高校のときに同じクラスだった萌(めぐみ)と久しぶりに同窓会で会った。



高校のときから俺は萌のおっぱいばっかりに興味があった。



萌は、「彼氏がいるけど全然かまってくれなくて、挙句の果てには浮気をされている」みたいなことを言っていた。



そんな萌と同窓会で再会してラブホに行ったときの話です。






一次会、二次会と終わり、俺は次の店には行かずに帰ることにした。






一次会、二次会と終わり、俺は次の店には行かずに帰ることにした。






萌「◯◯くん、私も一緒に帰ろうかなって思うんだけどいい?」






俺「あっ、いいよ!次の店に行かなくていいのか?」






萌「明日は仕事休みだけど、いいや」






俺「そっか、俺も明日は久しぶりの休みなんだ」






萌「じゃさ、みんなに黙って2人だけで飲みに行かない?」






俺「ナイスアイデア!」






とりあえず同窓たちの輪を抜けて、俺たちは帰るということにして、違うお店へと向かうことにした。






萌「なんちゃって実は私、もう飲めないんだ(笑)」






俺「だろうと思ったよ、じゃあどうする?」






萌「ちょっと待ってて、彼氏に連絡してくるから」






俺「あ、うん」






彼氏と同棲をしているらしく、「今日は帰らない」と言って出てきたらしい。






俺「萌、俺について来て」






萌「うん、いいよ」






俺は萌に彼氏がいるのに関わらず、近くのホテル街へと向かった。






萌「◯◯くん・・・ここ?さすがに・・・」






俺「俺、昔から萌のことが好だった」






萌「え?そうだったんだ・・・」






俺「でも、さすがにまずいよね」






萌「うん・・・」






萌は考え始めたが、すぐ返事が来た。






萌「◯◯くんからのお願いだし、今日はどうせ帰らないつもりだったからいいよ」






俺「え?いいの?」






萌「いいよ、私で良ければ」






俺は萌とラブホに入った。






俺「宿泊でいいよね?」






萌「◯◯くんと朝まで一緒か・・・。ちょっと緊張してきた(笑)」






俺「俺もちょっと緊張してきた。そうだ、萌が好きな部屋を選んで」






萌「じゃあここ」






さらに緊張してきた。






萌「◯◯くん、お部屋に行こう」






俺「あっ、うん」






萌「緊張しすぎだから(笑)」






エレベーターに乗り、部屋に向かった。



エレベーターの中で俺は萌のおっぱいを触った。






萌「ちょっと・・・」






俺「萌ってデカいよな」






萌「そんなことないよ」






俺「何カップ?」






萌「Fだよ」






俺「やっぱ大きいじゃん」






そんな話をしながら部屋に入った。



仮精算を済ませた。






俺「先にシャワー浴びる?」






萌「そうだね、なんか暑いし、汗ビショビショだから入ろうかな」






俺「一緒に入る?」






萌「◯◯くん、我慢できなくなるよ?」






俺「俺、すでに我慢できないけど」






エレベーターの中で軽く勃起していた。






俺「俺も一緒に入る」






萌「しょうがないな」






俺「萌のおっぱい見たいし」






萌「バカ!」






そして服を脱ぎ、どこも隠さず、お互いに風呂場へ向かった。



萌のおっぱいは想像以上に大きかった。






萌「◯◯くん、もうこんなにしちゃったの?」






俺「萌のおっぱい見たら、こんなになっちゃった」






萌「彼氏より大きくて太くて立派」






俺「大きいのは好き?」






萌「・・・好きだけど・・・」






俺「俺もおっきいおっぱい好きだよ」






風呂場でいちゃつき、キスをしたり、おっぱいを触ったりした。






萌「◯◯くん、ダメだよ・・・あっ・・・」






俺「『ダメ』って言いながら感じてるし」






萌「だって触り方がいやらしいんだもん」






俺「じゃあ乳首も触ってあげる」






萌「ダメ・・・あっ・・・あん・・・」






俺「スゲェ、びんびんになってる」






萌「乳首弱いの・・・あん・・・」






萌のおっぱいを揉みまくり、乳首触り舐めまくった。






俺「萌、俺のもしてくれよ」






萌「◯◯くんのデカすぎ・・・こんなの入らないよ」






俺「舐めたりしてよ」






萌「大きいから私の口じゃ咥えきれないよ」






そう言いながら萌は、手コキやパイズリをしてくれた。






俺「パイズリなんてされたら俺・・・出ちゃう」






萌「いっぱい時間があるから、いっぱい私にザーメンちょうだい」






俺「あっ・・・イク・・・」






俺は萌のおっぱいに出した。






萌「すごいいっぱい、それに濃いし(笑)」






俺「気持ちよかったよ」






萌「今度は萌のここに入れて」






もう一度シャワーを浴びてベッドへ向かった。






俺「萌・・・」






萌「う・・・あん・・・」






萌にクンニした。






萌「ダメ・・・そんなに舐められたら出ちゃうから」






俺「いいんだよ、いっぱい出しな」






萌「あっ・・・あー!」






萌は潮を吹いた。






俺「もうギンギンだから入れてあげるね」






萌「そんな大きいの・・・入らないかも」






俺「萌のマンコを壊してあげる」






萌「うん、来て・・・」






正常位で俺は入れた。






萌「◯◯くんの大きくて奥まで当たってる」






俺「そんなに締めつけたらすぐ出ちゃうって」






萌「だって大きくて気持ちいいんだもん」






俺「萌・・・気持ちいいよ・・・」






萌「好きなとこに出していいからね」






俺「中でも?」






萌「今日だけだよ」






俺「じゃ2発目は中出ししよっかな」






萌「いいよ。中にちょうだい・・・」






俺は本当に中に出した。






萌「◯◯くん、好きだよ」






俺「俺も萌と一緒にいたい」






萌「私も・・・彼氏より好きかも」






俺「どうする?」






萌「考えておく」






それから朝まで4回もエッチした。



萌と再会して1ヶ月、萌は彼氏と別れ、俺のもとに来た。



萌も今は2児の母だ。



あの日のエッチを思い出すと、いまだに興奮する。