私が大学生の時の話。



女子中学生の家庭教師をしていた。



今の中学生と違って、その頃の中学生は本当に素直で純真な感じだった。



週に3回ほど行っていた。






最初は部屋も綺麗に片付けられていたのだが、そのうち部屋に入ったときに、ベッドの上に可愛い下着が脱ぎ捨てられているようなこともあった。



何かの用事で階下におりていったときに、ついその下着を手に取ってしまった。



パンツのちょうどそのところは薄く色が着いていた。



思わず、そこに口をつけてしまった。



それだけでギンギンに硬くなってしまった。






5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなる頃にはずいぶんと親しくなっていた。



その年の夏は猛暑だった。



タンクトップやランニングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。



「暑い、暑い」と言って、わざとらしく僕の前で着替えることもするようになっていた。



時にはブラジャーを着けないでいることもあった。



僕は14歳の少女の誘惑に負けそうだった。






親の承諾を得て、夏の海に日帰りで遊びに行った。



ゴムボートで波に揺られていたとき、自然な流れでキスをした。



その子との初めてのキスだった。






それからは家庭教師に行ったときでも、親の目を盗んでは勉強部屋で抱き合うことも多くなった。



まだミルクの匂いがするような幼い体の匂いだった。



胸はそれなりに大きくなってはいたが、乳首はまだきれいなピンクだった。



それでも、先を口に含んでやると切ない声を漏らした。



勉強はよくするようになったので親には感謝されていた。






若い体に唇を這わせているうちに胸や太ももにもキスマークがついてしまったが、その年頃になると親と一緒に風呂に入ることもなかったので、ばれることはなかった。



修学旅行などで同級生にばれないか心配だったが、若い体だけにキスマークは少し経てば消えた。






めでたく彼女は有名私立女子高校に合格した。



親は大変な喜びようであった。



そのため高校に入っても家庭教師を続けることになった。






高校生になると、彼女はますます奇麗になった。



有名私立高校の授業のレベルは高く、大学生の家庭教師が教えられる程度を超えていたが、その子が両親に、「先生に教えてもらうとよく分かる」と話していたので、家庭教師はそのまま続けられた。



その頃になると、私はその子の虜になってしまっていた。






「肩揉んで!」






彼女は私のそうした心を弄ぶようになっていた。



彼女の気分や都合で私を自由に弄んだ。



簡単にはキスやペッテングを許してもらえなかった。






そうした反面、「足舐めて」と部活をして学校から帰って来たままの汚れた足を舐めさせられたこともあった。



体にキスをする場合でも、彼女の命令の通りにしなければならなかった。



たびたび、あそこを舐めさせられたこともあった。



1日活動してきたままのシャワーも浴びていない汚れたままの若い娘のそこは、嫌な臭いではなかったが独特の匂いがした。






ただ、このような生活は嫌いではなかった。



私はそれほど彼女に夢中になっていた。



私はどんどん彼女の奴隷のようになっていった。






その娘が高校3年生になった頃、上野の美術館に特別展を見に行った。



朝から出かけたので、昼すぎには見学も終わり、2人で食事をした。



午後、彼女に「ついて来て!」と言われ、鶯谷へ行った。



どこで調べておいたのか分からないが、あるホテルに入った。



それまで彼女とはセックスはなかったので、今日は許してもらえるのかと期待に胸を弾ませて入った。






しかし、そこは普通のラブホテルではなかった。



いわゆるSMの部屋だった。



そこで私は全裸になることを命じられた。



仕方なく裸になった。



そして、キリストのように十字架に磔にされた。






彼女はムチを取った。



そして突然、ムチを振り下ろした。



最初は太腿近くに当たった。



息が詰まるほどの痛みが全身を貫いた。



次々とムチで打たれた。



下腹、胸、足の付け根・・・体中がミミズ腫れになった。



ムチがあそこに当てられたとき、あまりの痛さにとうとう失禁してしまった。



しかし、これはまだ序の口だったのだ。






磔にされたまま、彼女は洗濯バサミのようなものを取り出した。



そのひとつで乳首を挟んだ。



男の乳首にも神経が集中しているので失神するほどの痛みが走った。



胸に4つ、腰に4つ、腹に6つと挟まれた。



急所の袋にも6つ挟まれた。



耳、鼻、唇にも挟まれた。



そうして、またムチを取り出し、体に振り下ろされた。



洗濯バサミはそのムチで跳ね飛ばされた。



それが外れたときに感じる痛みは、挟まれたとき以上だった。



こういう痛みを受けたことのない女子高校生の拷問は限度がなかったのだ。






次に彼女が取り出したのはダーツの矢のようなものだった。



先には細い針がついていた。



そのダーツの矢を持って、私の体を的にして投げつけてきた。



最初の1本を投げつけられたとき、恐怖で声を上げてしまった。



痛みというよりも、矢が体に刺さり、血が吹き出してきたのが恐怖だった。



当たり所によって痛くないこともあったが、神経に触れたようなときは震えるほどの痛みを感じた。



胸から腹へ、そしてその下の方に的を移していったので、最後はあそこに当てられるかと思った。






十何本かが体に刺さったときに、ようやく投げるのをやめた。



そして、またムチを持ち出した。



体に刺さったままムチで打たれたら深く刺さってしまうのではないかと思った。



しかし、その後、針は1本ずつゆっくり抜かれた。



抜くたびにそこからは血が流れ出していた。






磔台は電動になっていて、スイッチを入れると縦になっていた台が水平になった。



次はローソクだった。



赤い太いローソクに火が点けられ、溶けた蝋が落とされた。



ムチの跡や針のキズに熱いローソクが容赦なく落とされた。



もう限界だった。



相手が教え子であるということを忘れて、「助けて下さい」と思わず敬語になってしまった。



しかし彼女はなかなか止めなかった。



そして、やっと磔から私を解放したとき、彼女のあそこはヌレヌレだった。






「抱いて」






やっと女子高校生らしい表情になって甘えてきた。



2人でベッドへ移動し、初めてのセックスをした。



彼女は初めてだった。



充分に濡れてはいたが、挿入したときは、「痛い、痛い」と可愛い声を出した。



これで私たちの立場は逆転したかに感じたが、その後も彼女の女王様ぶりは変わらなかった。






彼女が大学に進学したとき、マンションを借り一人暮らしを始めた。



その頃はもう家庭教師の仕事は辞めていたが、彼女から連絡があり喜んで出かけた。



それが彼女のマンションに行った最初である。



初めてマンションに入ると、イチジク浣腸が並べてあった。






「これで腹の中をきれいにして来なさい」と言われた。






「きれいにしないと、後で大変なことになるからね」






私はそれがどういうことなのか、そのときはまったく予想しなかった。



お手洗いに行き、自分で自分に浣腸をした。



浣腸は何個も用意されていたが、1度出しただけでお手洗いを出た。






「きれいにしてきたのね」と言うので、「はい」と返事をした。






「じゃ、裸になってお尻を出しなさい」



「足を手で抱えて仰向けになりなさい」






言われた通り、自分の足を抱えて仰向けになった。



彼女の手にはソーセージが握られていた。



それをアヌスに当て、ゆっくり押し込んだ。



そしてゆっくりと押したり引いたり始めた。



その上でオナニーを命じられた。






「出るまで止めないよ」と言われ、彼女の目の前でオナニーで射精をさせられた。






その間もお尻に入っているソーセージは彼女の手で動かされていた。



射精をするとソーセージは抜かれた。






「お尻は自分できれいにしたのね。じゃあ、これ食べられるよね」






それを顔の前に突き出した。



浣腸のあとではあったが、そこにはべっとりと便がついていた。



私は1度で浣腸を止めたことを後悔した。






「食べなさい!」






私は便のついたソーセージを食べさせられた。






私はそれからも、何度もマンションに呼びつけられることになる。



次のマンションに行ったときは、すぐに全裸にさせられた。






「手を背中に回しなさい」






後ろ手に縛られた。



引き出しから電気マッサージ器を出してきた。



それは肩こりなどに使う普通のマッサージ器で、町の電気店などで売っているものなので、女子大学生が購入しても何の不思議もないものである。






マッサージの電源を入れると、私のあそこに押し付けた。



私はそれまでマッサージ器などあそこに当てたことなどなかったので、その刺激は強烈なものだった。



すぐにそこは大きくなった。



すぐにでも射精しそうになった。



彼女はそこが大きくなるとマッサージ器をすぐに離した。



そして萎えてくるのを面白そうに待った。



小さくなると、またマッサージを押し付けた。



射精しそうになると、また止めた。



直前で止められることは非常な苦痛だった。



彼女はこれを何度も繰り返した。



最後にそこに小さなビニール袋を被せ、射精させられた。



射精したときはもう快感はなくなっていた。



射精させられたとき、(ああ、やっとこれで終わった)と思った。



しかし、これで終わりではなかったのだった。






「口を大きく開けなさい」






口を開けさせられた。



ビニール袋に入ったザーメンを私の口の中へ絞り出した。






「全部飲みなさい!」






口の中のザーメンを飲み干すと、袋を裏返しにして、最後の一滴まで舐めさせられたのだった。



それが終わっても解放はされなかった。



後ろ手に縛られたまま床に放置されたままであった。



地獄のような苦しみは、まだまだ続いた。



まだ解放される夕方までにはだいぶ時間があったのだった。






<続く>