スポンサーリンク
スポンサーリンク

工場兼用の家に住んでた頃









          

        

子供のころ、おれら家族の住居は工場の一郭にあった 

小学1、2年の頃に、そこに引越して 

6、7年ほど住んでた 

台所の流しが、やたらにひろくて、理科室みたいで 

風呂も、7、8人ゆったり入れるほど大きくて 

和室は2室だけで、今思うと狭い 

おれら家族が、そこに寝起きして生活してて 

工場のパートさんも、控室みたいに遠慮なく使ってた 

おれらが食事したり、テレビみたりしてる横で 

下着姿になって着替えて 

それが日常だった 






    ◇   ◇   ◇   






パートさんたちは、おれら家族によく気をきかせてくれて 

急な雨のとき、洗濯物とりこんでくれたり 

おれが熱をだした時、病院に付きそってくれたりして 

親戚以上、家族未満という感じだ 

風呂もいっしょだった 

おれがゲームとかで遊んでると 

燃料代がもったいないとお袋に言われて、風呂に入った 

オヤジとパートさんが、さきに入ってて 

くつろいで座って、のんびり仕事の話とかしてた 

裸のオヤジは股間をぶらぶらさせて、平気で見られてて 

おばさんたちも、まっ黒な毛の部分を全然隠さなかった 






    ◇   ◇   ◇   






お袋は若いころ、この衣料品工場でパートで働いてて 

独身のオヤジも、男ひとりだけ、ここのアルバイトで 

力仕事や雑用をしてたらしい 

和室の控室も風呂も、その頃からあって 

パートさんたちにすれば、もともと自分たちものだった 

若い頃のオヤジは、女性パートさんたちと一緒に着替えして 

風呂も、一緒に入ってたらしくて 

初め遠慮してたオヤジだが 

強引に、一緒の風呂に引きずりこまれたって本人が言う 

みんな、子供のときから知合いだったようで 

パートのうち、誰だか知らないが 

昔、オヤジと子供エッチ遊びしてた人もいるらしい 






    ◇   ◇   ◇   






この工場だけではなくて

この町、ここの土地柄自体がのんびりしてる

町はずれの古い温泉が、無料の共同浴場で 

いまだに混浴で 

子供から大人まで、男女、裸でゆったり入浴してる 

そんな田舎町だ 

昭和の20年代、終戦のころまでは 

この浴場のすみっこに、近所の子供が集まって 

年長の子が年少の子あいてに、遊びで性交を教えてて 

大人たちは知らん顔してた 

わけ知しり老人が近づいて来て 

寝所での男女の作法とか、あれこれ教える 

子供の頃からみんな、相手を換え、場所を変え 

いろんな機会に、性交経験を重ねてたものらしい 






    ◇   ◇   ◇   






突然、東京の本社がこの工場の閉鎖を決めて

オヤジもお袋も、パートさんたちも、みんなクビになった 

仕事を続けたいと、みんなで工場を引継いで 

オヤジが唯一の男性であり、事業主を引受けた(押付けられた?) 

オヤジが言う、こんな田舎じゃ、ほかに仕事がないよって 

パートさんたちは、年下のオヤジやお袋相手にタメ口きいてて 

オヤジとお袋は、敬語で相手してた 

特に気が強そうな二人がいて、まるで命令してるみたいで 

オヤジは、いう通りになってた 

つまり、何事も頭があがらないのだ 

みんな頼りになるいい人たちだと、お袋は言ってたが 






    ◇   ◇   ◇   






風呂で親が、おれの背中を流してたが 

オヤジもお袋もいないときは 

パートおばさんに背中流してもらった 

中には、世話好きのひとがいて 

背中だけでなく、親切に全身を洗ってくれる 

おれは背中向きに立たせられて 

素手で背中を洗ってもらって、そのまま 

お尻のあいだに指をすべらせて、われめを洗われた 

その人は、いつもそうした 

くすぐったいのを、おれはこらえてた 

その手が、股間にすべりこんできて 

金袋が下からつかまれて、揉んで洗われる 

さおもつかんで洗ってもらって、いつもそこで終わった 

そのおばさんに、そうしてもらってて、おれは 

くすぐったいだけで、何とも思わなかった 

ほかのおばさんたちが、こっちをじっと見てたが 

なんで見てんのって、思った 






    ◇   ◇   ◇   






おれだって、好みのおばさんはいた 

その人のまっ黒な毛の部分が見たくて 

一緒の風呂をねらって入って 

その人が風呂を股いで上がる瞬間を待ってた 

見逃さないように、目をこらして 

真っ黒の股間の、ワレメの奥まで、何度も見た 

たまたま、その人が1人で入ってた日 

おれも、すぐ後を追って入って 

背中を洗ってあげたが 

勇気を出して、後ろから手を伸ばして 

おっぱいを揉んでみた 

拒まれなかった 

ふふふって笑われた 

もっと下、へその下のほうにも、手が届きそうだったが 

目の前のその人は、にこにこ落着いて 

湯上りの肌のお色気で、圧倒されるって言うか 

おれには、とても手が出なかった 

あのとき、女陰のあたり、指を入れたりとかしても 

たぶん拒まれなかったとは思う 






    ◇   ◇   ◇   






おれも普通に、体が成長する 

ちんちんの周りに、大人の毛が生える頃になっても 

風呂は、大人女性のみなさんと一緒だった 

パートのYさんとお袋と、3人で湯に入ってた時だった 

男の子の、毛の生えかけってさあ 

なかなか、じっくり見る機会って無くてねえ 

横に座ってたYさんが、そう言って 

おれの下半身をのぞき込んだ 

うーん、まだ小さい毛だなあって笑う 

うちの中学生の娘も、やっと毛が生えてきてさあ 

あんた見たい? そう言いながらYさん、おれの顔をのぞいた 

いつか見せてあげようかね? 

Yさんの娘さんは知ってる、こんちわって気さくに挨拶する 

その娘さんの素っ裸とか、恥毛とか想像して 

勃起した 

あわてて、無意識に手で隠した 

あれまぁ、元気に脹らませちゃって、そんなに見たいの? 

はははって笑われた 

お袋が、隠さないのって、低い声で言う 






    ◇   ◇   ◇   






あとでお袋に、怖い顔でいわれた 

お父さんもパートのみなさんもね、隠さないのよ

あんたもね、隠しちゃだめじゃない 

そろそろ、わかる年でしょ 

あれでけっこう、みなさんね、女を磨いてんのよ 

あんたもね、男を見られてあげなきゃ 

見せて、見られて、ね、見てあげて、ね 

それ楽しみにね、みなさん来てくれてんだからさあ 

安い給料でね 

うちの工場ね、楽じゃないのよ、これ以上給料払えないし 

だからさ、あんたも協力してよね、いいね、わかったね 

でもね、学校の友達とかには、しゃべっちゃだめよって 

そんな言い方するお袋は、本当に怖かった、逆らえない 






    ◇   ◇   ◇   






年に3、4回、慰労会とかいって、工場の隅で酒盛りする 

おばさんたちは、その日もバイク出勤してて 

酔いを覚ますため、みんなで風呂にはいってた 

おれも一緒に入ってて、覚えてるけど 

わいわい、がやがや、酒臭くて、うるさかった 

オヤジが遅れて、酒で赤い顔して入ってきたが 

股間を少し勃起させてて、わざとなのか 

その瞬間みなさん、ワーッて大きな声を出す 

もっと、大きく起たせてみてよー、とか 

せんかきしてみせてー、とか 

きゃーきゃー、笑いながら言って、大騒ぎする 






    ◇   ◇   ◇   






そのうちオヤジは、おばさんたちに囲まれてしまう 

みなさん、にやにやして、声もひそひそ小さくなって 

むっふふって、含み笑いも聞こえる 

中で何かされてんのか、様子はわからなかったけど 

勃起を触る大人の女の、たくさんの手、手、手とか、おれは想像した 

それとも、成人男性のせんかきを凝視する、女の目、目、目なのかも 

だれかが、いやぁだ、どこ触ってんのー、って笑う 

オヤジが、誰かの股間にでも、手を出してんのか 

ふと切なく思ったが、おれにはよくわからなかった 






    ◇   ◇   ◇   






せんかきのことだけど 

おれも覚えて、してた、けどそれは 

風呂場で、おばさんに教えこまれたもので 

それも、あまり好きでないパートのMさんだった 

おれの、皮かぶったままのちんちんを見てて 

せんかきは、まだしないのー? ってにやにや言って 

横にいるオヤジに話しかけてた 

今の子供たちって、昔と違って 

せんかきとか、だれも教えてくれる人が、いないわけでしょ 

それくらい覚えさせて、大人にしてあげたいよね 

そう言って、指3本で輪を作って、おれのチンチンをつかんだ 

そのまま、指3本で、上下にさすられて 

くすぐったくて、おれは、膝をよじった 

いいからって言いながら、裸のMさんに抱きつかれて 

膝を押さえつけられて、そのまま、さすられて 






    ◇   ◇   ◇   






おれのちんちんが、Mさんの指のあいだで脹らむ 

耳元で、ほらほら、じっとしてって小声で言われる 

ずっと続けてさすってて、なかなか止めない 

いつまでやってんだろうって、不安な感じだけど 

でも、一方ではだんだん気持ち良くなって 

見られてて、恥ずかしいし 

とにかく耐えられなくて、無理に腰を引く 

それで、体でMさんの肌に密着させると 

あらぁ、どうしたのって言われて 

おれにその気はないのに、ぎゅって抱かれる 

オヤジはずっと横で笑って見てた 

今度はね、自分でしてみなさいね 

そう言われて、手を取って握らされた 

言うとおり、自分をさすったら 

おれの性器がさらに脹らんで、不思議だと思った 

そうそう、そうするの、誰も見てないところでやるんだよ 

そんなふうに、おれは覚えさせられてしまった 






    ◇   ◇   ◇   






せんかき覚えたての頃は、ところ構わず、やりたくなって 

夕方、奥の和室でやってて 

いつもは、誰も来ない時間なのに 

開いた襖からパートのFさんに見られてた 

やっと気がついて、あわててパンツ上げたけど 

いいのよ続けて、見せてちょうだいよ 

そう言われて、しかたなく、言うとおりやり続けた 

気持ちよくなってくる、精液を出しそうになって 

そうそう、そうやって続けてちょうだいって言われる 

最後、射精の瞬間まで見られてしまって 

つらくて逃げ出したいほどだった 

Fさんが、無遠慮におれをティッシュで拭いて 

よかったねって言う 






    ◇   ◇   ◇   






Fさん、せんかき見せてって言ったけど? 

子供のおれのせんかきなんか、興味あんの? 

見たいもんなのかな? 

もしかして、Fさんって、すけべエッチなんだ 

おれのちんちんが、また脹らんだ 

Fさんだけでなく、みなさん、そうなのかな? 

おれは見上げて、くすくす笑った 

するとFさんも一緒に、くっくって笑って 

立ち上がって、スカートの中に裾から手を入れて 

真っ黒な大人下着を、下ろして脱いだ 

おれの下半身を股いで、ゆっくり腰を下ろして 

えーっ、何すんのってびっくり、だって、おれ子供だよ? 

これ以上はつらいよ、いやだよって思ったが、言えなかった 






    ◇   ◇   ◇   






チンチンが、Fさんの股間の、温かくて柔らかいもの触れて 

じっとしてって言って、腰を振って、すり付けてきた 

ぬるって、勃起がFさんの中に入ったらしい 

くすぐったくて、ぼーっとして固まって、されるままになった 

そしたら、そこにお袋が来た、最悪だった 

やだな、来ないでよーって思う 

Fさんが、Tちゃん(俺のこと)お借りしてまーす、そう言った 

あれあれ、Tなんかがお相手してもらってて、いいの? 

いろいろ教えてあげて下さいねー 

苦笑いしながらそう言って、お袋は襖を閉めた 

Fさんが、お袋が承知したよって、いたずらっぽく笑う 

給料がわりに、息子を差し出すお袋 

ひっどい親だと思う 

そのままFさんの中で、おれは、その日の2回目を出した 






    ◇   ◇   ◇   






パートさん同志、誰が仲がいいとか悪いとか 

子供のおれには、わかるはずが無く 

ある日突然、それを知らされて驚くわけで 

慰労会の日だった、酒飲んで、みんなで風呂に入ってて 

突然、Mさんの叫び声が浴室に響いた 

ぎゃー、やめてよー、って 

その横の、裸のYさんが 

このー、あばずれがー、ってわめきながら 

上からのしかかるように、Mさんをポカポカ叩いて 

大きなおっぱいを、プルンプルン振りまわしてる 

おれは息をのんで見てた 

誰かが、やめなよー、って叫ぶ 

その時Mさんが、急に目をむいて、Yさんを突き飛ばした 






    ◇   ◇   ◇   






ザブーンって大きな音がして 

おれの目の前で、裸のYさんがお湯の中に倒れて、その瞬間 

裸のMさんが馬乗りになって、髪の毛をつかんで押さえつけてて 

湯の中のYさんが、苦しそうに足をバチャバチャさせる 

溺れちゃうー、おれ、怖くて震えながら見てた 

裸のオヤジが、後ろから飛びついて 

Mさんに力一杯抱きついて、必○な顔で引き離した 

Mさん、足でバチャバチャ暴れて、Yさんを蹴りつけてる 

オヤジは、Mさんの乳房や、裸の腰のあたりを両手でぎゅっと掴んで 

やっとの様子で、後ろに引きずってた 

見るとオヤジは、ビンビンに大人勃起してて 

それをMさんのお尻に、ピッタリ押付けてる 






    ◇   ◇   ◇   






Yさんは、お湯から引き上げられて、みんなに抱えられて 

ゲッホゲッホッホ、って 

苦しそうに大きな咳をしながら、脱衣所に運ばれた 

オヤジがMさんから手を離して、落着いて下さいよって声かけてた 

みんな、周りで、黙り込んでて 

Mさんはうつむいてたが 

急に、ウワーって大声で泣いて 

オヤジに正面から抱きついて、離れない 






    ◇   ◇   ◇   






裸で抱き合ったままのオヤジとMさんを残して 

みなさん、浴室からあがった 

ウゥーウゥーって低い泣き声が、しばらく浴室から聞こえてた 

Yさんは床に座りこんで、ひっくひっく、しゃくりあげてたが 

静かに服を着て 

大丈夫、病院に行くほどじゃないよって、お袋に言って 

タクシーを呼んで帰った 

お袋が、心配そうに付添って乗った 

浴室は静かで、時々、ちゃぽんって音が聞こえる 

おばさんたちは、誰も浴室に近付かなくて 

みんな着替えて帰ってしまって 

最後はおれ一人になった 

Mさんとオヤジは、ずっと、1時間くらい出てこなかった 

中で二人で何してたのかは、子供のおれでも見当はついた 

お袋は、なかなか帰ってこない 

そんな事件があった 






    ◇   ◇   ◇   






今は工場は無くなって、空き地になってる 

町全体が、変わってる 

共同浴場の混浴の温泉だけは、そのままだ 

          

           










コメント

タイトルとURLをコピーしました