去年の1月かな、電車で出掛けてって、友人と久しぶりにランチ。



そのあと、猫好きな友人の提案で猫カフェへ。






猫カフェのシステムは、1時間1000円くらい。



靴を脱いで手を洗って★菌消毒して入る。



広いリビングみたいなワンフロア。



ローテーブルや座椅子やローソファがいくつか置いてある。



座席が決まってるわけではなく、移動は自由。



自由に移動しながら猫と遊ぶ感じ。



ドリンクは料金に含まれてて、ペットボトルの飲み物。



猫が倒してこぼさないように蓋付きの容器なんだと思う。



客はカップルか女性だけ2人組とか、2人組がほとんどで多人数のグループは居なかったな。



男だけのグループはオレらだけ。






とりあえず2人掛けローソファの席を確保したんだが、猫好きな友人は猫と戯れに席を離れる。



オレはノートPCを確保してヒマ潰し。



すると猫が寄ってきたので、ローソファの隣に座らせて、ネットサーフィンの合間にたまに撫で撫でしてやったりして時間を過ごした。



先ほどの猫はオレの隣でずっと寝てた。



たぶん猫好きな奴は猫と遊ぼうとちょっかい出してくるから猫的にはうざいのかも。



オレは猫に興味無さ気にしてるから、かえって猫が寄ってくるんだろうと勝手に思った。






まわりの客はあちこち移動しながら猫の写真を撮ってた。



すると、女子2人組がオレの横の猫を撮りに近づいてきた。






一応、主要登場人物なのでスペックを。



A子:25歳、たぶん163cmくらい、普通体型。



B子:A子と同い年、165cm以上、やせ形。






A子「この子ずっとここにいますねー。ここが気に入ったんですかねー?」






オレ「全然構ってこないから逆に興味持ったんですかねー?w」






みたいな会話から始まって、B子も交えて3人で話してた。



猫撫でながら、「こいつ(猫)、不細工ですよねーwww」とか楽しかった。



童貞な友人は一人で色んな猫と遊んでたので会話には入ってない。






A子は鎖骨が出るくらいに襟ぐりが開いたカットソーだったので、ブラチラと谷間チラが楽しめた。



ブラは濃いめのピンク。



B子はミニスカに厚手の黒ストッキングでパンツの辺りも見えたんだけど、黒ストが厚過ぎるためか淡い色であることまでしか判らなかった。






彼女らとしばらく歓談した後、オレは他の女性客のチラも拝めるかと思って、席移動しながら猫と遊ぶふりしてチラウオッチングしてきたが、結果は20歳前後くらいの子のブラチラが1件だけだった。



その日は1時間だけで切り上げて、友人と別れて一人でショッピングして帰った。



妻と子供が寝たことを確認してから、その日のチラを思い出しながらオナニーして寝た。






で、何事もなく時は過ぎて4月。



オレはその街に出掛けて行った。



午前中にマットヘルスに行って、そのあと一人ランチして、そのあと猫カフェに。



暖かくなって女子の服装もより開放的になってきたので、前回よりもっとチラが楽しめるだろうと。



妻子持ちだけど、30歳まで童貞だったんだぜ。



清らかだろ!






猫カフェに行って、前回と同じようにローソファに座り、ノートPC確保。



前回と同じ猫がまた寄ってくるので隣に座らせる。



で、移動しながらチラを楽しみに動こうと思ったら、女子が1人近づいてきた。






A子だった。






「前にもこの席でこの子といっしょに居ましたよねー?」みたいなことを言われて、初めてA子だってことに気付いた。






この日はA子も一人で来ていた。



B子と来たのは前回会った時だけで、その後は一人で通ってるらしかった。






ぶさいくな猫を撫でながらA子とずっと話してた。



一応オレは猫好きという設定にして話を適当に合わせておいた。



A子はやはり襟元が開いた服だったので、ブラチラ胸チラを楽しんだ。



途中、猫を撮影するふりをして胸チラを撮影しようと試みたがうまくいかなかった。



ブラは淡いイエローだった。






ノートPCで近隣の飲食店情報を見ていたので、そっからカフェの話して、一緒にお茶するところまで話をもってった。



我ながらできるヤツだと思う。






いっしょに猫カフェを出て近くのカフェに移動。



カフェラテなど飲みながら、B子の話になり、B子は彼氏ができてから会う回数が減ったとか。



オレは結婚してるけど子供できてからすっかりご無沙汰だって話して、少しずつ様子見ながらエロ話にシフトしていった。



後は、「A子ちゃん可愛いねー」とか、「いい匂いするねー」とか、適当に褒めまくった。






「嫁のことは愛しているけど、それはもう家族愛であって女として見れない」とか、「嫁以外の女の子と久しぶりにゆっくり話した」とか、「なんかドキドキする」とか、「A子ちゃんのこと好きかも」とか・・・。






それはそれは思いつきで適当に話した。






「もうちょっとA子ちゃんと一緒にいたい。もっと落ち着いた所で話したい」的なことを言ったらA子もOKしてくれたので、カフェを出てホテルへ。






ラブホ街の場所は風俗情報調べる時に見てたので、だいたいの場所はわかってた。



コンビニでドリンク×2とポテチとアイス×2を購入。



何軒か回ったら空室があったので、値段は気にせずとりあえず入室。






入室したらオレはまず、トイレに鍵が付いてるか確認する。



鍵が掛からないタイプの時は、女の子がおしっこしてる時にいきなり開けたりして楽しめるからね。



残念ながら鍵付きだったけど・・・。






アイスは冷蔵庫へ入れて、ベッドの上でポテチ食べながら少し話す。



時々手を触ったり身体触ったりしながらね。






「一緒にお風呂入ろっか」と、オレから提案してお湯を張りに行く。






せっかくなのでバスジェルも使用。



お湯を張りながら一旦ベッドの上に戻ってきて、チューしたり乳触ったり乳舐めたり。



ジーパン脱がして太もも周辺を舐めて、パンツの上から匂い嗅いだりしてたあたりで、「お湯大丈夫?」とA子に言われて中断された。



お湯がバスタブから溢れてるかもしれないことは本当はわかっていたけど、お風呂入ってあそこ洗っちゃうと、女の子って無味無臭になっちゃうよね。



オレは少しくらいしょっぱい方が好きなんだけど。






お風呂は溢れてたww



脱衣所でチューしながら脱いだり脱がせたり。



バスルームに入って2人でシャワー浴びて身体暖めてから、とりあえず自分でちんこを洗う。



きちんと洗ってることをアピールしておくことが大事だと思う。



基本、自分で身体洗って、時々乳とか尻を触ったり。



A子のあそこを洗ってあげることはしなかった。



自分のちんこも石鹸つけるとちょっと沁みる時があるから、自分で洗った方がいいかなと思ったので。



2人でバスタブに入って、泡を息でふーって飛ばしたりして遊びながらいちゃついた。



風呂から出て身体拭いて、A子はバスタオル巻いて、オレは全裸でベッドに移動。






ベッドに移動してからはA子の希望で照明を少し落とす。



キスしながらバスタオル取って、鎖骨から乳房のまわりを少し時間かけて唇這わせるようにして、乳首舐めたり吸ったり。



手は乳を撫でたり背中から腰に回して触るか触らないかくらいの強さで撫でたり、一通り乳首吸ったら、また唇を這わせるようにしながら、腹を通って恥丘のあたりへ。



足を閉じてるところへ鼻先を埋めるようにしながら少しずつ足を開かせていって、内腿からあそこ周辺を、これまた唇を這わせる感じで、クリの包皮を唇で挟むように刺激したり、少しずつ舌先で刺激すると少しずつ濡れてきた。



クリに唾液を舌で乗せるようにしながら舐めて、鼻先をクリにつけるようにしながら舌で膣を舐める。






口を一旦あそこ周辺から離して、唇にチューしながら膣から出てる液を指先につけながら少しずつ指を膣内に侵入させる。



オレの場合、薬指から入れて次に中指を入れる。



そこからは中指メインに、薬指はサポートする感じで膣を広げながら動かす。



ある程度広がったら中指の先で膣の奥の方を刺激する感じで動きを速める。



手マンしながらA子にはオレのちんこを触ってもらってた。



A子の声が大きくなってくるのに合わせて手マンも少しずつ激しくして、もう少しでイキそうな状態が続きつつも、なかなかイカないので攻守交代した。






オレが足を開いて仰向けに寝て、A子が足の間に入る感じでちんこ舐めてもらう。



亀頭から根元まで大きく動かしながら舐めてもらう。



少し歯が当たるのが気になるが、ちんこはビンビンになった。






午前中にマットヘルスで1回出していたため、フェラではなかなかイキそうにないので、口から抜いて勃起状態を維持したまま枕元のゴムを装着した。



ゴムを付けると根元の締め付けが気になって仕方がないのだが、頑張って亀頭の先に意識を集中させた。






指で膣を広げるようにしながら液を膣口に広げて、ちんぽをゆっくり押し当てながら正常位で挿入。



ゆっくり腰を動かして一度奥まで入ったら、一旦半分くらいまで抜いて、そこから膣口でカリを刺激するように浅くピストン。



だんだん深くピストンして、また浅くして・・・っていうのを繰り返す。






ベッドに手をついて身体支えながらチューしながらピストン。



やはり1回射精してるのでなかなか気持ちよくはならず、なおかつゴムの締め付けが気になって亀頭が全然感じない。



とにかく浅いピストンで自分の亀頭を刺激して、深いピストンでA子の膣の奥を突いてっていうのを繰り返して自分のを萎えさせないようにした。






正常位から対面座位にシフトして、上半身を密着させながら腰を大きく動かしているうちに、自分もだんだん気持ちよくなってくる。



たぶん挿入角度の問題だと思うけど、とにかく自分もA子も気持ちよくなってくるのがわかった。



密着させていた上半身を離して、A子の背中を支えながら、自分の上半身を反らせながら腰の動きを速めた。



もうゴムの締め付けもいつの間にか気にならなくなり、ピストンのたびにカリが膣の内壁に擦れて気持ち良さが最高潮に近づく。



もう一回A子の身体を抱き締めるように密着させなが激しく動かして、A子を思いっきり抱き締めながらフィニッシュ。






イッった後、すぐにゴムを外してゴミ箱へ捨ててティッシュで拭いて、その後しばらく抱き合ってた。



オレは射精後は女の子にくっついていたいタイプなので、その後ベッドに入ってくっついてイチャイチャしてた。



で、ふたりでシャワー浴びて服を着て、ソファに座って仲良くアイスを食べた。



ホテル出て夕飯食ってからバイバイした。






連絡先は聞かなかった。



ここで関係が持続しちゃうと浮気がバレる危険が高くなるから、勿体無いけど我慢した。



妻子があることは先に話してたので、A子もなんとか納得してくれた。






帰宅後、妻が寝るのを確認してから、A子とのセックスを思い出してオナニーして寝た。