私は43歳になる主婦なんですが、主人と結婚して20年近くになり、ここ数年、主人とのセックスの回数が激減してるんです。



私なりにいやらしい下着をつけたりして努力はしてるんですが、なかなか相手をしてもらえず、2~3ヶ月に1回くらいしかセックスをしてくれないんです。



だから私は毎日、昼間にオナニーばっかりで、やっぱりこれではいけないとパートに出ることにしたんです。






私もずっと家にいて、いやらしいことばかり考えてオナニーしていてもしょうがないし、人目に触れることで少しはきれいになるかなと思ってのことで、それと出会いも少しは期待して、某ファミレスで働くことにしたんです。



主人に話しても「どっちでもいいよ」くらいの反応しかなく・・・。



主人も出張とかで仕事が忙しく、週の半分くらいしか家にいないので仕方ありませんが、パートの給料は全額自由に使っていいよとのことなので働くことにしました。






私も以前はOLをやっていたのですが、久しぶりに外で働くと気持ちが前向きになるもので、ファミレスでは飽き足らず、某ファーストフード店に1年くらいして変わりました。



そこはパートでも頑張れば店長になれるということで、私は一生懸命に働きました。



すると、ちょうどパート店長が辞めることになり、私に白羽の矢が飛んできて、私は言われるままにパート店長になりました。



毎日がすごく充実し始め、若い子たちと飲みに行くことも多くなりました。



子供はもう大学生で1人暮らしをしてて、うちは主人と私の2人だけなので仕事中心の生活を送っていたのです。






若い子たちとお酒を飲んでいると下ネタの話になり、私も嫌いじゃないのですが、「彼氏にバイトの制服を着せられてエッチしたら、彼氏はいつもの何倍も興奮してた」と言っていたんです。



私は(コレだ!)と思いました。



週末に主人が出張から帰ってくるので、職場の制服を着て寝室に行ってみようと思い、さっそく実行してみました。






その日の夕食は精がつくものを中心にして、私は日頃はお酒は飲みませんが、その日は少しだけいただいて、お風呂を済ませ、先に寝室に行った主人の後で制服を着て行ったんです。



いつも主人は寝る前に本を読んだりしてるのですが、私が入ってくるなり・・・。






「え、どうしたんだ?制服なんか着て・・・」






「どう?似合う?うちの制服よ」






「え、いや、似合うよ、でもなんか企んでるな?」






「そうよ、制服のまま抱いて欲しいの」






すると主人はすっと立ち上がり、私に抱きついて強烈なキスをしてきたんです。



まんまと狙いは当たりました。






「お前、今、俺が外食関係の事業を立ち上げてるのを知ってるだろ?」






「あ~、いや~、あ~、だめ~」






「こんなのAVの世界だけだと思っていたぞ」






「あ~、早く~、あなた、もっと、もっと強く抱いて~」






主人の鼻息は急に荒くなり、制服の前ボタンを引き裂くように上半身を脱がせてブラだけにすると、主人の大好きな黒のブラを強引に剥ぎ取り、おっぱいに吸い付いてきたんです。






「ああ~、だめ~、あ~、そこ、もっと、もっと吸って~」






「お前、すごく色気があるぞ、まさか変な仕事をしてるんじゃ・・・」






「あ~、いや~、違うわ~、ちゃんとしてるわ~」






主人の興奮はマックスに達しているみたいで、主人の強引な愛撫に私の乳首はちぎれそうなくらい吸われ、アソコがすぐに濡れてきたのがわかるくらいお汁が出てきました。



主人がスカートのジッパーを下げ、スカートを脱がし、ストッキングを引き裂き、パンティも強引に下げると、私の下半身を舐め回しました。






「あ~、もっと優しく~、あ~犯される~」






「犯してやるぞ、今日はそのつもりで制服を着てるんだろ?」






「あ~、いや~ん、そんなつもりじゃ・・・」






主人は私をベッドに押し倒し、ズボンを下げて強引に私の中に入ってきました。



いきり立った主人のペニスは、形がはっきりとわかるくらい硬直しています。



ほんとに何年ぶりかの元気のいいセックスで私は半狂乱になり、足を主人の腰に絡ませ、「もっと、もっと突いて~!」と、もう自分がわからなくなっていました。



主人の硬直したペニスは私の子宮を突き上げ、久しぶりの快感で私のアソコからは愛液がたくさん出てきて、お尻まで流れているのがはっきりとわかりました。






「今日のお前、すごくいやらしいぞ」






「あっ、あっ、あなたもよ、すごいわ、素敵よ~」






「もっと突き上げるぞ、ほら~、もっともっと」






主人の言葉の一つ一つが強さに満ちていて、興奮の度合いがいつもとは違うのがはっきりとわかりました。






「ああっ、あああっ、愛してる、愛してるわ~」






「俺もだ、きれいだ、もっと声を聞かせてくれ」






「ああ~っ、ああ~っ、だめっ、ああっ、イキそうよ」






「何?聞こえないぞ、もう少し大きな声で言えよ」






「あああっ、イクっ、イッちゃうの~、ああ~、いや~」






「ああ~、すごいぞ、もっと、もっとだ、俺もイクぞ」






「ああ~、い、一緒に~、中で、ぜんぶ、ぜんぶください」






主人と私は動物のように求め合い、そして2人同時に絶頂に達しました。



普段は何気なく制服を着て働いてますが、実際に着ている制服でセックスをすると、男性はかなり燃えるみたいです。



それにしても何年ぶりでしょう、こんなに激しいセックスをしたのは。



お互いを求め合い、そして主人の久しぶりの硬直したペニスで心ゆくまで突き上げられ、私の頭の中は真っ白になっていました。






「お前、今日はきれいだったよ」






「あなたが知らないだけよ、私は毎日きれいよ」






「制服の力はすごいな、現実にそれを着て働いてるんだよな?」






「そうよ、私の汗でいっぱいよ」






それからというもの主人の出張は激減し、主人とセックスする機会が大幅に増えました。



おそらく主人は出世したので、仕事の都合をコントロールできるのでしょう。






そんなある日、宅配便が届いて、主人が帰ってきてから箱を開けると、セーラー服が入っていたんです。



それも誰かが確実に着た跡がはっきりとわかり、染みまでついているのです。






「どうしたの、これ?」






「オークションで買ったんだ」






「まさか今日はこれを着て・・・」






「そうだ、たぶんお前の体のサイズに合うと思うけど」






「じゃあ、後で着てみるね」






「今着てみろよ」






「え、わかったわ、着替えてくるわ」






「ここで着てみろ」






「だって恥ずかしいわ」






「いいからここで」






仕方なくその場で洋服を脱ぎ、セーラー服に着替えると・・・。






「お~、ぴったりじゃないか」






「いやよ、恥ずかしいわ、あんまり見ないで」






「いいから、正面を向いてみろよ」






正面を向き、あまりの恥ずかしさに目を瞑っていると突然、主人が私を抱き締めてキスをしてきたかと思うと、スカートの中に手を入れ、さらにパンティの中にも手を入れ、私の陰毛の辺りを触ります。






「いやらしい体だな。今日もたっぷり抱いてやるぞ」






「あ~ん、いや~ん、強引ね」






「お前がスケベな体をしてるからいけないんだぞ」






「いや~ん、私にセーラー服なんか着せて~」






「似合ってるぞ。それにこれを落札するの、大変だったんだぞ」






主人の手が陰毛を伝って割れ目を触ると指がクリトリスに当たり、全身に電気が走ったような快感を覚えました。






「ああ~、ああ~、か、体が~・・・」






「体がなんだ、電気でも走ったか?」






「あ、あ~、あ~ん、ほ、欲しいの、これが・・・」






私は主人の硬く大きくなったペニスをパジャマの上から摩りながら、ペニスの形を確認するように言いました。






「ああ~、これよ、あなたすごいわ、舐めさせて~」






すると主人はズボンを下ろし、私の頭を掴んで股間に押し付けると、私は口にペニスを含み、カリの部分から吸い付くように咥えました。



ジュパジュパと言わせながら、玉袋を揉みながらフェラチオをしました。



主人はセーラー服の首元からホックを外し、手を入れて、私のおっぱいを丹念に愛撫しました。



乳首を摘んだりしながら揉み解すように触ります。






「いやらしいぞ、お前のおっぱい。それに柔らかい」






「う、うう~ん、あんまりしないで、集中できないから」






「集中しろ、もっと顔を動かせ、そう、そうだ、もっとだ」






主人のペニスはさらに硬く膨張したように感じました。



口の中で脈打っているのがはっきりとわかります。



セーラー服はホックが外れ、私のおっぱいは丸見えです。



このセーラーはなかなか可愛くて、某有名女子高のものだと主人は言っていましたが、主人のやる気満々の表情を見ると、私まで嬉しくて。



一番愛してる人が私を抱き、最高のいやらしい表情をしている。



そして私は後ろからスカートを捲られて、そのまま硬く大きなペニスを押し込まれ、フェラチオをしながらこれから起こることを想像するとアソコから愛液がどっと流れ出てきました。



主人の鼻息もどんどん荒くなり、主人に導かれるまま寝室に行くと、ベッドに押し倒され、スカートを捲られ、さらに激しく主人がクンニをしてきました。






「ああああ~、イキそう、あああ~っ、ああ~っ、ああああ~っ」






私は頭の中が真っ白になり、失神したようです。



少し経って気がつくと、シーツは辺り一面濡れていました。






「気がついたか、すごかったぞ、お前のおしっこ」






「え?お漏らししたの?」






「いっぱいアソコから出てきたよ。俺の顔にもいっぱいかかったぞ」






「ごめんなさい、私、そんなつもりじゃ・・・」






私は潮を吹いていたんです。



初めての経験でした。



今までは、おしっこがしたくなって、主人がその前にイッてしまっていたので、そうは感じませんでした。



私は愛している主人に開花させられたことが嬉しくて、少し涙が出てしまいました。






「どうした、泣いてるのか?」






「嬉しいの、あなたに抱いてもらって・・・」






私は主人に抱きついて泣きじゃくりました。



主人は優しく抱いてくれて、気が済むまでキスをしてくれました。






そしてまた主人は戦闘開始です。



キスから始まり、セーラー服を脱がさないように、あちこちから手を入れてきます。



私は四つん這いにされました。






「セーラー服を脱がせて」と言ったのですが、そのままスカートを捲られ、後ろから一気に硬いペニスが入ってきました。






私はベッドの端を掴み、主人のペニスが子宮に当たるのを感じました。



主人も私のお尻を叩いたり、腰をしっかりと握って私のおまんこめがけて腰の振りを加速させ、私は一気に絶頂を迎えました。



そのまま主人は私がイッたことなど関係なしに腰を振り続け、おまんこの中に大量の精子をぶちまけました。



主人の興奮は尋常ではないくらいに高まっていて、雄叫びをあげて私の上にかぶさって動かなくなりました。



主人の鼓動がはっきりと聞こえてきます。



いつまでもこんな幸せが続けばいいのにと思いました。






それからというもの、主人は色々な制服を用意して、私は何回も犯されました。



でも嬉しくてたまらないのです。



ある時は寝室で、ある時は台所で、そしてお風呂、リビング、和室、玄関など、家の中のありとあらゆる所で犯され、私はこれ以上ない興奮を覚えました。



主人が休みの時は昼間からセックスをして、たまにドライブ先の野外でのプレイやカーセックスもしました。






まだまだ主人にはバイアグラは必要ないようです。



それにこれ以上元気になると、今度は私の体が保ちそうにありません。



まだまだエスカレートしていきそうですが、夫婦円満であることは間違いありません。