好きな人というのは、小学校の時から好きで、既に身体の関係にある当時の担任の先生です。



ちなみに先生は今34歳です。






先生は、私が小4の時の担任の先生でした。



当時27歳の先生はスラッと背が高くて格好良くて、怒ると恐い、でも何でも一生懸命な熱血先生という感じで、皆からも人気があったし、親達からも信頼されていた先生でした。



そんな先生の事を、私はほのかな恋心を抱いてました。



でも、私は大人しい子だったので、皆のように積極的に先生の傍には行けませんでした。






そんなある放課後、教材室で先生の仕事を手伝っていた時、先生に、「未羽の髪、綺麗だな・・・」と触られました。



その日から、先生と2人きりになった時に、身体のどこかを触られる事が多くなっていきました。






「綺麗だな、可愛いよ」って言われながらだったので、嬉しくて私はドキドキしていました。






触れられる事から少しずつ先に進んで・・・。






「未羽、キスしていい?」と聞かれ、頷くと、私をギュッと抱き締めて、そっとキスされました。






大好きな先生にキスされて、凄く嬉しくて、感動して泣いてしまいました。



その後も、先生の私への要求はどんどん進んで・・・。






「未羽の胸、見たい。・・・アソコ触ってもいい?」と聞かれて、恥ずかしかったけど嬉しくもありました。






先生が喜んでくれるなら、何でも言う事を聞きたかったのです。



アソコの時は、本当にメチャクチャ恥ずかしかったけど、だんだん感じるようになっていって、小さく喘ぎながら初めてイッてしまいました。



こんな感覚、初めてで・・・。






小学生の身体も、感じると凄いものですね。



ちゃんとアソコも濡れるし何度もイクし・・・。



小柄なのに胸だけはかなり成長して、6年の頃にはDカップありました。






先生のを口に含む事も教わって、先生が気持ち良くなるなら何でもしたいって思ってました。



私が小学を卒業するまで3年間もの間、ある時は教材室や書庫で、ある時は冬場のプールの倉庫で、誰にも気付かれずに愛を育んできました。



卒業間近のある日、先生も私も堪らず初挿入を試みましたが・・・、上手くいかず、未遂に終わりました。






私が卒業すると同時に、先生も転任になってしまって、一旦は離れ離れになったけど、中学2年の時に再会をしました。






先生との再会の前の事を少し書きたいと思います。



すっかりエッチな身体になってしまった私にとって、エッチ無しで日々を過ごす事は拷問に近いものがありました。



小学校卒業したての頃は、オナニーで乗り切ってましたが・・・。



私は元々、同い年の子よりもエッチな子なのかもしれません。



幼い顔をして、心の中では『誰か私とHしてくれる人、気持ちよくさせてくれる人、いないかな・・・』なんて思ってました。






そんな時、都合が良かったのがちょっとした援交でした。



私は気持ち良くはなりたいけど、セックスまではしたくは無かったので、それでもいいという人とだけ会ってました。



気持ち良くなれて、ちょっとしたお小遣い稼ぎ・・・。



罪悪感のようなものはあまりありませんでした。






中2になったある日、常連のお客さんに「僕のステディになって欲しい」と言われました。






その人は年は30半ばで、某大学病院のお医者さんでした。



親もそこの大学病院の教授で、その人はいわゆる将来を約束されたエリート医師・・・。



手先が器用でHが上手な人でした。



ある日、どうしても見せたいものがある、と高級マンションの最上階に連れて行かれました。






「この部屋、僕達が会うために買ったんだ。普段から君の好きなように使っていいし、お小遣いも毎月50万渡す、ここにある洋服やバッグも好きなように使っていいし、買物で必要だったら50万とは別で渡すよ?」と言われました。






ただ、彼の言う条件があって、『僕以外の男とは、絶対に会わない』でした。



そういう事を言うのに、その人には結婚を約束した婚約者がいて、それなのに私を専属として囲いたいような事を言ったので、ちょっと頭に来て・・・。






「お金や地位で相手をどうにでも出来るなんて思わないで」と断りました。






その人は私の言葉にムッときたのか・・・。






「君だって、その年齢で男といい事してお金もらってんだろ?若いから援交なんて言ってるけど、結局は未来の売春婦だよな?」






そんな風に罵られて、すっかり気持ちが冷めてしまって援交はやめました。






その頃私の家では、私が全く勉強しないので、勝手に塾に手続きをしてしまい、仕方なく私は駅前の塾に通う事になりました。



そこで、先生と再会する事となったのです。



1年半ぶりに先生に会って嬉しいのと動揺とで、初日の授業は全く耳に入りませんでした。






授業が終わって先生に「学校は?」と聞いたら「・・・ちょっとわけあって、辞めたんだ」と言いました。






「辞めた理由は自分でも良く分からない・・・。ただ、未羽のいない学校はつまらない。生きてるって実感、全然無くて鬱っぽくなった」と言っていました。






先生と再び、前のような関係になるのに長い時間はかかりませんでした。



授業の後、塾の倉庫に鍵をかけてお互いの身体を貪るように求め合いました。






「未羽・・・しばらく会わない間に、こんなカラダになって・・・。もう、あの頃の子供だった未羽じゃないな・・・」






そして、立ちバックで初めてのセックスをしました。



もう、股にまで滴り落ちるほど濡れていたので、あまり痛くなくて、グチュグチュに音を立てて喘ぎながらイッてしまいました。






その日は、初めてなのに何度もセックスをして、何度も果てしないくらいお互いを求め合いました・・・。