次男と近親相姦の禁断の関係になりました。



私が41歳で、次男が中学生の時に始まりました。






あれは、次男と家には2人きりの時。



覗く気など無いのに、次男は部屋のドアを開けたままでオナニーの最中でした。



もろに勃起してるオチンチンが目に入りました。



次男は私に気付かず、続けていました。






夜になり、お風呂に入っていると、「お母さん、俺も入る」と入って来ました。



オチンチンも隠さないで・・・、皮が被っていました。






「お母さん、おまんこ見せてよ」






平然と言われて驚きました。






「何言うのよの、出来る訳無いでしょ」






「ずるいぞ、俺がオナニーしているところを見ただろ昼間、だから」






意味が分かりませんでした。



すると私の裸を見だして、オチンチンが勃起してきて・・・。








「知りたいんだよ、チンチンを入れるところ」






あまりに真剣に言われて、「分かったわよ、見せるだけよ」と見せてしまいました。



でも、見せるだけで終わる訳がありませんでした。






「見えた、凄い、どこに入るの?」






私は割れ目を開いて・・・。






「ここよ、ここに入るの」






「お母さん、チンチン入れると気持ち良くなるんでしょ?入れてあげるよ」






「ダメよ、それは。見るだけよ」






息子は抱き付き、オチンチンを股間に入れてきました。






「だめよ、だめ」






私はオチンチンを握ってしまいました。



息子の手が股間にきて、おまんこを触られてしまいました。






「おまんこヌルヌルしてるよ」






なぜか抵抗出来なくて、指を膣穴の中へ入れられてしまいました。






「締まるよ、締まる、温かいし」






指を動かされて感じてきてしまいました。



思わず声が出てしまいました。






「お母さん、気持ちいいの?俺、入れたいよ」






「もう好きにしなさい、後悔しないでよ」






私は下に寝転がり、足を広げてしまいました。



息子が膝をついて、オチンチンをおまんこに当てました。



私が自分からオチンチンを握りながら挿入を始めてしまいました。






「あ、入っていく、気持ちいいよ、お母さん」






根元まですんなりと入ってしまいました。



もうだめです。



私の理性も飛んでしまいました。






「ほら、動かして」






息子が腰を動かすとたちまち・・・。






「気持ちいい、ダメだ、出る」






中に出されてしまいました。



幸いと言うか、妊娠の心配が無いので安心していました。






「お母さん、ありがとう、でも大丈夫なの?出しちゃったけど」






「大丈夫よ、心配しなくて。妊娠しないから。いいわよ、好きなだけして」






私の身体の方が収まりがつかなくなって、この後も2度程、息子と中出しセックスをしてしまいました。