今月初めの話。



俺とツレ(AとB)の三人で居酒屋で飲んでた時、座敷の方がすげー騒がしかったんだ。



何だろーと思ってたら、どうやら高校の卒コンだったらしくて、かなり盛り上がってた。



俺達は懐かしい思い出を肴に呑んでたわけさ。



で、ふと見ると・・・なっ!なんと女子校ではないか!?



俺達はもう気になって気になって思い出どころじゃない!



とりあえず、選別って事でよぉーく見渡すと、皆さんかなり酔っている模様。



可愛い子もチラホラ♪



でも俺はもう30だからナンパなんて相手にされないだろうし、なんせ向こうは20人ほどの団体さん。






A「無理でしょ・・・」






俺とB「だね・・・ハァ~」






あんまりうるさいので帰ることにして、キャバクラにでも行こうと店を出る事に・・・。



店を出て歩いていると居酒屋にライターを忘れた事に気付く俺。



10年も使っているジッポーを失くすわけにもいかないので、AとBに先に行ってもらい、俺は先程の居酒屋へ・・・。



卒コンは終わったらしく、いつもの居酒屋に戻っていた。



ライターを受け取り店を出て、とりあえず一服。



するとなにやら声がする・・・?






「大丈夫?名前は?歳は?一人なのか?」






よく見ると警察!?



酔っ払いはなんと、先程の騒いでいたうちの一人ではないか?



でも警察がいるので関わらないほうがいいかなと思い、何気に素通り・・・。



でも、チラッと見るとマジカワイイ♪



しかも18には見えない。



そこで俺、(助けてあげなきゃ!)っと勝手な解釈。






俺「あのぉ~」






警察「お宅、お連れさん?」






俺「そうですけど、何かしました?コイツ?」






知らない人なのにコイツって呼んでるし、俺・・・。






警察「女の子が酔って道で寝てれば保護しなきゃいかんでしょう!」






俺「すいません。気付いたら居なかったもので、探しに来たんですよぉ~(汗)」






女の子「・・・」






そんなこんなで警察からの説教と尋問をかわして、家まで送り届けるという事で警察は行ってしまった。



心の中ではかなりドキドキ!!



俺が捕まったらシャレにならねぇ~。



で、とりあえずそのままにしておくのもなんなので、声を掛け身体を揺する。






俺「もしもぉ~し?大丈夫ぅ~?」






女の子「ん~?んっ?おに~さんだぁ~れぇ?」






そこで俺は事情を説明。



彼女、警察に未成年というのがバレるとマズいと思ったらしく、寝たふりをしていたら本当に寝てしまったらしい・・・。



しかもかなりの酔っ払い状態♪






俺「友達は?」






優しく声を掛ける俺。



そして忘れていけないのはとびきりの優しげな笑顔!






女の子「ん~っと・・・」






俺「・・・?」






女の子「・・・」






俺「寝るなっ!」






女の子「んっ?わかんなぁ~い?」






俺「このままここに居てもまた警察来るかもしれないから、とりあえず友達を探しに行こう。ねっ♪」






捜すつもりもないくせに・・・。



でも心の中では、キャバクラとこの子の比率は7:3。



とりあえず少しでも酔いを醒ましてもらおうと、温かいお茶を買い差し出す。



辺りを見渡しても友達らしき団体はいない・・・。



時間を見たら11時を回ってる・・・。



どうしたらいいものか・・・なんて考えていたら。






女の子「オシッコしたい・・・」






俺「えっ!?マジで!?じゃあトイレ借りにいこうか?」






女の子「我慢できないからここでするぅ~」






俺「チョット待てよ~ここじゃまずいだろ~」






・・・と言ってる間にローライズのジーンズを脱ぎ出すではないか!?



初めて見る女の子のオシッコ姿に、この子とキャバクラの比率は10:0。






『A、Bよ、すまん』と心の中で合掌。






(ジョジョジョ~)






軽快に水の流れる音に興奮度70%UP!



小さめのお尻がまた可愛い。



すると・・・。






女の子「見たでしょ~?えっちぃ~(笑)」






俺「見せたんでしょ?」






女の子「ウフッ♪」






(大丈夫かこの子?)






俺「さぁ~どうするの?友達捜す?帰るならタクシーまで送るけど?」






女の子「お金ないしぃ~、おにいさん送ってぇ~」






(マジかコイツ?初対面の俺に・・・)






改めて顔を見ると竹内結子似でかなり可愛い。



胸もそこそこ、B?いやCはある!



ということでテイクアウト決定♪






送ると決めて車まで肩を抱き、恋人気分の俺。



そういえば名前も何も知らない!?



色々と探りに入る。






名前はミカ(仮名)。



高校を卒業したばかりの18歳(予想通りだ・・・)。



彼氏はいない(問題なし♪)



家を聞くと、ここから1時間はかかる所で送るのは無理と判断。



言うまでもない!では、頂きます(合掌)!






ホテルへと直行~♪



酔っているミカは軽いノリで「行く~♪」の一言を最後に寝てしまった・・・。



ホテルに到着して起こしてみたが起きない(涙)



仕方がないのでおんぶをして入室。



ミカをベッドに寝かし、とりあえず一服。



ビールでも呑んで作戦会議、俺対俺、どーする?



俺会議の結果・・・。






風呂にでも入ろう♪






シャワーを浴び、ミカを見ると、ジーンズのボタンとファスナーが外れて水色のパンツが見えるではないか!?



最近使われていない息子さんもピクッ♪ピクッ♪



キタァ~~~!!



とりあえず、身体測定決定♪



少し変態な俺。



この際思いきり変態になろうじゃないか友よ!






まずブラウスのボタンを外しブラチェック。



パンツとお揃いの水色、大きさはビンゴぉ~Cカップぅ~♪



私は神を信じます!!と意味不明な事を思いながら背中に手を入れホックを外す、そして乳首とご対面。






(か、可憐だ・・・)






思わず息を飲む。



誰も踏み入れた事もないような、めちゃ綺麗なピンク。



先っぽも小さめ、形もいい。



軽く乳首に触れるとツンッと立った。



心の中で俺は『ちっ!乳首が立ったぁ~』と大声で叫んでみた。






たまらず先っぽをテイスティング。



うまい!?なんとも若いおなごの味はたまらん!!



舌で転がしながら軽く吸い、色、艶、香りを愉しむ。



右手は左の胸を揉む。



すると・・・。






ミカ「んっ・・・うーん・・・」






心臓バクバクです。



起きてるかと思い顔を近付けてみる。



無反応・・・。



軽くキスしてみる。



無反応・・・。



唇を噛んでみる。



無反応・・・。



つっ、つまらんで再開したのさ♪






やっぱり気になるのは?下のほうである。



はやる気持ちを抑え、ローライズのジーンズに手を掛ける。



スリムタイプなため、楽しみに取っておいたパンツまで・・・。



ミカが寝返りを打つタイミングを見計らって・・・一気に脱がすっ!!






目の前に現れたのは薄めのヘアーとピンクのアソコ。



脚を開いてM字でしばし堪能する。






・・・んっ!?



部屋のライトに反射して光ってるではないか!?



濡れてる・・・!?






軽く触れると微かに反応するミカ。






ミカ「んっ・・・ぁっ・・・うぅ~ん」






またしても心臓バクバク。



起きたっ・・・!?



言い訳なんてできない。



俺はバスタオル一枚で、ミカは下半身裸・・・。






ミカ「えっ!?誰っ!?どこ!?」






かなり焦る俺。






俺「おはよう」






とりあえず挨拶してみる。



まだはっきり起きてない様子なので、さらにクリを弄ってみる。






ミカ「あっ・・・!!・・・ぅん・・・ィ、ィャ・・・なっ・・・なんで・・・わ・・・たし!?・・・アンッ・・・はだ・・・」






かなり感度は良い、そこで俺は無言でさらなる口撃をする。






ジュル・・・レロレロ・・・チューチュー。






ミカ「あっ・・・んっ・・・ダメ・・・キモチイイ・・・ソコ・・・イキソウ・・・」






ペースを速めると、ミカは俺の頭を掴みイッたみたいだった・・・。



とりえず優勢とみて、状況説明と経緯を話す。



すると・・・ミカはなんとなく思い出したみたいで納得。



なぜ下半身裸なのかは俺が我慢出来なかったと苦しい言い訳で無理矢理納得。






俺「イヤならやめるけど・・・」(一旦退いてみる)






ミカ「あのぉ~イヤじゃないんですけど・・・」






俺「けど・・・どした?」






ミカ「いや・・・続けたいです・・・」






意味深な言葉に疑問を感じながら再開っ♪



今度は起きてるし、素直な反応に息子さんも超エレクト!!



改めてキレイな身体を舐めるように見ながら、張りのあるオッパイを攻め、右手はクリへ・・・。



反応はするけど声を我慢している様子!?



そして指を挿入・・・。






ミカ「ぁっ!?・・・イッ・・・タ・・・ィ・・・」






(・・・んっ!?)






かなりキツい。



まさかねぇ・・・と思いながら軽くピストンすると溢れ出してくる愛汁・・・。



相変わらず我慢気味。






俺「そろそろ入れてもいい・・・?」






ミカ「・・・コクン・・・」






小さく頷く。



かなり顔が紅潮しているのが、絞ったライトでもわかる・・・。






いざ、挿入っ♪






息子さんに帽子を被せ、脚を開き、ビチャビチャのオマンコに宛てがい、体重をかけると・・・。






ミカ「いったぁ~い!!」






(えっ!?まさか・・・)






そのまさかだった・・・。






俺「ミカちゃん・・・はじめて・・・?」






ミカ「・・・ぅん・・・」






(マジかよっ!!お持ち帰りで新車かよっ!?)






俺「やめょうか?」






首を横に振るミカ・・・。






ミカ「ぅぅん・・・いいんです・・・続けてください・・・」






止めてと言われても収まる訳もなく、しばし葛藤する俺対俺。






(・・・どうする・・・!?)






終わってから考える事にして続ける俺。



ゆっくりとピストンを開始すると顔を歪めながら俺にしがみつく。






ミカ「んっ・・・アッ・・・んっ」






俺「痛い?」






ミカ「だっ・・・だいじょうぶです・・・」






あまり長く続けるのも可哀想と思い、早めに発射。






一息ついて話を始める。



ミカちゃん曰く、早く捨てたかったらしい・・・。



俺は嫁さんもいるので連絡先等は交換しないで送って行きました・・・。