兄嫁は25歳。






僕からみても美人で綺麗で抜群のプロポーションが魅力的だ。



結婚後、5年経つが子供がいない。



僕は兄の所に嫁いで来た時から、憧れていた存在だった。






今年の夏に兄貴が出張中に義姉の下着を拝借し、オナニーをしていた所を義姉から見付かってしまった。






次の日の夜、義姉が僕の部屋に入って来て「どうしてあんな事したの」って悩ましい声で訪ねて来た。






「義姉が好きだから」と言うと義姉が突然僕のペニスを触りだし、「こうして欲しいんでしょ」と言うなりペニスをズボンから取り出し扱き始め、やがて口に含んで舐め回した。






僕はあまりの気持ちよさに口の中に射精してしまった。






その後はベッドに入りセックスをしてしまいました。



この兄嫁に童貞を捧げて以来、深い関係になってしまった。






今は、一週間に2回は学校に行く前に二人で秘密のセックスをする。



僕は兄嫁にセックスのイロハを教えてもらい、兄嫁は兄貴との交わりも殆ど無いらしく、僕に夢中でセックスの色々な体位や極意の技などを試み、楽しんでいるようだ。



どうも兄嫁は不妊の体質らしく、いつも生での中出しでやっている。



僕も兄嫁の言い成りになってしまった。



それほど兄嫁とのセックスは最高だ。



いつも、キッス、69、騎乗位、後背位、座位、そして正常位でしっかりと抱き合い、キッスしながら、兄嫁の中にたっぷりと射精する。



抱き合ったまま、深く、深くザーメンを注ぐ。



終った後は二人は一緒にシャワーを浴びながら、もう一回、兄嫁をバスタブに手をつかせて、バックで挿入して奥深く射精する。



それから、学校に行く。






兄嫁は「仕事に夢中で自分をかまってくれない兄が悪いのだ」と言いながら、今では僕とのセックスに生き甲斐を感じ、僕の子を生みたいと言っている。



いつまでこの関係が続くのか、この快楽から僕は当分逃げることは出来ないだろう。