私は33才の専業主婦ですが、主人の度重なる浮気が原因で、すでに1年以上セックスレスの状態が続いています。



そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。



私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力が無くなってしまていましたので離婚する勇気もなく、家庭内別居が続いていました。






そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いました。



かなり年が離れてたので話が合わないかも・・・と思いつつもメールを始めたんですが、写メを見ると結構カワイイし、久しぶりに『お姉さん』と呼ばれ、何となくウキウキしながらメールしていました。



そのうちエッチな内容のメールもするようになり、マモルくんは彼女が居なくてほぼ毎日オナニーしているとのことで、つい私も主人との現在の関係を話すと、「僕でよかったらいっぱい慰めてあげるよ」などとウソかホントか言われただけで少しドキドキしていました。






そして毎日のようにマモルくんメールをするようになって、メールがないと心配になってしまうようになってしまいました。






そんなある日、『どうしてもお姉さんに会いたいな』と言われ、嬉しくて心臓がドキドキしてしまい、その日は何も手につきませんでした。



でも私は慎重にメールしました。






私『マモルくんが思ってるほどキレイじゃないよ』






マモル『外見なんか気にしてないよ!実際にお姉さんに会って、いっぱい話したいんだよ』






何度も誘ってくれるマモルくんの熱意に、とうとう会う約束をしてしまいました。






そして、いよいよ約束した日が来てしまいました。



当日は早くからおばさんっぽく見られないように慎重に服選びをして、お風呂に入って念入りに体を洗ったりして、気がつくとどこかで期待していた自分がいました。



待ち合わせ場所は平日の人気の少ない公園の駐車場。



事前に教えてくれたマモルくんの車を見つけ、外から手を振って助手席に乗り込みました。






マモル「本当に来てくれてウレシイです!」






私「初めましてかな!?メールでは仲良くなっちゃってるから初めての気はしないけど・・・!でも近くで見るとオバサンでしょ?」






マモル「そんな、写メよりずっとキレイですよ!ヤバイぐらい・・・」






私「ウフフ!マモルくんったら・・・そんなこと言っちゃって・・・何がヤバイのよ」






しばらく車内でゆっくり話して、楽しい時間が過ぎて行ったの。






マモル「アレ?まつげにホコリがついてるみたい」






マモルくんが手を伸ばして取ろうとしたので・・・。






私「あっ、本当?」






マモル「うん、お姉さんちょっと目閉じて!」






マモルくんの言われた通り目を閉じると、いきなり抱き締められてキスされたんです。






「えっ、ちょっと・・・んっ、嫌!」






短いキスだったけど、急にキスされてとっさに軽く抵抗してしまいました。



だけど、久しぶりに心臓の鼓動は激しくなって嬉しさが込み上げてきた。



潤んだ瞳で見つめられると可哀相になってきて・・・。






私「もぅ、しょうがないなぁ!手でいいでしょ?」






マモル「うん!嬉しい!」






マモルくんが嬉しそうにズボンとパンツをズラすと、主人のおちんちんより長さも太さも勝っていました。



そして、マモルくんのおちんちんはギンギンに勃起してお腹につくほど反り返っていました。






「あっ!すごい!」






思わず独り言のように呟いてしまいました。



私は躊躇うこともせず、おちんちんを優しく握るとゆっくり上下にシゴいてあげました。






「お姉さん・・・気持ちいい・・・」






マモルくんはシートに持たれて、私を優しく抱いたまま見つめていました。






私「すごい熱くなって・・・硬くなってる・・・」






マモル「お姉さんの手が気持ちいいから・・・ちんちん気持ちいいよ!」






シゴいてすぐに亀頭の先からマモルくんのお汁が出てきて、私の手もベチョベチョになってしまいました。






「ねぇ、お姉さんと・・・キスしたい!」






私もそれに応えてキスしてあげると強く抱き締めながら・・・。






「気持ちいいよ・・・イッちゃいそう・・・」






私はマモルくんの切なそうな表情に、「待って!まだガマンしてね!」と言い、ヌルヌルになった亀頭にキスしながら裏筋をチロチロ舌を這わせたあと、一気に口に咥え、頭を動かしてしゃぶってあげました。






「あっ!あっ・・・すごい!お姉さん・・・あぁ、もうチンチンが溶けちゃいそう!」






最近では夫にもこんなに積極的にフェラしたことすらなかったのに、マモルくんには自分からしてあげちゃいました。



さらに私も上着を脱いでブラウスのボタンを外し、マモルくんにブラジャーの上からオッパイを触らせました。



そしてさらに頭を激しく振りながらおちんちんをしゃぶってあげました。






マモル「あぁ、もうダメ!姉さん・・・イッちゃう・・・!」






私「いいわよ!お口の中にいっぱい出して!」






そのままマモルくんは、私のオッパイを強く掴んでおちんちんをビクビクッと脈打ちながら勢いよくお口の中に精液を放出しました。



私はマモルくんの放出した大量の精液をお口ですべて受け止め、ゴクンと飲み込んだあとも、もう1回おちんちんをしゃぶってキレイに舐めてあげました。






マモル「ごめんね!大丈夫?気持ちよくていっぱい出しちゃったよ!」






私「うん、大丈夫!マモルくん、いっぱい出たね!気持ち良かった?」






マモル「うん!すごかった!ありがとう!」






そう言いながらもマモルくんのおちんちんは勃起したまま治まる様子がありませんでした。






マモル「お礼にお姉さんも気持ちよくしてあげるよ!」






私「えっ、無理しなくていいわよ!」






マモル「お姉さんだって、このままじゃ、終われないでしょ?」






そう言うとマモルくんは私の背中に手を回してあっさりブラジャーのホックを外しました。



締め付けてたブラジャーが外されると、軽く揺れながら私の胸がマモルくんの目の前に飛び出してしまいました。



マモルくんはそれを見つめながら、私の座っている助手席のシートをゆっくり倒しながら、「お姉さんのおっぱい大きい・・・」と目を丸くしました。



確かに私の胸はEカップで弾力があります。






マモルくんはすぐに手を伸ばしてきて、私の胸をゆっくり揉み始めました。



私も抵抗はせず、マモルくんの好きなように触らせてあげました。






「あぁ、お姉さんのおっぱい・・・すごいよ!」






マモルくんは両手で胸を寄せて、硬くなり始めた乳首を交互に舐めてきました。






「あっ!」






私は思わず吐息を漏らして感じてしましました。



マモルくんはどんどん硬くなっていく乳首を舌で転がしたり吸ったり、舐められていない方の乳首は指で摘まれ引っ張られたり・・・。






「あぁ、あぁ~ん!」






想像以上にマモルくんの舌がねっとりと乳首に絡みつき気持ちよくて、自分でも吐息が喘ぎ声に変わっていくのがわかりました。



そして、マモルくんの手がスカートの中に入ってきました。



それもゆっくり太ももの内側を指が這ってきて・・・。






私「ねぇ、ここじゃだめよ!」






マモル「お姉さん、わかってるよ!でも、もうちょっとだけ・・・」






そう言って、とうとうマモルくんの指があそこに到達しました。






私「あっ!」






マモル「お姉さんのココ、すごい濡れてるのわかるよ!」






私「いや、もうそれ以上はだめ!ね、マモルくん・・・」






マモル「うん、わかってる!続きはホテルでしよ!」






私「そうね!」






そう言ってマモルくんが止めてくれると思ったら、また乳首を吸い始めました。



そして、パンティーの横からスルッと指が入ってきたんです。






「えっ、マモルくん・・・」






その指は的確にクリトリスに到達して弄られてしまい、どうしようもなく感じてしまいました。



乳首を舐められたり吸われたりしながら、指でクリトリスを弄られるのは私の一番弱い愛撫のされ方なんです。






「いやぁ、あぁ、だめよ!マモルくん・・・そんなことされたら・・・はぁ~ん、あぁ、だめ!」






口では抵抗してるけど、体はマモルくんの愛撫を全身で受け入れていました。



そしてリズミカルにクリトリスを擦りあげるマモルくんの指がとうとう中に入ってきました。






私「いやぁ、中は待って!ねぇ、お願いだから・・・」






マモル「お姉さん、大丈夫だよ!乱暴にしないから・・・だってスルッって入っちゃったもん!」






そう言って、また乳首を吸われながら、指を出し入れされ・・・。






「ダメ、そんなに早くしたら・・・イッちゃう・・・あぁ、あぁん、イク、イク、イクッ!」






とうとうマモルくんの指でイカされてしまいました。



私がグッタリして呼吸を整えていると、マモルくんはいじわるそうに中から抜いた指をわざと私に見せました。






「お姉さん、見て!」






その指からは私の愛液が滴り落ちていました。



それを見た私は顔から火が出るほど恥ずかしくなりました。






私「もう、恥ずかしいから・・・」






マモル「うん、でもビチョビチョになっちゃったよ!」






私「だってマモルくんの指すごいんだもん・・・」






マモル「じゃあ、この続きホテルでしようか!?」






私「・・・うん」






もう私の体は久しぶりの快感でスイッチが入ってしまっていました。



だってマモルくんのおちんちん入れてもらってないので・・・。



欲しい・・・って思ってました。






それから私たちは服装を直して、車を走らせてラブホテルに向かいました。