スポンサーリンク
スポンサーリンク

保健の先生のフェラチオで自分に自信がついた(挿入無し)








39 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 02:55 ID:CY1iJ。QM

あれは僕が中学2年生の時の話。

当時僕は、いじめられてた訳じゃないけど、 クラスのみんなと打ち解ける事が出来なくて

昼休みや授業をさぼっては保健室に行っていた。

 

 











その日も3時間目の授業には出席しないで保健室に行った。

保険の先生はいなかったので、勝手にベットに横になっていた。

いつのまにか、眠っていたらしく目が覚めると、 ベットの隣のパイプ椅子に保険の先生が座っていた。





40 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 03:10 ID:CY1iJ。QM

保険の先生は、たぶん30代で美人ではないけど、やさしくて魅力的は先生だった。





「ふふっ・・○○君、また来たのね」

「ちゃんと授業受けなきゃダメじゃない」と僕の顔を見下ろして言った。





先生は「何か悩みでもあるの?例えばいじめとか・・・」

僕はいじめられてはいないけど、クラスになじめないとか

友達が1人もいないとか、進路の不安などを

半分泣きそうになりながら全部話した。





先生はふとんの中から僕の右手を出して、両手で強く握りながら

真剣に僕の話を聞いてくれてた。







41 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 03:23 ID:CY1iJ。QM

先生は「女の子には興味ないの?好きな子とかいないの?」

「悩んでばかりじゃなく、もっと楽しい事考えなきゃ」って言った。





僕は「そんなの興味ありません」とハッキリ答えた。

先生は「え~?本当?興味ある年頃だと思うんだけどな~」

そう言いながら、ふとんの中に手を入れてきて、僕の股間の上に手の平を置いた。





「ああっ、先生っ何を・・」

「興味ないなら、ちょっと早いけど先生が教えてあげるわ」

そう言いながらズボンの上から、股間をさすってきた。







42 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 03:32 ID:CY1iJ。QM

ファスナーを指で降ろそうとしたので

僕は驚いて手で押さえましたが、そのままチャックを降ろされ

パンツの上からおちんちんを触られた。





恥かしかったけど、僕はビンビンに勃起していた。

「あら○○君、興味ないのに硬くなってるね」と意地悪そうに言われた。

先生はイスから立ち上がり、ふとんをめくると、

両手で僕のズボンとパンツを一緒に、ヒザまで降ろした。







43 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 03:41 ID:CY1iJ。QM

「あっあの、なにを?」

「いいのよ、先生にまかせて、ね。」

「○○君は何もしなくていいのよ」





先生は僕の包茎のおちんちんにチュ、とキスした後

亀頭の部分をイキナリくわえ込んだ。

「くぅ!」

初めて味わう快感に、僕は背をしならせた。

先生は亀頭をくわえながら、小刻みに頭を上下させた。







45 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 03:52 ID:CY1iJ。QM

先生の口の中で、おちんちんの皮が少し剥けるのが分かった。

「いっうぅ!」





先生はあわてて口を離し

「ごめん、痛かった?大丈夫?」

「う、うん大丈夫・・・」 

「痛かったら言ってね」





先生は再び口にくわえて、優しく少しずつ痛みを与えないように、口で皮を剥いてくれました。

皮が最後まで剥けると、そっと口を離し、 赤剥けて、唾液で光る亀頭を僕に見せながら

「ほら、こうすればもっと気持ち良くなるのよ」と言った。







46 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 04:00 ID:CY1iJ。QM

先生は手で2、3回シゴいた後、 また、おちんちんを根元までくわえ込んだ。

そして頭をゆっくり上下に動かしながら





「出したい?先生のお口でイカせてあげる・・いっぱい出していいのよ」

「く、口に!?」

「いいのよ、○○君のなら全部飲んであげる」







48 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 04:13 ID:CY1iJ。QM

飲んじゃうって・・まさか、 あんなもの飲めるはずがない・・そう思った。

「○○君だってもう中学生ですもの。 白いの、いっぱい出るんでしょう?」

そう言って先生は、くわえたまま頭を小刻みに動かした。





もう僕はどうしようも我慢できなくなり

「~っあ、せ、先生!出る!出ます!・・・ううっ!」

2度、3度と発射される精液を先生の口に全部出した。





射精が終わっても先生は親指の腹で、 裏スジをこすりながら、最後の一滴まで吸った。







49 名前: 保健室 投稿日: 2001/07/16(月) 04:23 ID:CY1iJ。QM

先生はちょっと苦しそうだったが、 大量の精液をゴクンと飲み干した・・・

「世の中、辛い事ばかりじゃないよ。 今は辛くてもがんばって・・」

と言ってくれた。





その後、僕は誰も経験してない事を経験したと、 自分に自信が付き、気持ちに余裕ができた。

 








コメント

タイトルとURLをコピーしました