ちょっと前の話だけど、高校卒業後10年の学年全体での同窓会がありまして、俺はもう結婚もしてたし、変な期待もなく参加してみた。






流石に10年も経つと、女なんて派手な化粧したり、すっかり地味なオカンになってたりで、仲良かった子達以外は誰が誰か全くわからないそんな中、昔と変わらず清楚な雰囲気の女子を発見。



クラスが違ったし、大人しい子だったから話もしたことなかったが、少し気になっていた子だからすぐに思い出した。






話し掛けてみると意外と気さくに会話が出来て、楽しいひと時に。



彼女も結婚していて、派遣の事務仕事なんだけど、俺と同じ水曜休みとのこと。



そのうちランチでもとメアドを渡したけど、連絡来るとは思ってなかった。






翌日の日曜日、早速ランチのお誘いメールが届いた。



なんでも旦那さんが生魚が苦手な為、たまにはお鮨を食べたいとのこと。



まあランチならと安上がり、ちょっと良い店を予約して水曜日を迎えた。






待ち合わせ場所に現れた彼女は、濃紺のワンピースに白いバッグを合わせ、どこから見てもいいとこの清楚な奥様。



良い店にして良かったなと思いながら、何点かお好みで頼み、軽くビールで乾杯!



が、鮨をリクエストしたのに、彼女はあまり食べない。






職人さんが離れた隙に、美味しくないかと聞いてみると、彼女は小さな声で・・・。






「この後、服を脱いだ時に、お腹が出てたら恥ずかしいから」






理解するのに10秒はかかったが、冗談ではないらしい。



彼女が化粧直しに行ってる間に、携帯で近くのホテルのデイユースを予約した。



部屋に入ると、玄関から動かない彼女。






俯いて小さい声で、「こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね」と繰り返している。






現実感に乏しかった俺も、二人きりになると火がついて、彼女の唇を強引に塞ぐ。



最初は閉じていた唇が徐々に開き、彼女も俺の舌の動きに応えてくれた。






清楚なワンピースを着せたまま犯そうと、エレベーターの中から考えていた。



お互い何も脱がないまま、彼女の真ん中に堅くなったモノを押しつけると、俺より強い力で擦りつけてくる。



そのまま壁に手をつかせ、尻を突き出させる。



恥ずかしがる彼女の手を払い、スカートを捲りあげると、シルクの下着が色を変えていた。



荒っぽく下着を脱がせ腰を抱えると、彼女の口からは期待感に満ちた吐息が漏れる。



怒張を裂け目にあてがうと思った通り、十分以上の潤いがあった。






遠慮なく一気に突き入れる。



お互いに愛撫も無いまま、核心だけが繋がっている。



彼女は右手で体を支えながら、左手を口にあて必★に声を★していた。



その姿に興奮して、5分ともたずに彼女の尻の割れ目に射精した。






俺が果てると、彼女は白濁で服を汚さないよう、首の方からワンピースを脱ぐ。



背中を向けた彼女の尻から太股を伝っていく精液を眺めていると、すぐに硬直してきた。



シャワーを浴びようとする彼女をベッドに押し倒すと、すぐに抵抗は止む。






彼女も腹が据わったのか、「今度は私が」と囁きながら、俺の上に乗ってくる。






俺に跨りながらシルクのブラを外すと、掌からはみ出す程度、好みのサイズの乳房が現れる。



中心にある尖りは小さく、少女のように淡い色だった。






彼女は身体を倒し、俺の口元に乳房を寄せてくる。



吐息がかかるだけで震える背中を抱えて、先端を口に含む。



上目遣いに見ると、彼女は眼を閉じて瞼を震わせながら、快感を噛みしめていた。



左右をじっくりと愛撫すると、彼女が擦りつけてくる部分からは湿った音が響きだす。






すぐに入れたくなったが、彼女は腰をずらして俺への愛撫を始めた。



長いキスをし、首筋から胸、股間を過ぎて内腿を愛撫され、最後に硬直を舐めあげる。



どこで覚えたのか、袋まで丁寧に口に含んだ。



旦那さんの仕込みか確認すると、家庭ではほとんど行為がなく、彼がPCに貯め込んだ卑猥な動画をこっそり盗み見て勉強したのだと告白した。






俺のモノ自分の中に納めると、目を瞑り、口に手を押しあて、腰を使いだす。



しばらくの間、自分の欲求に素直な動きに没頭する彼女を見上げていたが・・・。



彼女の経験が浅いのは本当らしく、その動きはどこかぎこちない。



腰を掴み、下から打ちつけると、彼女は少し大袈裟なくらいにのけ反った。



声を押し★すことも忘れ、俺の上で踊る彼女はぞくぞくするほどの色気があった。






その言葉を信じるなら、彼女は二、三度達したらしく、その後は俺にされるがまま、上から覆いかぶさり、揺さぶられながら俺の首にしがみついていた。



爆発しそうになり、身体を離そうとすると彼女は更に強く俺を引き寄せる。



それでいいのならと動きを速め、彼女の奥で普段より永い放出を堪能した。






枕話に聞くと、彼女の嫁ぎ先はなかなかの名家らしい。



結婚後すぐに跡継ぎの話ばかりされ、1年もしないうちから不妊治療の話まで出た。



1人息子の旦那はだんまりを決め込み、周期の日のみ、おざなりに身体を合わせた。



普段は別室で休むようになるのに時間はかからなかったそうだ。



3年が経っても月一の行為は続いているが、彼女は旦那に原因があると信じていた。



嫁ぎ先の重圧もあり、妊娠すればそこから解放されると思いも強かったようだ。






同窓会で血液型を聞いてきた段階で、彼女は俺を選んでたのかも。



名家の清楚な人妻に種付け出来るとなれば、細かい感傷はなかった。



それから夏の終わりまで、殆どの水曜日を彼女と過ごした。






『ありがとう』の簡単なメールで終わりだったが、俺はその意味をまだ聞いていない。