僕が小学校の頃、近所の借家に僕より2つ下の真姫ちゃん(仮名)という女の子が住んでいた。



母子家庭で、母親は日中は仕事。



真姫ちゃんが幼稚園の頃から、学校が終わってから夕方まで彼女を自分の家で預かったり、僕が彼女の家に行って遊び相手をしたりしていた。






そして僕が小5、真姫ちゃんが小3の時に、2人で『痴漢ごっこ』をするようになった。



子供の遊びらしく、真姫ちゃんがその都度考えたストーリー。



たとえばOL役の真姫ちゃんが痴漢役の僕に電車内で痴漢されて襲われるというありきたりな内容で、痴漢役の僕が真姫ちゃんのスカートを捲ったり、ヒップを触ったりする程度のものだった。



それでもお互いにかなりエッチなことをしているという自覚があって、2人だけの秘密の遊びだった。






ある日、僕が真姫ちゃんの家に遊びに行った時、いつものように真姫ちゃんの部屋で痴漢ごっこをした。



その時は痴漢役の僕がキャッキャッ言いながら逃げ回るOL役の彼女を追いかけてはヒップを触ったりしていた。



そこまではいつもと変わらないのだが、そのとき僕が勢いで真姫ちゃんのオッパイを、服の上からだったが口をつけて舐めるフリをしたら、思いきり手をつねられた。






真姫ちゃんは、「そこまでしたらダメ!ごっこなんだから!もうしない!」と怒ってしまった。






そして真姫ちゃんはベッドに横になり、漫画を読みはじめてしまった。



しばらくしたら機嫌が直ったのか、「一緒に読む?」と言うので、僕もベッドに横になって彼女の背後から漫画を覗く格好になった。



僕はその時、後ろから真姫ちゃんのヒップを触った。






「も~!痴漢ごっこはしないって言ったでしょう」






そう言う真姫ちゃんだったが、僕はそのまま彼女のスカートの中に手を入れ、さらにパンティの中に手を入れようとした。



真姫ちゃんは小声で、「ちょっと!ダメッ!ダメッ!」と言いながら必★で手を入れられないように抵抗していた。



真姫ちゃんが小声だったのは、じつはその日は彼女のお母さんが在宅してて、お母さんの友達も遊びに来ていたからだ。






そうこうしているうちにマキちゃんのパンティの中に手を入れることができ、彼女も抵抗しなくなった。



生でヒップを触られていた真姫ちゃんは、少し強張った表情で完全に固まっていた。






「真姫ちゃんのお尻、すごく柔らかいね。お尻を触られたんじゃ、大きくなったら僕と結婚しなきゃね」






そんなことを言いながらずっと触っていた。



夕方になって帰る時間まで、たぶん2時間くらいそうしていたと思う。






数日後、僕の家に真姫ちゃんが遊びに来た。



この前のことなどなかったかのように明るく振る舞う真姫ちゃんだったが、なぜかしきりに「私の家に行こうよ」と誘ってきた。



そして、「うち今、お母さんいないから」と耳打ちするので、僕は期待してマキちゃんの家に行った。






家に入ると真姫ちゃんは、「この前の続きしよ!ずっとお尻を触られてて、最初は嫌だったけど、だんだんエッチな気分になっちゃったの!だからまたして」と言った。






ベッドに2人で横になり、真姫ちゃんのスカートを捲り上げてパンティの中に手を入れ、ヒップを直接触った。



真姫ちゃんは、「ねえ◯◯君。オチンチン大きくなってるの?」と聞いてきた。



当然、僕は勃起していた。



真姫ちゃんは、「ねえズボン脱いで、オチンチンを真姫のお尻に当ててみてよ」と言った。



僕がズボンを脱いでチンチンを出すと、真姫ちゃんは自分でパンティをスルッと下ろした。



そして・・・。






「ねえ、これって大人の人がするセックスってヤツなんだよ!◯◯君が将来私と結婚してくれるならセックスしてもいいよ!」






僕はチンチンを真姫ちゃんのヒップに押し当てた。



真姫ちゃんは、「精液も出していいよ!ほら早く~」と言って腰を前後に動かし始めた。



小3の女子が射精のことまで知っていたのは驚きだった。



まだ保健体育の授業も生理の講座も受けていない年齢のはずなのに。



そういう僕も射精のことは知っていたが、まだオナニーも未経験だった。






真姫ちゃんは、「◯◯君も一緒に腰を動かして!これってセックスのやり方のひとつでバックって言うんだよ」と言った。






ただ真姫ちゃんがしゃべる内容からは、彼女はセックスしたら子供が出来ることはまだ知らないみたいで、ただ男と女が大事なところを押し付けあって、気持ち良くなって男が精液を出すのがセックスだと思っていたようだ。



そこはやはり小3の女子という感じ。



まあ当時は僕も挿入のことなど知らなかったわけだが・・・。






僕と真姫ちゃんは布団の上でずっと一緒に腰を動かしていたが、もう夕方近くになっていた。



真姫ちゃんが、「そろそろお母さんが帰ってくる時間だよ。まだ精液は出ない?」と聞いてきた。



そして、さらに激しく腰を前後に動かした。



次の瞬間、僕は下腹にキューンと来るような気持ち良さがあり、真姫ちゃんのヒップに射精した。



僕の精通だった。



少ない量で透明な精液だった。



その後、真姫ちゃんは僕の頬や口に何度もチュッチュとキスをしてきた。



真姫ちゃんが僕にキスしてる最中に彼女のお母さんが帰ってきたらしく、玄関のドアが開いた音がしたので2人とも急いでパンツを穿き、何事もなかったかのように僕は真姫ちゃんのお母さんに挨拶して帰った。






その翌週の週末も僕達は真姫ちゃんの家で同じようなことをした。



その日は2時間くらいかけて射精した。



また次の週末に真姫ちゃんの家に行くと、「ねぇ、今日はすぐにはセックスでしないで、痴漢ごっこからはじめようよ」と言った。



続けて、「ねぇ、今日は真姫が考えたお話しでしよう」と言い、内容を僕に詳しく説明してくれた。






『痴漢されるエレベーターガール』というストーリーだった。



真姫ちゃんの家には半畳ほどの物置があり、そこをエレベーターに見立てて、エレベーターガール役の真姫ちゃんを痴漢役の僕がレイプするストーリーだった。






「今日は本当に真姫のオッパイも触らせてあげる」






彼女は小3だからまだブラジャーはしていなかったが、真姫ちゃんはレースのハンカチをヘアゴムで縛ってブラジャーの形にしたお手製のブラジャーを僕に見せ、痴漢ごっこの時はそれを着けてくれると言った。



そしてパンストとミニスカート、帽子など、着用する物を僕に見せると、着替えるから部屋を出てと言った。



しばらくするとエレベーターガールのコスプレをしたマキちゃんが部屋から出てきた。



ミニスカートに白いブラウスにスカーフ、大きなリボンの付いた帽子という格好がちょっと大人っぽくて、いつもと違う雰囲気の彼女に正直ドキドキした。



真姫ちゃんは、「じゃあ下で待ってるから来てね」と言った。






僕は少ししてから1階のエレベーターという設定の物置に向かい、ドキドキしながら戸を開けた。



真姫ちゃんは、「いらっしゃいませ」とお辞儀した。



痴漢ごっこの行動と台詞は、その都度真姫ちゃんが僕に指示を出す形でストーリーが進行していった。



まず痴漢役の僕がエレベーターガール役の真姫ちゃんのヒップやオッパイを触った。



痴漢がスカートを捲りあげようとすると、必★に抵抗する彼女。



そして痴漢役の僕が「服を脱げ」と脅すと、エレベーターガール役の真姫ちゃんは、「やめて!他のお客様が乗って来ます!イヤッ!」と言いながら抵抗するも、痴漢役の僕にスカートを捲り上げられ、パンティを見られた後、1枚ずつ服を脱がされてしまう。



下着姿にされたエレベーターガール役の真姫ちゃんを、さらに痴漢役の僕が体中にキスしたり触ったりした。



そして真姫ちゃんお手製のブラジャーの上からオッパイを触った。



小3の真姫ちゃんの胸はぺったんこだったが、“巨乳のエレベーターガール”という設定だったので、それに対するエッチな言葉責めの台詞も言わされた。



痴漢も巨乳エレベーターガールのオッパイが目当てという設定だった。






僕は抵抗するエレベーターガール役の真姫ちゃんを床に押し倒し、お手製のブラジャーを外し、本当にオッパイを舐めた。



その後、エレベーターガール役の真姫ちゃんは・・・。






「痴漢さん!やっぱり私のオッパイが目的だったのね!いっぱい舐めたからもう満足でしょう!さあ他のお客様が乗って来ますから・・・もう止めてください」






しかし、痴漢役の僕は服を脱ぎ始めた。



(もちろんこれも真姫ちゃんの指示)



エレベーターガール役の真姫ちゃんは、「どうしてアナタが服を脱ぐんですか?まさか私のアソコで精液を出すつもりなんじゃ!!」と言った。



痴漢役の僕はパンティの上からアソコに顔をうずめて、「ダメだ!次はお前の大事なところを!」と言い、パンティの上からアソコに何度もキスした。



そして痴漢はエレベーターガールのパンティを脱がせようとする。






「痴漢さん!パンティだけは許してください!ここで精液を出されたら困ります」






と彼女は言うが、抵抗虚しくパンティを脱がされてしまう。



僕が後ろから真姫ちゃんのヒップにチンチンを押し付けようとすると・・・。






「今日は前からして、真姫のアソコにオチンチン当てて!」






痴漢役の僕は彼女のアソコにチンチンを押し付けて腰を振った。



エレベーターガール役の真姫ちゃんは、「イヤッ!ダメッ!他のお客様が乗ってきます」と言いながらもだんだんと気持ち良くなり一緒に腰を振り始めた。



腰を振っている最中に真姫ちゃんは、「◯◯君!真姫、本当にアソコが気持ち良くなってきた。アンッ!」と言った。



当時は2人とも挿入の知識はなく、ただ正面からチンチンを真姫ちゃんのアソコに当てて腰を動かしていたのだが、それでも繰り返される刺激に彼女も気持ち良くなってしまったんだろう。



僕の方はもう十分に気持ちよかった。



僕はかなり興奮したため、いつもより早く射精した。



20分くらいだったと思う。






痴漢ごっこはそこで終わりではなく、2人とも服を着終わったあと、すぐに他のお客がエレベーターに乗ってくるというストーリーだった。



そしてエレベーターガール役の真姫ちゃんは、痴漢役の僕にレイプされたのが気持ちよかったので、僕に対して、「またのご利用をお待ちしております」とお辞儀するのだった。



そしてストーリーは次回に続くのだった。






その日は僕が早く射精して時間がまだあったので、続きのストーリーもすることにした。



2回目のストーリーで、再びエレベーターを訪れた痴漢。



エレベーターガールは前回のレイプで感じてしまい、「ようこそ、いらっしゃいませ」とお辞儀し、スカートを捲って僕にパンティを見せた。



そして、「今日はお客様が多いので早く済ませてくださいね」と言ってパンストとパンティを膝まで下ろし、スカートを捲り上げて、「今日はバックでして下さい」と言う。



痴漢役の僕はズボンを下ろしてエレベーターガールのヒップにチンチンを押し付けて腰を振るというストーリーだ。






僕が彼女のヒップにチンチンを押し付けると、エレベーターガール役の真姫ちゃんは、「どう?痴漢さん、私のお尻は。私はオッパイが大きいだけの女じゃないのよ。今日はこれで精液を出してくださいね」と言った。






もちろん僕が射精するまでやらされた。



真姫ちゃんのヒップにはごく少量の透明な精液がついた。



2人が服を整え終わった夕方5時半過ぎ、ちょうど真姫ちゃんのお母さんが帰ってきた。






痴漢レイプごっこは、彼女が小4になって引っ越すまで続き、毎週末真姫ちゃんの家でやっていた。



たまにOL編などもあったが、ほとんどが上記のエレベーターガール編で、続き物のストーリーだった。



たまに、エレベーターガールに逆にエッチなイタズラをされる男性役もやらされた。